スワップ年利50%で為替差益も狙える通貨、ユーロズロチの見通しと戦略を解説

【超お得】当サイト限定の特別口座開設キャンペーンまとめ

1,000万円を公開運用中!Yukiの公開ポジションの設定と実績一覧

FX以上に高い資金効率+追証絶対なしの新商品、ノックアウト・オプションとは?先着300名限定で破格のキャンペーンも!

【利回り40%近く】ループイフダン豪ドル/NZドル VS コアレンジャー比較

最強の口座開設キャンペーンはこれだ!IG証券で1.5万円が簡単にもらえます

【初心者向け】FX投資戦略マニュアル+5,000円プレゼント!セントラル短資FXとタイアップ!

【10万円から可能】トラリピ豪ドル/NZドルのおすすめ設定と運用実績をブログで公開

トラッキングトレードの設定と実績をブログで公開!ガチンコバトルに横から参戦

2022年05月07日 20:52

トラッキングトレード ガチンコバトルに横から参戦! 設定・実績も公開します-min



タイトルの通りで、2022年1月5日からトラッキングトレードの設定と実績をブログで公開運用の上、ガチンコバトルに横から参戦してます。



このトラッキングトレードのガチンコバトルというのは、FXブロードネットが公式サイトでやっている「短期自動売買の公開運用バトル」で、4人のFXプレイヤーが設定と実績公開の上で、3か月間の運用実績を勝負しているものです。



gatinko0-min.png



以前は鈴さんとかもこの設定を真似して運用されていたこともあって有名な企画ですね。



このバトル、2021年12月まで開催していたものは以下のような感じで、300万円元本で、3か月で50万円弱の利益とかなりハイレベルな戦いになっています。



gatinko-min.png



ただ、これを見た時に思ったのが、「豪ドル/NZドルで短期自動売買戦略入れたら、割と良い勝負できるんじゃないかな?」というものでした。



というのも、私の運用設定では、「長期放置型」のトラリピやトライオートFXで年利換算30%くらい、グルトレだと相場次第ですが30-50%くらい、ある程度動く前提のループイフダンであれば50%くらいの利益率が出ており、そのくらいの利益率であれば、少なくとも「勝負にもならない」ということはないのではないかと思いました。



【参考】

【年利50%】ループイフダン実績をブログで毎週公開【豪ドル/NZドル設定】

ループイフダンで年利40%を目指したい!こういうコンセプトのもとで、元々利回り40%近い過去の実績があったコアレンジャー豪ドル/NZドルを改良して、さらにスプレッドももっと狭いループイフダンを使えば、もっと利回りを上げることができるのではないか?という発想でループイフダンの設定を組み、自腹で360万円を運用することで、本家コアレンジャー豪ドル/NZドルと対決させて、利回りを比べました。そして、10か月運用した結果...





【年利40%】グルグルトレイン(グルトレ)のやり方と私の設定・実績を解説

今回は、グルグルトレイン(グルトレ)という手法について解説します。グルトレとは、自動売買に裁量要素も加えることで、「上がっても下がっても利益が出る」「含み損問題も、裁量ポジションで解決する」というような、かなり画期的な手法で、実際に運用しても放置可能なのに年利30%~50%近くいくこともあるようなものです。また、実例もあった方が分かりやすいと思うので、私が公開運用している2019/8/6から2019/9/3までの豪ドル...





【年利30%】トラリピ設定と実績(豪ドル/NZドル)をブログで公開

トラリピ豪ドル/NZドルのおすすめ設定と実績の概要トラリピに豪ドル/NZドルが追加されるけど、どういう設定がおすすめ?2020/9/26からついに「トラリピ史上最強通貨、豪ドル/NZドル」が追加されました。この豪ドル/NZドルという通貨ペアは、私が一番気に入っている通貨で、現在ループイフダンでハイリスク運用(実績年利50%)ループイフダンでローリスク運用(年利10%程度)裁量トレード(2020年100万円の利益)(相場環境次第で)...





トライオートFXの設定と実績をブログで公開!私の認定ビルダー戦略を解説

ワンタッチで私が実際にやってる年利30%の戦略を完全再現できる!?トライオートFX,ETFの認定ビルダー戦略に、為替研究所作成の設定が追加されたので、その設定と、実績をブログでも解説していこうと思います。認定ビルダーというのは、インヴァスト証券から選ばれたFXトレーダーのことで、認定ビルダーが作った設定は、自動売買セレクトのところからワンタッチで入れられます。【認定ビルダーの戦略例】このように、私の設定をワ...





またこれに先立ってFXブロードネットさんとはレポートタイアップもさせて貰ったご縁もあるので、せっかくなら私の短期自動売買戦略でどこまでやれるのか試してみよう!ということで、今回横から参戦をしてみることにしました。



2022年1月5日(水)より第18回が開始されるようなので、私も同じタイミングで設定を入れて、どのくらいやれるのかを腕試ししてみようと思っています。



ただ、300万円はさすがに用意できないので、今回はその1/3で100万円でやって、比較する時には勝手に損益や含み損益を3倍にして比較運用する形でやろうと思っています。



今後の予定としては、

  • 12/29(水):参戦宣言

  • 1/3(月):設定の公開

  • 1/5(水):実際に運用開始

  • その後毎週末:運用実績を公開←今ここ


  • という流れでやろうと思っているので、興味ある方は是非ご覧頂ければと思います!


    なおこのFXブロードネットに当サイトから口座開設+取引をして貰えると、当サイトオリジナルのレポートが貰えるので、興味あって、まだ口座を持っていない方は是非こちらも貰っていただければと思います。



    このレポートは完全新作となっており、内容としては「今の相場に合わせた短期型の自動売買(数週間から数か月程度を想定)」を解説したものとなっています。



    「今の相場に合わせる」という点から、相場予想のやり方も解説しており、自動売買以外にも、スイングトレード等でも使えますし、何なら他の自動売買ツールでも使うことができますw



    私の場合相場予想ではチャートもファンダメンタルズも両方考慮しながら行うのですが、それぞれどういうポイントに注目して、逆にどういうポイントはあえてスルーしているのか、というのまで書いてます。



    また、相場予想法の際には、実は「相場予想が外れた時」や「分からない時」にどうするかというのが非常に重要で、その点もこのレポートでは解説しています。



    このように、「短期決戦型自動売買」という新しい戦略の形から、そのやり方、さらには私の相場予想法のノウハウまで、徹底的に詰め込んだレポートなので、是非貰って下さい!



    口座開設は


    FXブロードネット
    button2.png


    からできます。


    以下の順番で書いていきます。

  • トラッキングトレード設定公開!短期決戦型自動売買戦略

  • トラッキングトレードの実績をブログで公開(毎週更新)

  • トラッキングトレードの当サイト限定キャンペーン!短期決戦型自動売買と相場予想法レポートが貰える




  • トラッキングトレード設定公開!短期決戦型自動売買戦略





    私の設定は、以下の通りで、これをガチンコバトルに合わせて1/5(水)から入れました。ちなみに使う口座はブロードライト25MC口座で、レバレッジ25倍で1000通貨単位で取引できるようにしています。



    通貨ペアドル/円豪ドル/NZドル
    想定変動幅750pips(7.5円)380pips
    (400pipsだと僅差で7本になるので)
    想定レンジ107.5円~115円のレンジ1.03~1.07のレンジ
    ポジション方向買い売り
    停止・再稼働方針115円超えで停止、115円割れで再稼働1.03割れで停止、1.03を上回れば再稼働
    対象資産20万円80万円
    本数28




    まずドル円については、チャートを見ると、以下のように今の115円台はトランプ政権以降の高値水準としてかなり厚い壁になっており、ここを抜けるのか、また反落するのか読みづらいところになっています。



    【ドル円 週足チャート】
    USD chart0103week-min



    なので、上限は115円としました。一方で、ファンダメンタルズ状況を考えると、

  • 米は明確にテーパリングからの利上げムードに向かっている一方、日本は緩和継続

  • コロナからの経済再開期待になれば円はリスクオンで売られやすく、反対にまたコロナが猛威を振るっても短期的には円高になると考えられるものの、コロナショックの時もそうであったように本気のリスクオフだとドルの方が強い点から、ドル円を中長期で下げる方向にはならなさそう


  • という点からも、基本的にはドル円は上方向で見た方が良いかと思っています。



    その上で下値を考えると、107.5円というのが節目として一定機能しており、この107.5-115円の750pipsレンジで資金20万円だと、大体34銭刻みの仕掛けになり、「まあ今の環境では程よいかな」というくらいの水準となるので、この設定としました。



    もう一つの豪ドル/NZドルについては、これは毎週の見通しや裁量戦略でもゴリゴリに売っているように、基本売り目線でおります。



    【参考】

    豪ドル/NZドル見通し2021/12/20週 | 重要指標・チャート・IMM通貨先物で予想

    豪ドル/NZドルの見通しはどう?豪ドル/NZドルは、とにかくレンジ相場になりやすく、自動売買でも裁量トレードでも非常にやりやすい通貨ペアで、私も合計500万円以上投資しております。【関連記事】ハイリスク版(2020年の利益154万円)【年利40%】ループイフダン運用実績をブログで毎週公開【豪ドル/NZドル設定】ループイフダンで年利40%を目指したい!こういうコンセプトのもとで、元々利回り40%近い過去の実績があったコアレンジ...





    その下値目途としては、豪ドル/NZドルの場合これまで1.03近辺がかなり強く機能しており、ここを下限として考えました。



    【豪ドル/NZドル 週足チャート】
    AUDNZD chart0103week-min



    一方上値としては、上のチャートを見ても1.06-1.075のあたりで転換していることが割とあり、そのどこを選ぶかは好みにもよるのですが、自分の個人的な感覚としては「さすがに1.07まではいかないのでは」という気がしていたので、気持ちとしては1.07の400pipsで考えていました。



    ただ、400pips幅にしてしまうと、80万円で7単位と微妙に気持ちの悪い数字になってしまうので、キリ良く「10万円1単位」にするためだけに380pipsにしましたw



    この辺りは完全に好みの問題なので、450pips幅で1.075まで見てもらうのも良いと思いますし、普通に400pipsでやっても良いと思います。



    今は1.06台と高めの水準なので、今ここから一度大きく上がって下がる展開になっても、当面ロスカットはされず上の方についていき何も問題がないのですが、リスクとしては「一度1.03まで下がってからまた1.07まで上がってくる」パターンで、そのパターンは困るので、「一旦停止」ラインが1.03より前になる可能性はありますが、今時点では1.03を稼働停止の目安としておきます。



    【1/5追記】

    ドル円が115円超の水準で入れられないので、豪ドル/NZドルだけ先に入れました。



    tracking 0105-min



    新規注文可能額が入金した100万円じゃないのは、設定入れてから「あ、そういえばスクショ撮るの忘れてた」ということに気づいて、疑似的にもう一度数字だけ入れたせいです(笑



    【1/9追記】

    ドル円が115円以下に戻ってくるのがいつになるか分からないので、来週からとりあえず残り20万円分も豪ドル/NZドルを入れて、もしドル円が115円以下に戻ってきたらその時改めて20万円分ドル円設定を入れることにします。



    「これをやるとドル円も入れた時に120万円分入ってしまい、資金100万円では足りないのでは?」と思われるかもしれませんが、トラッキングトレードだと新規注文可能額は「今既に持ってるポジション分を引いた金額」っぽくて問題なく設定が入りそうなので、とりあえずはその方針で行こうと思います。



    【1/13追記】

    ドル円も115円を割ったので設定を入れました。



    Tracking usd-min



    【1/29追記】

    115円を超えたのでドル円をストップしました。






    私の設定は以上です。ちなみにこの設定については、そのもっと詳しい解説や、「通貨ペアの動く要因や、ファンダメンタルズ分析」、さらにはそもそも論としての「どういう情報を元に相場予想をするのか」といった必要なニュースの集め方まで限定レポートでは詳しく書いてあるので、興味があれば是非貰って下さい!



    口座開設は


    FXブロードネット
    button2.png


    からできます。



    トラッキングトレードの実績をブログで公開(毎週更新)





    2022/1/5に運用開始した私のトラッキングトレードの短期決戦型自動売買戦略ですが、その実績を公開すると以下の通りです。



    【5/6最終更新】
    ドル円豪ドル/NZドル合計
    元本20万円80万円100万円
    確定利益8,493▲358,177▲349,684
    含み損益000
    合計損益8,493▲358,177▲349,684
    時価残高208,493441,823650,316
    運用日数122122122
    年換算25,409▲1,071,595▲1,046,186
    年利12.7%-133.9%-104.6%




    今週は全ポジションロスカットで-42.3万円、最終損失は-34.9万円になりました。あえなく敗走です(笑



    正直「短期決戦型自動売買」と銘打って始めた戦略でこんな大敗を喫してしまい、お恥ずかしい限りです。



    ただまあ逆に言えば「こんなことをやれば負ける」というのが分かるレポートという意味で限定レポートも逆に役に立つかもしれないので、興味があれば貰って下さい(笑



    口座開設は


    FXブロードネット
    button2.png


    からできます。



    トラッキングトレードの当サイト限定キャンペーン!短期決戦型自動売買と相場予想法レポートが貰える





    最後にこのトラッキングトレードへの口座開設で貰える限定レポートについてもう少し詳しく解説したいと思います。ロスカットされた今となっては正直黒歴史ですが、「元々こういうコンセプトで書いた」ということで、あえて当時のまま残しますw



    このレポートの内容は「短期決戦型自動売買戦略の作り方 -為替研究所式相場予想法から実際の設定の落とし込みまで解説」というものです。



    FXブロードネット



    このレポートは完全新作となっており、内容としては「長期不労所得戦略」の自動売買ではなく「今の相場に合わせた短期型の自動売買(数週間から数か月程度を想定)」を解説したものとなっています。



    このレポートでは、長期不労所得型自動売買の弱点や、その上で何故短期決戦型自動売買が必要なのか、さらには具体的にどうやって設定を作るのか、またこのレポートを作った時点で「もし今短期決戦型自動売買をするならこういう設定をする」というのを解説しています。



    さらにこういう「相場に合わせた自動売買」を作るためには今の相場の予想が必要なので、「じゃあどうやって相場を予想するか」という私のノウハウもこのレポートには書いておきました!これが「為替研究所式相場予想法」のところですね。



    私の場合相場予想ではチャートもファンダメンタルズも両方考慮しながら行うのですが、それぞれどういうポイントに注目して、逆にどういうポイントはあえてスルーしているのかを書いており、例えばファンダメンタルズ情報については、どういうサイトから情報を集めるとか、どういうニュースに注目するのか、といったことも解説しています。



    また、相場予想法の際には、実は「相場予想が外れた時」や「分からない時」にどうするかというのが非常に重要で、その点もこのレポートでは解説しています。



    このように、「短期決戦型自動売買」という新しい戦略の形から、そのやり方、さらには私の相場予想法のノウハウまで、徹底的に詰め込んだレポートなので、是非貰って下さい!



    このレポートが貰えるFXブロードネットは、口座開設から3か月は手数料無料で自動売買ができて、またスプレッドも原則固定(例外あり)でドル円0.2銭、ユーロ円0.5銭、ポンド円1.0銭、ユーロ/ドル0.3pips等、特にメジャー通貨ペアでは裁量口座と同レベルの低スプレッドで取引できるので、使用口座としてもおすすめです。



    私も上で書いたようにリアルマネー100万円で運用しており、この設定についてもレポート内でさらに詳しく解説してるので、興味がある方は是非こちらも参考にしてください!



    口座開設は


    FXブロードネット
    button2.png


    からできます。

    セントラル短資FX、デビュープログラムがスタート!新規口座開設が超お得です

    2022年05月03日 12:02

    セントラル短資FXの デビュープログラム お得すぎる!-min



    今回はセントラル短資FXで5月から開始したデビュープログラムというキャンペーンについて解説します。このキャンペーン、最大60万円のキャッシュバックが貰える上に、実は当サイト限定特典との両立もできて、口座開設を考えている人にとっては絶好のチャンスと言えます。



    元々セントラル短資FXは

  • スプレッドが良く、短期トレードでおすすめ

  • 最近人気の豪ドル/NZドルの裁量トレードでスプレッド最狭&スワップポイントも安定して良い条件が出ており、一番おすすめ

  • 高金利通貨の優等生、メキシコペソでも昔からスプレッド・スワップポイントが安定して良い

  • 実はあまり知られていないものの、口座を持っていれば誰でも無料でクラブオフに入会できて、旅行やグルメなどがお得になる


  • という会社で、おすすめ度も高く、実際に私もかなりよく使っている会社です。



    それが今回のキャンペーンで、新規口座開設をすれば

  • 最大60万円のキャッシュバック

  • 当サイト限定で5万通貨の取引だけで5,000円の追加キャッシュバック+限定レポート


  • も貰えるというように非常にお得なので、興味がある方は是非今のうちにどうぞ!



    口座開設は、


    セントラル短資FX
    button2.png


    からできます。



    セントラル短資FXのキャンペーン、デビュープログラムについて





    このデビュープログラムというのは5月に始まったキャンペーンで、新規口座開設をすると、

  • 1万通貨~50,000万通貨未満では新規取引1万通貨ごとに12円

  • 50,000万通貨以上は一律60万円


  • のキャッシュバックが貰えるキャンペーンです(米ドル/円、ユーロ/米ドル、メキシコペソ/円は10分の1換算)



    cen debut-min



    こういうキャンペーン、最低取引数量が数十万通貨だったり数百万通貨だったりするところも割と多いのですが、デビュープログラムだと1万通貨単位でキャッシュバックが貰える点が非常にお得です。



    米ドル/円、ユーロ/米ドル、メキシコペソ/円が10分の1換算されるのは、おそらく元々スプレッドが非常に狭い通貨ペアだからだと考えられ、例えば今確認するとこの3つの通貨ペアは全部スプレッドが0.2pipsでしたが、1万通貨あたり12円だと実質的にスプレッドが0.12pips減るのと同じなので、そうなると実質スプレッドが0.08pipsになるようなもので、さすがにそれだとやりすぎになるからだと思われますw



    ただそれ以外の通貨ペアについては1万通貨あたり12円のキャッシュバックで、これは南アフリカランドやトルコリラみたいに1単位が8円台と安い通貨ペアや、豪ドル/NZドル等の比較的値動きも小さい通貨ペアでも同様で、非常にお得になっています。



    またこのキャッシュバック期間も、口座開設月から翌々月までと、最長3か月弱もの期間キャッシュバックの対象となります。



    cen debut2-min



    セントラル短資FXは当サイト限定キャンペーンもあります





    このセントラル短資FX、デビュープログラムと重複可能な当サイト限定特典もあり、5万通貨取引で

  • 5,000円の追加キャッシュバック

  • 当サイト限定のFX戦略レポート(チャート分析を解説したレポート)


  • が貰えます!



    レポートについては私が書き下ろしたオリジナルのもので、私自身は認定テクニカルアナリストの資格も持っており、投資歴も15年目(12年連続年間黒字)になり、投資分析する際には当然チャート分析もしているのですが、その私のチャート分析のノウハウを書いております。



    具体的には、

  • そもそも何故為替は動くのか

  • 為替が動く理由から考えて、何故チャート分析が不可欠であるか

  • レンジ相場とトレンド相場での戦略(エントリー・利確・損切)

  • 一般によく言われる「トレードの定石」について

  • テクニカル指標はどういう意味を持つのか

  • 代表的なテクニカル指標についての計算式や、その意味、そしてそこから導き出される使い方


  • まで徹底的に解説しております。



    このレポートは突拍子もないことは書いておらず、ある程度慣れている方なら知っていることも多いとは思いますが、ただ、「そもそも何故チャート分析が重要なのか」ということを起点に、そこから導き出されるテクニカル指標やチャート分析で本当に重要なことは何か、というような作りになっていたり、あとは私の利確・損切についての考え方等も書いてあるので、是非参考にして頂ければと思います。



    この当サイト限定特典と上のデビュープログラムは両立可能なものなので、新規口座開設を考えているなら今がお得です!




    セントラル短資FXは

  • スプレッドが良く、短期トレードでおすすめ

  • 最近人気の豪ドル/NZドルの裁量トレードでスプレッド最狭&スワップポイントも安定して良い条件が出ており、一番おすすめ

  • 高金利通貨の優等生、メキシコペソでも昔からスプレッド・スワップポイントが安定して良い

  • 実はあまり知られていないものの、口座を持っていれば誰でも無料でクラブオフに入会できて、旅行やグルメなどがお得になる


  • と、会社としても非常におすすめなので、まだ口座を持っていない方は是非この機会にどうぞ!



    口座開設は、


    セントラル短資FX
    button2.png


    からできます。
    関連記事

    ループイフダン設定の実例(初心者におすすめ) | 豪ドル/NZドルの堅実・安全運用

    2022年05月03日 10:30

    loop beginer



    ループイフダンの初心者におすすめの設定と、そのやり方は何か?



    それについて、2018年に色々と試行錯誤して作り、今実際に105万円ほど自分でも運用して、実際に年利10%程度で、かなり安全に利益を出している設定があります。



    この設定を考えている時、既に400万円以上自腹で自動売買の公開トレードを行っており、オリジナルの設定では年利益率40%超のペースのものもあったのですが、これは年利益率40%超ということからも分かるように、ハイリスクハイリターンで、かつ、状況次第で損切りや裁量ポジションの追加等も必要であったことから、安全・安心、長期での不労所得といったものからは程遠いものでした(笑)



    そのハイリスク・ハイリターン設定👇

    【年利40%】ループイフダン運用実績をブログで毎週公開【豪ドル/NZドル設定】

    ループイフダンで年利40%を目指したい!こういうコンセプトのもとで、元々利回り40%近い過去の実績があったコアレンジャー豪ドル/NZドルを改良して、さらにスプレッドももっと狭いループイフダンを使えば、もっと利回りを上げることができるのではないか?という発想でループイフダンの設定を組み、自腹で360万円を運用することで、本家コアレンジャー豪ドル/NZドルと対決させて、利回りを比べました。そして、10か月運用した結果...





    その中で、「初心者向けの設定を教えてください!」という要望も多かったことから、投資を全くやったことない初心者の方から、これから自動売買を勉強したいという人でも簡単に設定できて、かつ、そこまで手入れもいらない比較的安全運転の設定を考えました。



    この設定を考えるにあたっては、過去5年間の1時間足でのバックテストの結果、利幅間隔はどれが最適であったのかの検証、過去45年間の豪ドル/NZドルの推移分析等、なかなかマニアックなことも行いました。



    その結果、

  • 初心者でも簡単に設定できる

  • 過去5年間のバックテストで、スプレッドや含み損を考慮に入れても平均年利回り10%超

  • 15万円の資金で過去最安値よりさらに大幅に下落しても大丈夫な設定(具体的には0.91まで大丈夫)



  • というように、簡単、安全、利回りそこそこという、なかなか面白い設定ができたので、自分でも2018年12月14日より105万円で実際に運用を行っております。



    今回は、その設定がどういうもので、その設定根拠は何だったのか、そして、さらに実際に2年超運用してみてどうだったのか報告します(現在もまだ運用を継続中です)



    前置きはここまでにして、設定を公開したいと思います。私が過去の相場も研究した結果、15万円から投資可能で、過去5年平均利回りは10%超(スプレッド、含み損も考慮した金額)、0.9台前半まで落ちても大丈夫というように、自動売買初心者の方にはこれがおすすめだと考えた設定は、以下の通りです。



    アイネット証券のループイフダンで、15万円入金して、1,000通貨単位の豪ドル/NZドルB80を14本入れる(損切なし)



    以上です。



    「・・・・え?それだけ?」と思われるかもしれません。



    ですが、本当に以上です。



    にわかには信じがたいかもしれませんが、検証した結果、豪ドル/NZドルでは、B20(20pips間隔)でもB40(40pips間隔)でもなく、B80が一番利益率の良い間隔で、これで上で書いたように過去5年間のバックテストで平均年利益率10%超(スプレッド、含み損入れて)、レートも0.9まで落ちても大丈夫という設定になりました。



    【2022/5/3追記】

    今この設定を運用してから3年ほど経過するのですが、その実績としては、

  • 私は7単位運用していて、この1233日間の不労所得が300,793円

  • 7単位の必要資金は105万円(1単位15万円)なので、年利回り換算すると8.5%

  • 含み損を入れても+290,133円


  • という感じで、想定程ではないものの、一切何も触ることなくなかなかの利回りを出すことができました。



    【運用実績の推移グラフ】
    issho0503-min.png



    2020年3月はコロナショックで大きく相場が動き、一時史上最安値の1.0にワンタッチする等もありましたが、この設定にとってはこのくらいの下落は「余裕で耐えられるレベル」で、むしろいい感じに利益を伸ばすことに成功しました。



    下値として史上最安値の1.0よりさらに下の0.9台まで見ており、これは相当「安全に余裕を見て、のんびりした設定」と言えますが、それにしては利回り8%ということで、なかなかいい感じではないかと思っております。



    このバックテストの検証も過去5年とかなりの長期スパンで見ており、いつ始めてもいいような設定なので、興味があれば是非どうぞ。



    なお、この取引にはループイフダン口座が必要なのですが、もしまだループイフダン口座を持っていなければ、当サイトからの口座開設限定で、非売品のループイフダンの攻略本+3,000円のAmazonギフト券が貰えるタイアップもあるので、口座開設は当サイトからがおすすめです。



    このレポートでは、この豪ドル/NZドルローリスク版設定のブログ以上に詳しい裏側の解説や、そもそもどうやってループイフダン設定を考えているのか、その考え方から私の設定がどうやって導き出されたのか、そして実際の運用成績まで、私のループイフダンの知識を全て詰め込んだと言えるような一品です。



    貰える条件も1万通貨以上の取引と非常に簡単で、それでレポート+Amazonギフト券3,000円分まで貰えるという超破格の条件で、正直ここまでの条件がいつまで続くんだろう・・・・とか考えてしまうレベルです。



    もちろん、口座開設や口座維持手数料は一切無料なので、興味があれば是非この機会にどうぞ!



    口座開設は、


    アイネット証券
    button2.png


    からできます。



    からできます。(口座開設のやり方は、アイネット証券のループイフダン、口座開設のやり方を画像付きで分かりやすく解説で書いてます)



    なお、この戦略よりもっと利回りが良い戦略がよければ、同じ豪ドル/NZドルを使って、👇のように年利40%とか50%を狙える手法もあるので、興味あればこちらも是非ご覧ください!(ただし、リスクはこの設定よりは高めです)



    グルトレ(グルグルトレイン)のやり方を解説 | メリット・デメリットや実績も公開

    今回は、グルトレ(グルグルトレイン)という手法について解説します。グルトレは、自動売買に裁量要素も加えることで、「上がっても下がっても利益が出る」「含み損問題も、裁量ポジションで解決する」というような、かなり画期的な手法で、実際に運用しても放置可能なのに年利30%~50%近くいくこともあるようなものです。また、実例もあった方が分かりやすいと思うので、私が公開運用している2019/8/6から2019/9/3までの豪ドル/N...





    【年利40%】ループイフダン運用実績をブログで毎週公開【豪ドル/NZドル設定】

    ループイフダンで年利40%を目指したい!こういうコンセプトのもとで、元々利回り40%近い過去の実績があったコアレンジャー豪ドル/NZドルを改良して、さらにスプレッドももっと狭いループイフダンを使えば、もっと利回りを上げることができるのではないか?という発想でループイフダンの設定を組み、自腹で360万円を運用することで、本家コアレンジャー豪ドル/NZドルと対決させて、利回りを比べました。そして、10か月運用した結果...





    以下の順番で書いていきます。なお、実績部分以外は、2018年12月時点での検証結果なので、その点についてはご了承ください(今のところうまく運用出来ており、大きな相場認識には当時から違いはない(というかそういう通貨を選んだ)ので、特にアップデートしなくてもいいかなと思っております)



  • ループイフダン初心者向け解説 そもそもループイフダンとは何か?

  • ループイフダン初心者おすすめ設定のやり方を画像付きで分かりやすく解説

  • ループイフダン設定の解説 豪ドル/NZドルが自動売買ではおすすめなのか?

  • ループイフダン設定の解説 何故ループイフダンを選んだのか?

  • ループイフダン豪ドル/NZドルの設定はB80が最強!?過去5年のバックテスト検証結果

  • 何故ループイフダン豪ドル/NZドルのB20設定は利益率が悪かったのか考察

  • ループイフダン豪ドル/NZドルのB80設定を15万円で14本、その考え方は?

  • ループイフダン初心者おすすめ設定の実績2022年も毎月更新!

  • アイネット証券のループイフダン、口座開設のやり方を画像付きで分かりやすく解説

  • ループイフダン豪ドル/NZドル ローリスク設定の手動運用のやり方




  • ループイフダン初心者向け解説 そもそもループイフダンとは何か?





    まず簡単に、ループイフダンとはどういうものなのかを解説します。ループイフダンとは、

  • 下がったら買い、上がったら売りを自動で24時間繰り返してくれる自動売買

  • 自分で選ぶのは、「通貨ペア」「買いか売りか」「取引数量」「最大何本入れるか」だけ(例えば「ドル円」「買い」「1000通貨」「10本」とすれば、ドル円を今1000通貨買って、その後1円下がるごとに1000通貨ずつ買っていき、1円上がれば利確、最大1000×10で1万通貨までまで持つということ)


  • というように、はじめに簡単な設定を入れれば、あとは完全に放置していても自動で利益を積み重ねてくれるシステムです。



    「自動売買」というと、AIであったり何か特殊なプログラムが勝手に売買をするというイメージがある人もいるかもしれませんが、ループイフダンはそういうものではなく、自分ではじめに設定したルール通りの注文を入れ続けてくれるという、ある意味で非常にシンプルな作りになっているので、「よく分からないことを勝手にされた」ということもなく、分かりやすいシステムです。



    ループイフダン初心者おすすめ設定のやり方を画像付きで分かりやすく解説





    では、まず私の設定のやり方を画像付きで解説します。なお、この設定画面は、私が運用を開始した当時の画面なので、今とレートが違う点はご容赦ください(やり方自体は変わっていません)



    まず、まだアイネット証券の口座を持っていない人は、アイネット証券のループイフダン口座開設ページから口座開設をしてください。(既に持っている人は飛ばして大丈夫です)



    button2.png



    口座開設が完了し、ログインするとこういう画面が出てくるので、ここでループイフダン(注文)をクリックします。



    AUD loop1



    するとループイフダンの注文画面が出るので、このように設定してください(あくまで今時点の設定で、運用開始時のレートによって設定は異なるので、その点はご了承ください)



    aud loop2



    ここでは、

  • 取引通貨ペアが豪ドル/NZドル

  • 戦略はB80(80pips間隔で自動売買する戦略。BはBuyの意味で、買い方向ということ)

  • 損切設定はなし(損切が必要ないくらい広いレンジを想定する戦略のため)

  • 取引数量は1,000通貨(1が1,000通貨、10なら1万通貨)



  • とします。なお、15万円というのは1,000通貨単位の時であって、もっと運用したければ、例えば30万円なら2、60万円なら4、105万円なら7、150万円なら10等に設定して頂ければと思います。



    私は、105万円(7,000通貨)で運用しております。



    ここまで設定したら次へをクリックしてください。すると、こういう画面が出るので、最大ポジションを14に設定します。



    aud loop3



    何故14なのかは、また後で説明しますが、私のおすすめは、今のレートであれば14にします。そこで、確認をクリックすると、以下のような画面が出ます。



    AUD loop4



    ここで開始を押せば、これで設定完了です!



    なお、目安資金が今だと大体11万円となっているのに、何故15万円入金するかというと、これは念には念を入れて0.9まで下落に耐えられるよう余裕を持たせるためで、正直そこまで下がるリスクは高くないとも思っているので、11万円で運用してもらっても全然大丈夫だと思います。



    今回の企画では、「初心者向けに、安全で放置できるな設定」という点を重視したものであり、また、15万円入れても過去5年間で平均利回り10%超なので、そうしておりますが、この辺りは、リスクをどう考えるか、投資できる資金がどのくらいかによっても変わってくるので、いじっていただいても大丈夫な部分だと思っております。



    では、次に何故この設定にしたのかを説明していきます。



    ループイフダン初心者おすすめ設定の解説 豪ドル/NZドルを選んだ理由





    ではまず何故豪ドル/NZドルというマニアックな通貨ペアを選んだかを説明します。豪ドル/NZドルという通貨ペアは、豪ドルを買って、同じ金額分のNZドルを売るというものです。



    何故これを選んだかというと、非常にシンプルな理由で、とにかくレンジ相場になりやすく、また、現在レートもレンジの下限近くにあり、買いで入りやすいためです。



    自動売買では、レンジ相場になりやすい通貨で、レンジを広くとって売買するのが基本ですが、この豪ドル/NZドルは圧倒的にレンジ相場になりやすく、かつ、今安値圏におり、買い方向で入るのが非常にやりやすくなっております。



    豪ドルとNZドルは、

  • どちらもオセアニア諸国の通貨

  • どちらも中国経済の影響を大きく受ける

  • どちらも高金利通貨であり、リスクオンで買われ、リスクオフで売られる

  • どちらも緩やかに長期間経済成長が続いている

  • どちらも公的債務残高が少なく、財政リスクが低い


  • というように、特徴が非常に似ているため、為替もほぼ同じような動きをします。実際に、直近3年間の豪ドルとNZドルの値動きを比較してみましょう。



    AUD and NZD1209



    このように、ほぼ同じような動きをします。その結果、豪ドルを買って、NZドルを売るという豪ドル/NZドルという通貨ペアは、非常に長い期間で見てもレンジ相場になりやすいです。



    豪ドル/NZドルの過去45年間のチャートを見てみましょう。



    【豪ドル/NZドル 過去45年チャート】
    aud nzd historical

    (出典:ニュージーランド準備銀行(中銀)の日時データより管理人作成)



    これを見ると分かるように、豪ドル/NZドルはかなりの期間レンジ相場になっております。



    なお、一瞬1.8近くまで上がっている時は、1985年3月にNZドルが固定相場制から変動相場制に移行する直前の混乱期で、その後の直近30年で見ると、もっとおとなしいレンジ相場になっております。



    AUD NZD 30year



    このレンジ相場になりやすさは、他の通貨ペアと比べても圧倒的であり、他に自動売買で人気の高いドル円、豪ドル円、NZドル/ドルと直近30年間の値動き幅を比べると、以下の通りです。



    豪ドル/NZドルドル/円豪ドル/円NZドル/ドル
    高値1.464160.32107.840.88414
    安値1.00675.2954.920.391
    差異0.45885.0352.920.49314
    差異率45.5%112.94%96.36%126.12%




    このように、豪ドル/NZドルは、長期でレンジ相場になりやすいという特徴があります。



    また、過去30年で見ると、1~1.5のレンジ相場になってますが、12/9現在のレートが1.05と、歴史的に見ても最安値水準にあり、買いで入りやすいというのもあります。



    こうしたことから、今から自動売買をはじめるなら、豪ドル/NZドルの買いで入るのがおすすめだと考えており、この設定にしました。



    ループイフダン初心者おすすめ設定の解説 何故ループイフダンを選んだのか?





    豪ドル/NZドルという通貨ペアを決めたので、次にどこで取引するかを考えました。その結果、自動売買で豪ドル/NZドルを取引できるところでは、手数料(スプレッド含む)や取引単位でループイフダンが一番良いと考えられるため、ループイフダンを選びました。



    以下、主要な自動売買について、豪ドル/NZドルの手数料と取引単位を一覧にしました。



    スプレッド
    (pips)
    円換算手数料合計取引単位
    ループイフダン64800480
    トライオートFX9.87840784
    iサイクル注文108004201220
    トラッキングトレード7.1568400968
    トラリピなしなしなしなしなし


    ※トライオートFXは、1,000通貨単位のスプレッド(1万通貨以上であれば、7.8ですが、いずれにしてもループイフダンの方が安くすみます)



    そのため、今回の企画では、ループイフダンで豪ドル/NZドルを取引することにしました。



    ループイフダンについては、アイネット証券の口座を持っていれば誰でも手数料無料で使えるものです(もちろん、口座開設や口座維持手数料は無料です)



    また、当サイトから口座開設を行うと、当サイトからの口座開設限定で、非売品のループイフダン攻略本+3,000円のAmazonギフト券が貰えるタイアップもあるので、口座開設は当サイトからがおすすめです。



    口座開設は、

    アイネット証券
    button2.png


    からできます。(口座開設のやり方は、アイネット証券のループイフダン、口座開設のやり方を画像付きで分かりやすく解説で書いてます)



    ループイフダン豪ドル/NZドルの設定はB80が最強!?過去5年のバックテスト検証結果





    では、次に何故B80にしたのかを解説します。まず、B(Buyの意味。つまり買い)なのは、今は豪ドル/NZドルの最安値水準なので、買い方向で入れることになります。



    次に、値幅を20にするか40にするか80にするか100にするか、4つ選択肢があるのですが、それについて、過去5年間の相場でバックテストを行いました。


    このバックテストは、MT4から時間足のデータを取得し、それをエクセルでVBAマクロを組むことで、計算しました。



    【バックテストのエクセル】
    backtest aud



    こうやって検証したところ、80が一番良いという結果が出たので、B80を選びました。以下、バックテスト結果を見てみましょう。なお、このバックテストは、スプレッド6.0pipsを考慮した上での数字です。



    【確定利益額】
    1年3年5年
    B2052,192240,800439,936
    B4032,096144,160267,104
    B8015,39275,776152,736
    B10012,78463,920118,816




    【利回り(確定利益÷必要資金)】
    1年3年5年
    B2024.5%57.5%83.1%
    B4029.3%70.1%101%
    B8027.4%76.6%115.6%
    B10030.8%79.7%107.3%




    【含み損考慮後利益】
    1年3年5年
    B20-37,94999,848255,462
    B40-14,33475,364169,024
    B80-9,18943,016101,734
    B100-4,09438,35275,661




    【含み損考慮後利回り】
    1年3年5年
    B20-17.8%23.8%48.2%
    B40-13.1%36.7%64.5%
    B80-16.3%43.5%77%
    B100-9.9%47.8%68.3%




    これを見ると分かるように、直近1年以外は含み損を入れても全てプラスですが、意外なことに利回りがいいのは、B80かB100のどちらかとなりました。



    直近1年で含み損を入れるとマイナスになるのは、1.09→1.05と下落しているのが原因で、ただ、3年、5年前のレートも大体1.09くらいであったことを考えると、ある程度長い期間自動売買で利益を積み重ねれば、取り返せる範囲であるということが分かります。



    また、ではB80かB100のどちらがいいかというと、利回りを見る限り明確な違いはないものの、直近1年間での利確回数が、B80は26回で、大体2週間に1度くらいは約定されるのに対して、B100では17回と、月1回あるかどうかというくらいで、あまり約定回数が少なすぎてもやっていて楽しくないと思ったことから、B80にしました。



    直近5年間での累計の利回りもB80の方がよいので、長期運用ということも考えると、やはりB80でいいのではないかと思います。



    では、次に、何故B20やB40がそこまで結果が良くなく、特にB20の利回りが悪いのかを考察したいと思います。



    何故ループイフダン豪ドル/NZドルのB20設定は利益率が悪かったのか考察





    上の表を見てもらうと分かるように、B20は確定利益は多い一方で、20の利回りが悪くなっております。これは何故かを考えてみます。



    色々と検証してみたのですが、結論から言うと、答えはスプレッドの影響と考えられます。



    ループイフダンはスプレッドが最安値ではありますが、とはいえ6pipsあります。これは、20に対しては30%、40に対しては15%、80に対しては7.5%、100に対しては6%の値というように、利確幅が狭くなればなるほど、このスプレッドの負担率が高まります。



    実際に、スプレッドを0として過去5年間の累計をバックテストしたところ、その場合、B100がパフォーマンスが一番悪く、B20、40、80は接戦となりました。



    【スプレッドを0と仮定した場合の過去5年バックテスト結果】
    確定利益必要資金利回り含み損込利益含み損込利回り
    B20628,480529,611118.7%444,00683.8%
    B40314,240262,245119.8%216,16082.4%
    B80165,120132,168124.9%114,11886.3%
    B100126,400110,697114.2%83,24575.2%




    このように、B20も約定回数が多く、やっていて楽しい設定ではあり、スプレッドがなければ有効性も十分あるのですが、残念ながら今の環境ではスプレッド負担が大きいようで、あまり良くない設定のようです。



    以上から、ループイフダンの豪ドル/NZドルの設定としては、B80としました。



    ループイフダン初心者おすすめ設定の必要資金目安は15万円で、14本、その考え方は?





    では、次に15万円入金して、14本という理由を説明します。



    まず、豪ドル/NZドルのレンジとしては、基本的には1.0~1.5の間で推移するものと考えております。過去30年のレートが、どのくらいの水準にどれくらいあったのか見てみましょう。



    AUD NZD sanpu



    下でも書くように、過去最安値水準である1.0を割り込む可能性は高くないと考えており、ベースとしては、1.0を超えることを想定しております。



    ただし、その一方で、週足で見た時には、いわゆるヘッドアンドショルダーの形になっており、この形が出た場合、下落の可能性に注意する必要があるので、念のため1.0を割る可能性についても考慮します。



    【豪ドル/NZドル 週足チャート】
    AUD NZD week1208 head



    ヘッドアンドショルダーの下落の目安は、天井とネックラインの差分だけネックラインからさらに落ちるというものなので、それで考えると、下値の目安は0.944となります。



    今のレートが1.05なので、0.944までの下落を取る場合、14本なので、14本としました。



    また、そこを一時的に割れても大丈夫なように、さらに念のため0.9台前半までの下落しても耐えられる水準を考えると、15万円くらいの金額なので、今回はキリよく15万円としました。



    このように、かなり念には念を入れた設定にしておりますが、ただそれでも過去5年の確定利益が15万円で利回り100%、含み損込みでも10万円で利回り66.7%なので、年平均にするとそれぞれ20%、13.4%と、利回り10%以上の水準となっているので、まあいいかなと思っております。



    また、14本だと、今後レートが戻して、1.1まで一度上がっても、次に下がった時に1.0までカバーできる、さらにもっと上がって過去5年ではそこまでいかなかった1.15まで上がっても、1.05までは特に何も触らなくてもOKというように、上がった時もそこまで設定をいじらなくていいというメリットもあります。



    こうしたことから、1単位は15万円で、仕掛ける本数は14本としました。



    上でも書いたように、この設定はかなり念には念を入れた設定なので、もうちょっとリスクを取りたい場合は、自由にアレンジして使ってみてください。



    この取引をするには、アイネット証券のループイフダン口座が必要なので、まだ持っていなくて、興味がある方は是非この機会にどうぞ。もちろん、口座開設や、口座維持手数料は無料なので、まず持っておいて、その後で考えるというのでも全然OKで、その場合は一切費用はかかりません。



    また、当サイトから口座開設を行うと、当サイトからの口座開設限定で、非売品のループイフダン攻略本+3,000円のAmazonギフト券が貰えるタイアップもあるので、口座開設は当サイトからがおすすめです。



    口座開設は、


    アイネット証券
    button2.png


    からできます。(口座開設のやり方は、アイネット証券のループイフダン、口座開設のやり方を画像付きで分かりやすく解説で書いてます)



    以上がこの設定にした理由でした。では、これで運用して、実際にどうなっているのかを次で説明します。



    ループイフダン初心者おすすめ設定の実績





    この設定は、運用開始してから、3年で30万円の不労所得を生んでくれました。



    私は7単位で運用しているので、1単位で運用している人は、4.3万円くらいの利益が出ているかと思います。



    これは、利回り換算すると8.5%になっております。2019年の間は全体的に豪ドル/NZドルの値動きが小さく、ちょっと調子が悪いなあというのが、正直な印象でしたが、2020年はコロナショックもあって値動きが激しく、利回りも盛り返したものの、それ以降はやっぱり値動きが小さく、全体としては年利10%にはいかず、みたいな感じでした。



    なお、これまでの報告時点の確定利益、含み損込の金額を見ると、以下の通りです。



    【長期投資設定 運用実績の推移グラフ】
    issho0503-min.png



    【運用実績表】
    確定利益含み損含み損込利益
    2019年1月24,071-8,39315,678
    2019年2月28,334-24,2934,041
    2019年3月39,266-7,96131,305
    2019年4月45,004-13,14431,860
    2019年5月52,894-8,18844,706
    2019年6月52,894-33,99818,896
    2019年7月52,894-43,0099,885
    2019年8月67,351-4,46162,890
    2019年9月76,044-84875,196
    2019年10月83,771-2,55681,215
    2019年11月83,771-31,45852,313
    2019年12月83,771-55,10828,663
    2020年1月83,771-80,9832,788
    2020年2月87,666-53,34534,321
    2020年3月122,893-74,05948,834
    2020年4月140,895-19,825121,070
    2020年5月147,272-3,220144,052
    2020年6月157,688-29,587128,101
    2020年7月165,648-6,757158,891
    2020年8月180,721-7,695173,026
    2020年9月180,721-27,311153,410
    2020年10月184,644-61,450123,194
    2020年11月188,557-108,72579,832
    2020年12月200,789-42,925157,864
    2021年1月204,810-66,081138,729
    2021年2月217,308-64,231153,077
    2021年3月225,371-24,301201,070
    2021年4月225,371-33,474191,897
    2021年5月229,794-44,438185,356
    2021年6月234,165-49,810184,355
    2021年7月234,165-102,606131,559
    2021年8月234,165-157,53676,629
    2021年9月242,746-142,540100,206
    2021年10月246,950-128,116118,834
    2021年11月251,330-147,427103,903
    2021年12月263,610-81,693181,917
    2022年1月267,333-63,577203,756
    2022年2月275,315-44,059231,256
    2022年3月288,259-30,459257,800
    2022年4月300,793-10,660290,133




    このように、約定数は月によってまちまちで、月単位で見れば利益に結構ばらつきがある感じになりました。ちなみに単月での利益の推移を取るとこんな感じです。



    issho0503_month-min.png



    これは、豪ドル/NZドルの値動きが下方向に動くのみで決済されなかった月もある一方で、そこで貯めたポジションが利確される時には大きな利益となるからで、この設定は80pips間隔という広めの設定にしているため、月によっては0回の時もあれば、コロナショックの辺りでは毎週利確みたいな事態もあったためです。



    これについては豪ドル/NZドルのチャートを見てもらうと分かりやすく、「ああ、確かにこういう下がり続けている月は全然利益が出ないだろうし、上がってる月は利確出るんだろうなあ」というのが何となく分かるかと思います。



    AUDNZD chart0430day-min



    豪ドル/NZドルが下がってる時は利確が出ず、そのため月ごとに利益の出方はかなりまちまちですが、ただ全体としては概ね好調に運用できており、また、運用していても「安心感」が他の設定とはけた違いだなと思いながら見ていますw



    実際2019/3/27までや、コロナショックの時はかなりの下落基調で、一体どこまで落ちるのか?本当に1.0を割らずに済むのか?といった感じでしたが、こんな時であっても、この設定であれば、0.91まで耐えられるので、全く心配することなく見ていられて、上がってきたら利益も出るというのがこの戦略の最大の強みなのかなと思っております。



    ハイリスク版の方は、1.0近くまで落ちた時は正直かなり冷や冷やしながら見ており、「そろそろ資金追加する必要があるか・・・?」とかも考えてましたが、こちらの設定については何の心配もなく見ていることができました。



    買いのループイフダンにとっては、2019年1月のフラッシュクラッシュや、8月RBNZのハト化での上昇のように「一回下がって上がる」パターンが一番ありがたいのですが、その途中である2月や6月、7月、11月、12月のように下落基調の段階では、あまり約定されない展開になります。



    ただし、こうやって下落でポジションを作っていくことが、その後の利益を出すのに必要な「種」となるので、下落でポジションをためて利確も少ない状態は、ロスカットにならない限りは、「仕込みができているなあ」というように見ております。



    実際に、2020年3月のコロナショックの時には、一度1.0にワンタッチしてから戻したことで大きく利益を伸ばしており、このように、やはり自動売買にとって、「ロスカットされない範囲での含み損は利益の種」だと言えます。



    バックテストをした時も、この設定はおおよそ2週間に1回約定されるかどうかくらいのペースだという結果だったので、月に1度も約定されないこともあれば、5-6回約定される時もある、みたいな、ある意味でかなりマイペースな設定となっています。



    このように、基本的にはのんびりした設定なのですが、逆に言えば、2019年1月のいわゆるフラッシュ・クラッシュの時や、3月までの下落や、さらには最近のコロナショックに耐えた後に利益が出たことからも分かるように、これくらい広いレンジをとっておけば、暴落はむしろチャンスとなります。



    この設定は、長期安定重視なので、決して爆益ではないですが、それでも多くの人が損をしている環境ですら、チャンスに変えられるというのを経験できたのは、良かったのではないかと思います。



    以上がこれまでの一緒に運用企画の実績報告でした。



    このバックテストの検証も過去5年とかなりの長期スパンで見ているので、今からはじめても全然間に合うので、興味があれば是非どうぞ。



    この取引をするには、アイネット証券のループイフダン口座が必要なので、まだ持っていなくて、興味がある方は是非この機会にどうぞ。もちろん、口座開設や、口座維持手数料は無料なので、まず持っておいて、その後で考えるというのでも全然OKで、その場合は一切費用はかかりません。



    また、当サイトから口座開設を行うと、当サイト限定で、3,000円のAmazonギフト券が貰えるタイアップもあるので、口座開設は当サイトからがおすすめです。



    口座開設は、



    アイネット証券
    button2.png



    からできます。(口座開設のやり方は、アイネット証券のループイフダン、口座開設のやり方を画像付きで分かりやすく解説で書いてます)



    アイネット証券のループイフダン、口座開設のやり方を初めての人にも分かるように画像付きで解説





    最後に、アイネット主権の口座開設のやり方を、画像付で簡単に解説していきます。



    まず事前に準備するものとして


  • マイナンバーが分かる書類

  • 本人確認書類



  • 両方を用意して、スキャナで取り込むか、あるいは携帯で写真をとる等してください。ちなみに、顔写真の入ったマイナンバーカードであれば、それ1つでどちらも条件を満たすので、もし持っている場合、それを使うのがおすすめです。



    マイナンバーが分かる書類は、

  • マイナンバーカード

  • マイナンバー通知カード

  • 住民票の写し(マイナンバーが書いてあるもので、6か月以内に発行したもの)


  • のうち、どれでもいいのでどれか1つをご用意ください。(もしどれもなければ、役所にいってマイナンバー付きの住民票の写しを貰うのが、当日すぐ手に入ります。マイナンバーの書いた資料は、今後税務申告、保険の手続き、銀行口座の開設等、色々な場面で必要になってくるので、もし今持っていなければ、この機会にとっておくと良いと思います)



    本人確認書類は、写真付きのものであれば1種類、写真がないものなら2種類必要になります。


    【写真付きの本人確認書類の例(1種類でOK)】

  • 運転免許

  • パスポート

  • 住民基本台帳カード

  • マイナンバーカード

  • 在留カード(外国籍の方)



  • 【写真なしの本人確認書類の例(2種類必要)】

  • 健康保険証

  • 住民票の写し

  • 年金手帳

  • 印鑑証明



  • これらを用意して、スキャナで取り込むか、携帯で写真を撮れば、事前準備はOKです。



    そうしたら、まず、アイネット証券の口座開設ページをクリックして公式ページへいってください。



    すると、こういう画面が出てきますが、気にせずにホームページに進んでください(他のサイトから公式サイトへの移転の際に、サイトが変わりましたよということをアナウンスすることが義務付けられているため出る画面です)



    inet1.png




    そこで、少し下の方にスクロールすると、こういう画面が出てくるので、そこの口座開設ボタンをクリックします。



    inet2.png



    するとこういう画面が出てくるので、規約を読んで同意してください。



    inet3.png




    あとは住所、氏名、勤務先、金融機関、投資経験などを書いていきます。



    inet4.png



    勤務先や年収について書くのに抵抗がある人は多いですが、FX会社がこうした情報を求めている理由は、例えば競合会社に所属する人じゃないか等、審査で見る情報として欲しているだけで、勤務先に電話されたりとか、個人情報を変な使い方とかはされないので心配ありません(FX会社は金融庁の管轄化にあるので、そうした個人情報の取り扱いは非常に厳格です)



    記載を終えると、本人確認のための書類とマイナンバーが分かる資料の提出を求められます。



    私は運転免許書+マイナンバー付の住民票を携帯で撮ってそれをアップしました(余談ですが、マイナンバー付の住民票は、マイナンバーカードを持っていない人にとってはかなり使いやすいです)



    そうやって口座開設を申請すると、通常2営業日から1週間程度でID、PWを書いた紙が送られてくるので、それで口座開設は完了です!



    以上です。今回の企画で使うループイフダン口座の口座開設は、


    アイネット証券
    button2.png


    からできます。



    今後このポジションについてはTwitterでも運用実績や、もし何かあったときの対応を配信していくので、よろしければ是非フォローをお願いします。






    ループイフダン豪ドル/NZドル ローリスク設定の手動運用のやり方





    このローリスク版戦略、実はそこまで約定数が多くないので手動でも間に合うもので、最近は豪ドル/NZドルでスプレッド1.0pips、スワップは買いも売りも0とかいうとんでもない条件の会社が出てきたこともあって、手動に移行する人も増えています。(ループイフダンは6.0pips、買いはマイナススワップ)











    この手動でのやり方は非常に簡単で、

  • セントラル短資FXの口座を使う(スペックが一番良い)

  • 1単位60万円なら、豪ドル/NZドル0.98~1.092の間に、0.002(20pips)ごとにIfdone注文の指値買い(利確は指値レート+80pips)で入れる

  • 1単位15万円なら、豪ドル/NZドル0.98~1.092の間に、0.008(80pips)ごとにIfdone注文の指値買い(利確は指値レート+80pips)で入れる

  • 利確注文が約定された時にはもう一度IfDone注文を入れなおす


  • という感じです。



    セントラル短資FXは、豪ドル/NZドルの条件がFX会社の中で一番良く、スプレッドは1.0pipsで最狭、スワップポイントは買いも売りも0で安定しているという最強の会社です。



    手動でやる最大のメリットは「シンプルにスペックの良い会社を使える」という点で、その中で豪ドル/NZドルでは一番条件が良い所なので、使うのはセントラル短資FX一択と言えます。



    次の20pips刻みか80pips刻みかという点は、バックテストをしても仕掛け幅は20pips刻みにした方が利回りが良く、また約定されやすさも増えてやっていて楽しいというのもあるので、もし60万円用意できるならそっちの方がおすすめで、15万円単位でやりたければループイフダンと同じく80pips仕掛け、80pips利確でやると良いと思います。



    ループイフダンだと利幅=仕掛け幅で固定されますが、手動だとそこは自由に設定できるので、その点も手動のメリットではあります。



    一方で、この手動のデメリットとしては、

  • いちいち設定を細かく入れたり、約定されたら入れ直しと、手間がかかる

  • 入れ忘れたり下がった時に怖くなって止めてしまうなど、ルール通りに運用出来ない可能性が高まる


  • という点があり、個人的には多少スプレッドがあっても自動で運用した方が良いと思っているので、ループイフダンで運用してます。



    ただこのスペックの違いや仕掛け方の自由度というメリットと、面倒さやルール通りに運用出来ない可能性というデメリットを比べて、どちらの方が上かは人によって違ってくると思うので、その点で前者の方に強くメリットを感じるなら、手動でやるのもありだと思います。



    この手動運用でおすすめのセントラル短資FXは自動売買こそできませんが、スプレッドは1.0pipsで業界最狭で、スワップ0、0が続いていて、豪ドル/NZドルをトレードする上では非常に使い道も多いので、是非持っておくことをおすすめします。



    またこのセントラル短資FXにも当サイト限定・期間限定の口座開設キャンペーンがあり、具体的には、当サイトからセントラル短資FXに口座開設を行うと、当サイトオリジナルのFX投資戦略マニュアル+5,000円のキャッシュバックがもらえます!



    レポートだけ、5,000円だけのどちらかだけでもキャンペーンの中でも十分お得な部類なのに、それが両方貰えるという破格のキャンペーンとなっております。



    このFX投資戦略マニュアルは認定テクニカルアナリストでもある私が、チャート分析について解説したもので、「結局チャート分析で一番重要なのは何か」というのを、私のこれまでの投資経験や、認定テクニカルアナリスト試験の過程、さらには億トレーダーやプロディーラー、様々なFX会社の中の人とのやりとりの中で身に着けたことも含めて解説しています。



    そもそも何故チャート分析が重要なのか」ということを起点に、そこから導き出されるテクニカル指標やチャート分析で本当に重要なことは何か、というような作りになっていたり、あとは私の利確・損切についての考え方等も書いてあるので、是非参考にして頂ければと思います。



    こちらも口座開設や口座維持手数料は一切無料なので、是非この機会にどうぞ!



    口座開設は


    セントラル短資FX
    button2.png


    からできます。



    今回は以上です。



    なお、この戦略よりもっと利回りが良い戦略がよければ、同じ豪ドル/NZドルを使って、👇のように年利40%とか50%を狙える手法もあるので、興味あればこちらも是非ご覧ください!(ただし、リスクはこの設定よりは高めです)



    グルトレ(グルグルトレイン)のやり方を解説 | メリット・デメリットや実績も公開

    今回は、グルトレ(グルグルトレイン)という手法について解説します。グルトレは、自動売買に裁量要素も加えることで、「上がっても下がっても利益が出る」「含み損問題も、裁量ポジションで解決する」というような、かなり画期的な手法で、実際に運用しても放置可能なのに年利30%~50%近くいくこともあるようなものです。また、実例もあった方が分かりやすいと思うので、私が公開運用している2019/8/6から2019/9/3までの豪ドル/N...





    【年利40%】ループイフダン運用実績をブログで毎週公開【豪ドル/NZドル設定】

    ループイフダンで年利40%を目指したい!こういうコンセプトのもとで、元々利回り40%近い過去の実績があったコアレンジャー豪ドル/NZドルを改良して、さらにスプレッドももっと狭いループイフダンを使えば、もっと利回りを上げることができるのではないか?という発想でループイフダンの設定を組み、自腹で360万円を運用することで、本家コアレンジャー豪ドル/NZドルと対決させて、利回りを比べました。そして、10か月運用した結果...


    関連記事

    IG証券のキャンペーン2022年最新版!口座開設で簡単に1.5万円貰う方法は?

    2022年05月01日 12:12

    IG証券のキャンペーンが凄すぎる!お得な貰い方も解説-min



    ほぼノーリスクで1万5,000円が貰える!?



    昔はこういう口座開設キャンペーンをやっているFX会社も多かったのですが、最近はここまでお得なのキャンペーンをやってるのはIG証券くらいになりました。



    今回はそのIG証券の期間限定最大6万円のキャッシュバックキャンペーンについて解説したいと思います(2022年最新情報!)。



    これまでも「IG証券の口座開設キャンペーンがお得すぎる」「1.5万円までは簡単に貰える」等、色々と書いてきましたが、お得な貰い方についてしっかりと記事でまとめたことはなかったので、今回はそれを解説します(2022年の最新情報に更新!)



    また、IG証券のキャッシュバックキャンペーンについては、「最大5万円なのか、6万円なのかどっちなんだ」という声もたまに聞くので、それについても書いていきます。



    結論から言うと、IG証券のキャッシュバックキャンペーンについては、

  • IG証券のキャンペーンでは、口座開設+1取引で簡単に1.5万円までは貰うことができる

  • このキャンペーンについては、キャンペーンへの申込も必要であり、そこを絶対に忘れてはいけない

  • 最大5万円なのか6万円なのか問題は、キャンペーンでFXを選ぶかCFDを選ぶかの違いで、FXであれば最大5万円、CFDであれば最大6万円になる

  • ただしFXかCFDを選ぶのはあくまで「キャンペーンの選択」で、口座開設をすれば、いずれにしてもFXもCFDも最近人気のノックアウトオプションも全部できるようになるので、キャンペーンでは単純によりお得なCFDでエントリーするのがおすすめ


  • という感じです。



    なお、このキャンペーンについては、キャンペーン期間内で先着300名限定なので、まだ口座を持っていない人は、まず口座開設をお早めにどうぞ。キャンペーン期間が5月からまた新しくなったので、今がチャンスです!



    IG証券は、

  • ユーロ/ズロチという個人的にイチオシの通貨ペアで、スワップ年利益率30%も狙えて一番条件が良い

  • 取引銘柄が17,000以上と、とにかく為替から株価指数、金・原油等の商品、米国株や中国株まで何でも揃い、IG証券になければ諦めた方がいいというレベルで品ぞろえが豊富

  • ノックアウトオプションという、資金効率が非常に良く、またリスクもオプション料に限定されて、仕組み的に追証や想定以上の損失といったことがありえない取引ができる

  • Amazonやアルファベット(Googleの親会社)、ファイザーやモデルナ等、個別株の取引も可能で、これについてもレバレッジを効かせてトレードができる


  • というように、取引口座としても非常に優秀なので、是非この機会に口座開設して、1.5万円も手に入れてください。



    【関連記事】

    IG証券のEUR/PLNスワップがやばいことに!スワップ年利益率も解説

    私はこれまでもEUR/PLNを3年以上やっていて、ポーランドが利下げしてスワップが貰えない「冬の時代」も続けていましたが、最近ついに利上げがあってスワップが復活してきました。具体的には、私のポジションだと、利上げ後は大体の期間で17単位持って1日分で2,500円近いスワップが貰えております。【最近の私のユーロ/ズロチの収入】ちなみに1単位(1万通貨)だと、公式ページのスワップ履歴を見ると以下のようになっていました。...





    【IG証券】ノックアウトオプションとは?メリット・デメリットや取引方法も解説

    今回は、画期的な金融商品としてFXトレーダーを中心に専業トレーダーの間でますます人気が高まっているIG証券のノックアウトオプションのメリット・デメリットや、取引方法について解説していきます。ノックアウトオプションは、「為替や株価指数に投資して、利確・損切も自分のタイミングでできる」という点で、FXやCFDともかなり似たような感じでトレードできる金融商品なのですが、FXやCFDと比べて資金効率が圧倒的に良い(ドル...





    投資初心者にはIG証券の口座が絶対におすすめな理由

    コロナショックで相場が大きく動いたことや、最近徐々に株価も新興国通貨も金も上がっていっていることから、投資への関心を持つ人が増えており、例えば定額給付金10万円の使い道として、投資と答えた人が13%もおり、「教養・教育」の10%、「税金」の8%を上回って、全体の中で5位になったという記事もあります。給付金10万円使途、13%が「投資」 株価回復に一役? 暴落後ネット口座開設急増そんな中で、「投資を始めたいけど、...





    口座開設は


    IG証券
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。



    またキャンペーンについては、以下から申し込む必要があるので、口座開設後はキャンペーン規約をお読みの上、キャンペーンに申込むようにしてください。


    キャンペーン申込リンク:IG証券キャンペーン情報



    以下の順番で書いていきます。


  • IG証券のキャンペーンで最もお得な期間限定キャッシュバックの貰い方

  • IG証券のキャンペーンの詳細解説 最大6万円の期間限定口座開設キャッシュバック

  • IG証券のキャンペーンの注意点 口座開設+取引以外に必要なものとは?

  • IG証券の口座開設のやり方を画像付きで解説

  • IG証券はキャンペーンだけでなく、FXやCFD、ノックアウトオプションでも非常におすすめです




  • IG証券のキャンペーンで最もお得な期間限定キャッシュバックの貰い方





    まずは細かいことはさておき、一番お得&リスクも低いIG証券のキャンペーンの貰い方から解説します。



    以下の手順でやってもらうのが一番効率が良いと思います。

    1 IG証券に口座開設をする

    2 IG証券の口座開設キャンペーンを申し込む(←絶対に忘れないようにしてください)

    3 IG証券のキャンペーンは、CFDの他社口座がある場合はCFDで、もし他社口座がなければFXでもCFDでもどちらでもOK(CFDだと他社口座があれば1万円追加で貰えるので)

    4 口座開設完了後、1回トレードする(取引単位は1単位でもOK)←50万円入金ルールが2021年11月よりなくなりました!

    5 (CFDのキャンペーンを申し込んだ場合)他社の取引残高報告書をキャンペーンページから送る



    CFD他社口座で取引がある場合、たったこれだけで1.5万円が貰えます!



    1回取引で1.5万円貰えるということは、1回取引するだけで利回り3%のキャッシュバックが確実に貰えるということもできて、正直意味が分からないレベルでお得なキャンペーンです(笑



    また、スキャルピングやデイトレなどで何回もトレードをする人であれば、CFDだと累計100回以上のトレード、FXだと累計1,700ロット以上のトレードで45,000円をさらに貰えて、合計最大6万円(CFDの場合。FXは5万円)にもなるので、そちらも是非狙ってみると良いと思います



    IG証券のキャンペーンの詳細解説 最大6万円の期間限定口座開設キャッシュバック





    では、何故このやり方がおすすめなのかを説明するため、次にこのIG証券のキャンペーンをもう少し詳細に見ていきたいと思います。



    IG証券のキャンペーンでは、まずFXかCFDのどちらかを選んで、条件を満たせばFXだと最大5万円、CFDだと他社乗換分も含めて最大6万円がもらえます(FXかCFDはどちらか一つだけしか選べません)



    詳しい条件は、口座開設に加えて、取引条件としては以下のようになっています。



    【IG証券キャンペーン FXのキャッシュバック金額(初回取引分込)】
    条件金額(円)
    初回取引※1を実施5,000
    累計300ロット以上取引※215,000
    累計500ロット以上取引※220,000
    累計800ロット以上取引※225,000
    累計1200ロット以上取引※235,000
    累計1700ロット以上取引※250,000


    ※1 口座開設申込後30日以内の取引
    ※2 2022/7/31までの取引+※1の取引の5,000円分の合計



    【IG証券キャンペーン CFDのキャッシュバック金額(初回取引分込)】
    条件金額(円)
    初回取引を実施※15,000
    累計50回以上新規取引※220,000
    累計100回以上新規取引※250,000
    さらに他社取引報告書提出10,000


    ※1 口座開設申込後30日以内の取引
    ※2 2022/7/31までの取引+※1の取引の5,000円分の合計



    このように、FXとCFDで取引条件が異なりますが、CFDだと、他社取引報告書の提出で+1万円というのがある分だけより簡単に多くの金額を貰うことができます。



    そのため、個人的には他社のCFD口座でトレードしている場合にはCFDで申込み、そうでなければFXでもCFDでも自分がメインでやる方で申し込んだ方がお得かなと思います。



    ただ、例えばスキャルピングで1ショット100万通貨とかでやる人であれば、1,700ロットの取引というのはたった17回分のトレードで、人によっては1日2日程度で簡単に達成可能なこともあるので、そういう人の場合、100回トレードするより1,700ロットで5万円もらう方が楽かもしれないので、そういう人であればFXの方がお得です。



    この辺りは「自分がどういうトレードをするか」にもよりますが、あくまで一般的にはという点で言うと、CFDの方がよりお得にキャッシュバックを貰いやすいかなと思います。



    IG証券のキャンペーンの注意点 口座開設+取引以外に必要なものとは?





    このキャンペーンについて、フォロワーの方からも「危なかった」とよく言われるのが、「先着300名であること」「1回の入金額で50万円以上必要」「TwitterのIG証券アカウントのフォロー」「口座開設に加えて、キャンペーン申込が必要」という4つがあります。(50万円入金ルールは2021年11月からなくなりました!



    まず1つめの先着というのは、キャンペーン規約で「先着300名限定」と書いてあるように、口座開設から取引を、できるだけ急いでやった方がいいということです。



    【FX】
    ig camp11_2-min



    【CFD】
    ig camp11-min



    口座開設には少し時間がかかるので、早めに口座開設をするのがおすすめです。



    次の入金額は、「1回の入金額が50万円以上」だったのですが、実は2021年11月からこのルールがなくなりました!



    最後のTwitterのフォローやキャンペーン申込が必要というのも、文字通り口座開設だけでなくTwitterのフォローやキャンペーンの申込も必要なので、その点も注意が必要です。



    以上がこのIG証券のキャンペーンの注意点でした。



    このキャンペーンは先着300名限定となっているので、まだ口座を持っていない人は、まず口座開設をお早めにどうぞ。



    口座開設は


    IG証券
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。



    またキャンペーンについては、以下から申し込む必要があるので、口座開設後はキャンペーン規約をお読みの上、キャンペーンに申込むようにしてください。


    キャンペーン申込リンク:IG証券キャンペーン情報



    IG証券の口座開設のやり方を画像付きで解説





    それでは、IG証券での口座開設のやり方を最後に画像付きで分かりやすく解説します。



    まず本人確認資料として必要なものとして、以下をご用意ください。



    【マイナンバー確認書類】どれか1つ

    ・マイナンバーカードのコピー(両面)
    ・マイナンバー通知カードのコピー
    ・住民票(マイナンバー付き、かつ、発行後3か月以内のもの)のコピー



    【住所確認書類】マイナンバーカードか住民票がマイナンバー書類であればどれか1つ、マイナンバー通知カードであればどれか2つ

    ・運転免許所
    ・運転経歴証明書
    ・健康保険証
    ・住民票の写し
    ・パスポート
    ・在留カード
    ・特別永住者証明書
    ・住民基本台帳カード
    ・国税・地方税の領収書、納税証明書
    ・社会保険料の領収書(発行後3か月以内のもの)



    周りだとマイナンバー書類で苦労する人が多い印象ですが、これについてはもしマイナンバーカードや通知カードがなければ、住民票を取りに行くのが一番手早くできるかなと思います(マイナンバー付きのものと指定する必要があります)



    これらを用意したら、いよいよ口座開設に進みましょう。



    まず、IG証券口座開設ページをクリックしてもらうと、以下のようなページに飛びます。



    IG kouza1-min



    この注意書きは、証券会社の口座開設ページに外部からリンクで飛んできた場合は表示しないといけないため表示されているものなので、気にせず右上の×をクリックして口座開設に進んでください。



    すぐ下にスクロールすると、以下のように口座開設リンクが出てきます。



    IG kouza2-min



    そしてリンク先では、口座開設はこちらの方をクリックしてください。



    IG kouza3-min



    そしてそこをクリックすると、以下のように名前、メールアドレス、ユーザー名、PWを入れる画面が出てくるので、そこに自分の名前とメールアドレス、あとは好きなユーザー名とPWを入れてもらえれば大丈夫です。



    IG kouza4-min



    あとは画面に従って、必要事項を書いていって、本人確認書類もアップロードすればOKです。



    IG証券はキャンペーンだけでなく、FXやCFD、ノックアウトオプションでも非常におすすめです





    IG証券はこのキャンペーンだけでなく、実際に使用口座としても非常に優秀で、

  • ユーロ/ズロチという個人的にイチオシの通貨ペアで、スワップ年利益率30%も狙えて一番条件が良い

  • 取引銘柄が17,000以上と、とにかく為替から株価指数、金・原油等の商品、米国株や中国株まで何でも揃い、IG証券になければ諦めた方がいいというレベルで品ぞろえが豊富

  • ノックアウトオプションという、資金効率が非常に良く、またリスクもオプション料に限定されて、仕組み的に追証や想定以上の損失といったことがありえない取引ができる

  • Amazonやアルファベット(Googleの親会社)、ファイザーやモデルナ等、個別株の取引も可能で、これについてもレバレッジを効かせてトレードができる


  • という点で、投資初心者から「リスクを限定しながら、資金効率よく大口トレードをしたい」という上級者まで、幅広くおすすめできる会社です。



    【関連記事】

    IG証券のEUR/PLNスワップがやばいことに!スワップ年利益率も解説

    IG証券の長所・短所と評判 | 海外FXよりおすすめです

    ノックアウトオプションのメリット・デメリットとは | 特徴や取引方法も解説



    このようにかなり使い勝手の良い口座で、キャンペーンも簡単に1.5万円もらえるというように、はっきりいって破格の口座開設キャッシュバックもあるので、是非この機会にどうぞ。



    このキャンペーンは先着300名限定となっているので、まだ口座を持っていない人は、まず口座開設をお早めにどうぞ。キャンペーン期間が3月からまた新しくなったので、今がチャンスです!



    口座開設は


    IG証券
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。



    またキャンペーンについては、以下から申し込む必要があるので、口座開設後はキャンペーン規約をお読みの上、キャンペーンに申込むようにしてください。


    キャンペーン申込リンク:IG証券キャンペーン情報

    関連記事