トルコリラ、暴落上等で100万円公開運用!スワップ年利益率70%を目指す設定と実績

【超お得】当サイト限定の特別口座開設キャンペーンまとめ

【限定特典付き】選ぶだけで簡単に年利益率30%の自動売買!?トライオートFXの設定と実績

1,000万円を公開運用中!Yukiの公開ポジションの設定と実績一覧

今安値圏で、スワップ年利15%も狙えるドル/フランの見通しと戦略を解説

FX以上に高い資金効率+追証絶対なしの新商品、ノックアウト・オプションとは?先着600名限定で破格のキャンペーンも!

最強の自動売買現る!?300円から自動売買ができてスペックも最強、松井証券の公開運用設定

【利回り40%近く】ループイフダン豪ドル/NZドル VS コアレンジャー比較

トライオート、ユーロ/ズロチやドル/カナダドル、メキシコペソ円の追加決定!特徴を解説

2023年11月25日 17:49

※:本記事にはプロモーションを含みます。

triauto renewal



トライオートでは、2023年12月にリニューアルが決定し、そこで取引画面リニューアル、新通貨ペアの追加、テクニカルビルダー機能の追加が発表されました。

参考URL:トライオート リニューアル



新取引ツールについては、より「使いやすく」「速く」「セレクトにリスク評価やルールの説明等が追加」という感じで、具体的なところについてはリリースを待たないと分からないなという感じですが、ただ他のFX会社でも人気の運用成績カレンダー機能が追加されるという点は分かりやすいポイントかなと思います。



calender-min.png



また通貨ペアについては、「ドル/カナダドル」「ユーロ/ズロチ」「メキシコペソ/円」の3通貨の追加が決定しました。



tuika pea-min



個人的に一番注目しているのはユーロ/ズロチで、この通貨ペア、「ユーロとズロチの連動性が高く、レンジになりやすい」「売りでスワップが貰える」という点で、昔から人気の通貨ペアだったのですが、ズロチがマイナー通貨すぎて他の自動売買では取扱いがなく、これまでは裁量トレードの会社で半自動売買的にやるしかなかったのですが、トライオートだとついに自動売買でも取引できるようになります



【ユーロ/ズロチ 月足チャート】
EURPLN chart1125-min



このように、ある程度レンジになりやすく、しかも「急上昇した後に急落する」という特徴もあるので、かなり自動売買向きの通貨ペアで、実際に私ももう少しレートが高い時には半自動売買運用もしていました。



この通貨ペアについては、私自身も過去に様々な雑誌のインタビューでも解説してきたこともあるように、かなりお気に入りの通貨ペアで、トライオートだと自動売買設定を作ればバックテストもできるので、導入された後はぜひ色々と研究して、新設定として出せそうなら公開運用にも追加しようと思っています。



またドル/カナダドルについても、レンジになりやすい通貨ペアとしてトラリピ等でも非常に人気ですが、こちらも今回追加されます。



【ドル/カナダドル 月足】
USDCAD chart1125-min



こちらもやはり「トライオートのバックテスト機能」が使えるのがありがたいポイントで、「結局ドル/カナダドルは、どういうルールでやるのが良さそうか」というのを検証して、こちらも良い設定がありそうであれば公開運用にも追加したいと思っています。



最後のメキシコペソ円については、元々「高金利通貨の優等生」として人気が高く、最近は為替も非常に強い通貨ペアとなっています。



【メキシコペソ円 月足】
MXN chart1125-min



この通貨ペアについては、個人的には「さすがに高すぎる」と思っており、今すぐに新設定を追加するつもりはありませんが、ただトレンドフォローで買い上がりながらスワップを貰うような戦略を考える場合には面白い通貨ペアで、かなり人気の通貨ペアでもあるので、誰かが面白い設定を考えるのではないかなと思っています(完全に他力本願ですがw)



トライオートの場合、自分で設定を考える以外にも、他の人が作った戦略も選ぶだけで簡単に再現できるので、その点でこれらの通貨ペアの追加は、非常にありがたいと思ってます。



また、最後におまけのように「さらにこんなポイントも進化」という感じでさらっと書かれてますが、個人的に期待しているのが「約定力が大幅に向上」という点で、今のトライオートだと約定力はトラリピよりはかなり上、ループイフダンと同程度、松井証券よりは弱い、くらいの体感ですが、これが強くなってくるというのはかなり期待できるポイントだと思っています。



yakujouryoku-min.png



このように、今回のリニューアルはかなり期待できそうで、特にユーロ/ズロチがついに自動売買で取引できるようになる点と、ドル/カナダドルやメキシコペソ円についてもバックテスト機能が使えるようになるというのは、個人的には非常に楽しみにしています。



私自身もユーロ/ズロチやドル/カナダドルについては設定を考えて、良さそうな戦略があれば公開運用にも追加していくので、興味がある方はぜひ今のうちからご準備下さい!



なお、トライオートについては、当サイトからの口座開設限定で、私が書き下ろしたトライオートの完全攻略ガイド+3,000円の追加キャッシュバックまで貰えるので、まだ口座を持ってない方はぜひこちらから口座開設してください!



トライオートの自動売買機能は、よく「自分で設定を作るのが難しい」と言われますが、実はあることをすれば簡単に設定できて、そしてバックテスト機能まで無料で使える等、使いこなせれば非常に便利なものです。



そうしたトライオートでの自動売買の作り方から、バックテスト機能の使い方や注意点、他の人の設定を選ぶときのポイントまで、まさにトライオートの全てを徹底解説した自信作なので、興味がある方はぜひ貰って下さい!



口座開設は

インヴァスト証券
button2.png

からできます。



なお、レポートの内容は👇の記事でチラ見せしているので、中身が気になる方はこちらもご覧ください(リンク先からの開設でもレポートは貰えます)


関連記事

ユーロ/コルナ(EUR/CZK)の最新見通しと投資戦略2023年11月

2023年11月18日 19:54

※:本記事にはプロモーションを含みます。

ユーロコルナ-min



今回は最近上がってきたユーロ/コルナについて、何故最近上がっているのかや、今後の見通し、私の追加ポジションについて解説します。



この通貨ペア、長期で下落基調にあって、今は下落トレンドラインの辺りまで反発している、そして売りでスワップが貰えると、非常に面白い通貨で、私も最近またポジションを追加したようなものなので、ぜひ最後までご覧ください!



この記事を要約すると以下の通りです。

  • ユーロ/コルナは、長期で下落基調にある通貨ペアで、今はちょうど下落トレンドラインの辺りまで戻って来たくらいの位置にある

  • 最近上がっているのは、下がりすぎの反動に加えて、チェコの利下げ観測や、CNB(チェコの中央銀行)が為替介入を停止し、「これ以上のコルナ高を望んでいなさそう」ということから、コルナが対ユーロで安くなっているのが原因

  • 今後についてはファンダメンタルズ的にはチェコの利下げ観測もあり、コルナが対ユーロで弱くなりそうな一方で、ズロチやフォリント等、他の既に利下げが始まってる東欧通貨ペアだと、逆に利下げ後に「事実の買い」なのか対ユーロでも強くなっていることから、ここで反落する可能性も割とありそう

  • CNB(チェコの中央銀行)はEUR/CZKのレートを2025年まで今の24台くらいで予想しており、「これより高くも、安くもしたくなさそう」という感じ

  • 今裁量で入るなら、私は23.5くらいを利確目安にして、逆に26.5までは耐えるように、20万円1単位くらいで考える

  • IG証券だとユーロ/コルナのスワップポイントが1日102円くらい貰える(ECB最終利上げ以降の1日当たり平均)ので、この戦略だとスワップ年利益率換算で18%くらいは狙えて、その上為替差益も狙える




  • IG証券はロンドンに本社を構えるグローバルな金融機関であるIGグループの日本拠点で、元々ヨーロッパ系の通貨の取扱いは多いのですが、当たり前のようにEUR/CZKのようなマイナー通貨も扱っており、スプレッドも原則固定ではありませんが、欧州市場が開いている時間帯だと大体0.025で安定しています。



    IG EURCZK-min



    これはチェココルナ円で人気のみんなのFXやLIGHT FXよりもスプレッド割合で見ると約1/3の水準であり、かなり良い条件となっています。



    IG VS traders1118-min



    【確認時点スクショ】
    IG EURCZK-min



    minna czk-min



    light czk-min



    こんな感じで条件も良いので、私が既に持っているユーロ/コルナのポジションもIG証券で持っています。



    既に持っているのは「40万円1単位でリーマンショックレベルのものにもある程度耐えるスワップポジション」という前提のもので、今回のは「20万円1単位でもう少しリスクを取りながら、為替差益も目指す」という感じで若干コンセプトは違いますが、こちらの方がリスクは高いものの、必要資金も少なく、狙える利益率も高いので、興味あればぜひご検討ください!



    なお、このEUR/CZKも取引できるIG証券については、期間限定・先着600名限定で最大5万円キャッシュバックを貰えるキャンペーンをやっていて、この先着期間が11月に更新されたばかりなので、まだ口座を持ってない人にとっては大チャンスです。



    この先着限定キャンペーン、最大5万円のうち

  • IG証券に口座開設+Twitterフォロー+キャンペーン申込

  • 口座申込後30日以内に初回取引で5,000円(FX,CFD共通)


  • というように、かなり簡単な条件でも5,000円までは貰えるので、是非この機会にお早めにどうぞ!



    口座開設は

    IG証券
    application_orange_b_320_100.png

    からできます。



    以下の順番で書いていきます。


  • ユーロ/コルナはどういう通貨ペアか?

  • ユーロ/コルナが最近上がってる理由

  • ユーロ/コルナの今後の見通しと投資戦略




  • ユーロ/コルナはどういう通貨ペアか?





    ユーロ/コルナは買いであれば「ユーロを買って、同じだけチェココルナを売る」という通貨で、私は基本的に売り(=チェココルナを買って、ユーロを売る)で取引している通貨ペアです。



    この通貨ペアの特徴として、

  • ユーロとコルナは連動性が高い通貨ペアなので、レンジが狭め

  • 長期では下落基調にあり、売りに優位性あり

  • 金利としてはコルナ>ユーロなので、売りでスワップも貰える


  • という特徴があります。



    【ユーロ/コルナ 長期チャート】
    EURCZK chart1118long-min



    最近で言うと、大きく上がったイベントとしては

  • 2008年のリーマンショック

  • 2013年にチェコがコルナ安誘導の為替介入を行った時

  • 2020年のコロナショック

  • 2022年のロシアのウクライナ侵攻


  • という感じで、リスクオフの時にはさすがに上がる(ユーロの方が強い)ものの、それ以外の時は大体下がり、継続的に介入をし続けた2013年の上昇を除けば、基本的にそう遠からず戻すという特徴があります。



    そのため、私は基本的に売り目線で見ており、最近は「下落トレンドラインの辺り」まで戻って来たことから、追加投資をすることを決めました。



    ユーロ/コルナが最近上がってる理由





    では何故ユーロ/コルナが最近上げているかというと、これは大きく「下がりすぎの反動」「チェコの利下げ観測」「CNBの為替介入制度の終了」という3つの要因があります。



    まず下がりすぎの反動については、先ほどの長期チャートを再掲しますが、今年の前半くらいまでユーロ/コルナは下げ続け、リーマンショック以降破れていなかった24の下値も突き破っての下落にありました。



    【再掲 ユーロ/コルナ長期チャート】
    EURCZK chart1118long-min



    チェコの政策金利は2022年6月に7%になって以降は据え置きが続いており、その一方でECBは逆に2022年7月から利上げを始めて今では4.5%になっており、私も今年の上旬くらいまでは「なんでこんな環境で下げ続けてるの。こわ」みたいな感じで言っていたので、24を超えるくらいの時は、むしろ「23台まで落ちたの何だったの」と思いながら見ていましたw



    次のチェコの利下げ観測については、2023年の夏くらいからは「そろそろチェコは利下げする」と言われており、そして今月まで据え置きが続いていますが、さすがに来年には利下げがあるだろうと予想されるようになってきました。



    ECBについても2024年中に1%の利下げが織り込まれてきましたが、とはいえ開始時期はまだ先と思われているのに対し、チェコは「逆に年内に利下げをしないのか」くらいの見方をされているように、利下げ時期はチェコの方が早そうで、しかも下げ幅も大きそうだと予想されているのがユーロ/コルナにとっての上昇要因でもあります。



    そして最後の為替介入の停止については、CNBは2023年8月の会合でコルナ安是正の為替介入の終了を発表したというのがあります。(参考:Trading the Czech Koruna: What To Know 2023/8/24



    最近は為替介入を特にしておらず、実質的な意味は少ないものの、チェコの中銀として「これ以上積極的にコルナ高にしたい要因はない」ということを明示した意味は大きく、そうした点でもユーロ/コルナは上昇(コルナ安)方向に動いています。



    ただ、このことは裏を返せば「これ以上のコルナ高は望まないが、必要となれば再開もできる」ということで、実際上の記事でも、コメルツ銀行のエコノミストのコメントとしても「新たな緊急事態が発生した場合、CNBは新たな発表を行い、介入を再開する可能性がある。したがって、市場の反射的な反応によって生じた通貨安は、今後数四半期のうちに反転する可能性が高い」とされております。



    ユーロ/コルナの今後の見通しと投資戦略





    ではユーロ/コルナについて、今後の見通しと投資戦略を書くと、個人的にはこの辺りで20万円1単位くらいで売りを持つことをイメージしており、これだとCNBが90%以上の確率で収まると予想している26.5の上値まで耐えつつ、スワップ年利益率18%も目指せるという感じになります。



    もちろんスワップ利益率については、今後チェコが利下げする中で下がることも想定されますが、ただ過去の金利推移やECBも利下げ見通しが強まっていることからして、ユーロとコルナで金利差が逆転する可能性は高くないと予想しているので、少なくともプラスは維持されるだろうと考えています。



    まずユーロ/コルナについては、今がちょうど下落トレンドラインの辺りに来ております。



    【ユーロ/コルナ チャート】
    EURCZK chart1116-min



    上でも書いたようにチェコの利下げは近づいており、普通に考えれば「このまま上昇」ということもありえそうですが、ただしチェコより先に利下げを行っている同じ東欧通貨のポーランドズロチやハンガリーフォリントについては、何故か利下げ後にユーロより強い状態となっており、そうした点から、実際の利下げがマイナス要因にならない可能性もあるのではないかと考えています。



    なので、この辺りで反落する可能性もそれなりにあると見ており、今は軽めに持って、25辺りでさらにポジションを追加、みたいな形で考えています。



    ちなみにユーロ/コルナについてはCNBも将来予想を出しており、今後は24前後で安定して、90%の確率で26.5くらいまでに収まるだろうとなっております。



    【CNBの出している将来予想】
    CNB forecast1117-min



    【CNBのユーロ/コルナのレート予想(レンジあり)】
    EURCZK forecast CNB-min

    出典:CNB forecast – Autumn 2023



    上でも書いたように、CNBはコルナ高やコルナ安に対抗して為替介入を割とする中銀で、そしてそのどちらもきちんと効果を持った(2013年はコルナ安にする方向、2022年からはコルナ高にする方向)ことから、基本的には24前後で安定しつつ、場合によっては上下に振れる、という感じで予想しています。



    そして、今を24.5として、26.5まで耐えるという前提で計算すると、1単位約20万円と出たので、私は20万円1単位でポジションを持つことにしました。



    EURCZK losscut265-min



    ユーロ/コルナのスワップは、ECBの最後の利上げがあった9/14以降に発表のあったレートで計算すると、平均102円なので、年換算すると37,116円で、1単位20万円として、年利益率18.6%となります。



    チェコの今後の利下げについては、今時点だと年内最後の12/21の会合では据え置きが予想され、早くて来年2月と考えられているので、当面はこの水準が続き、それ以降はチェコやECBの利下げペース次第となりそうですが、過去の金利水準を見ていても、コルナ<ユーロとなる可能性は高くないと思われるので、プラス水準は維持されるだろうと考えています。



    そのため、私はこの24.5の辺りで20万円1単位でポジションを追加することにして、今後上がってきたらまたポジションを増やしたいと考えています。



    以上がユーロ/コルナの見通しと投資戦略でした。



    ユーロ/コルナについては非常にマニアックな通貨ペアですが、IG証券で取扱いがあり、上でも書いたようにスプレッドやスワップの条件も良いので、今回もIG証券でポジションを持つこととしました。



    IG証券は、EUR/CZKという通貨ペアも取り扱っているように、とにかく取扱い銘柄数が多い会社で、FXではこうしたマイナー通貨も対応し、CFDでは株価指数・金や原油等の商品、さらには個別株まで合計17,000銘柄以上取扱いがあり、私も何か面白そうなネタを思いついたらまずIG証券で扱ってるかを調べる(そして大体ある)というような会社です。



    またそれ以外にもノックアウトオプションという、少額から取引できて、はじめに指定したノックアウト価格で必ず損切される金融商品がトレード可能(これについては2社しかトレードできるところはなく、株価指数や商品も取扱いがあるのはIG証券のみ)という特徴もあり、とにかく「色々な投資をやってみたい」という人は是非持っておきたい口座と言えるので、まだ持ってない方は是非この機会にどうぞ!



    なお、このIG証券については、期間限定・先着600名限定で最大5万円キャッシュバックを貰えるキャンペーンをやっていて、その期間が11月に更新されたばかりなので、まだ口座を持ってない人にとっては大チャンスです。



    この先着限定キャンペーン、最大5万円のうち

  • IG証券に口座開設+Twitterフォロー+キャンペーン申込

  • 口座申込後30日以内に初回取引で5,000円(FX,CFD共通)


  • というように、かなり簡単な条件でも5,000円までは貰えるので、是非この機会にお早めにどうぞ!



    口座開設は

    IG証券
    application_orange_b_320_100.png

    からできます。



    関連記事

    トライオートFXへの口座開設で、当サイト限定レポート+3,000円が貰えます!

    2023年11月11日 22:45

    ※:本記事にはプロモーションを含みます。

    toriauto report samune-min




    当サイトからトライオートFXへの口座開設で、当サイト限定のトライオート攻略ガイド+3,000円のキャッシュバックが貰えるようになりました!



    インヴァスト証券 トライオート



    条件としては、

  • 限定レポート:当サイトからの口座開設完了

  • 3,000円のキャッシュバック:口座開設完了後、翌月末までに自動売買で10万通貨以上の取引(新規注文、南アフリカランド/円、トルコリラ/円の場合は取引数量を1/10)


  • と、レポートだけなら口座開設完了で貰えるので、非常に簡単な条件となっています!



    このレポートは、「トライオート完全攻略ガイド」というタイトルで、その名の通り「トライオートで自分で自動売買設定を作る方法から、バックテスト機能の使い方、他の人が作った設定を選ぶときにどういう点を重視するか」というのまで、実例や画像も付けて徹底的に解説したものです。



    トライオートのビルダー機能で自動売買設定を作れるのは知ってるけど、画面も複雑で難しそう・・・・と思っている方も多いと思いますが、実は「あること」をすれば、実質的に他のリピート系自動売買とあまり変わらない感じで設定できて、そのやり方も解説しています。



    triauto report1-min



    triauto report2-min



    またトライオートでは自分で作った設定を即座に無料でバックテスト可能で、そしてそのバックテストにはスプレッドやスワップ、手数料、金利・貸株料の影響や、含み損益等も考慮されているという、かなり素晴らしい機能があります。



    ただし、このバックテストについては、実は出た数字をそのまま信じすぎるとかなり危ない場合もあり、ではどういう点に注意すべきかや、では私はどういう観点でバックテストを見ているのかについても解説してます。



    triauto report3-min




    triauto report4-min



    私はこれまで自分でバックテストエクセルを作ったこともあったり、またこのトライオートのバックテスト機能も色々と使いまくったりしていますが、「具体的にバックテストでどういう点を注意すべきか」というのは、そういや書いたことがなかったよなあと思ったので、この機会にこのレポートに盛り込んでみました。



    さらに、他の人の自動売買をワンタッチで再現できるというのもトライオートの魅力ですが、「他の人の設定を選ぶ場合にどういう点に注意すべきか」についても、具体的な事例も踏まえて解説し、また、私自身の設定についても、「その視点から見るとどう見えるか」というのも解説しています。



    triauto report5-min



    triauto report6-min



    当サイトは色々な自動売買系の会社ともタイアップしており、「自動売買設定の作り方」という点だと、他のレポートともそこまで代わり映えしないというのが正直なところですが(笑)、ただトライオートの場合、バックテスト機能や、他の人の自動売買を選ぶだけで簡単に再現できるなど、「ここでしか使えない機能」も多いので、このレポートにしか書いてない内容がかなり多くなっており、ぜひ読んでほしい内容となっています。



    これだけ色々と書いたレポートが口座開設だけで貰えるというのは正直かなり破格の条件なので、まだトライオートFXの口座を持っていなければ、ぜひこの機会にどうぞ!



    口座開設は


    トライオートFX
    button2.png


    からできます。


    関連記事