FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FXスキャルピングおすすめ業者2019年

【資産運用おすすめ】10万円から投資可能!Yukiの実績公開ポジション一覧

トルコリラ見通し予想2019年 | 2018年急落の原因と今後の長期見通し

スワップポイントで選ぶFX業者ランキング2019年(毎週更新)

FXスキャルピングで口座凍結!?スキャルピング禁止の真偽と口座凍結対策

【利回り39%】ループイフダン豪ドル/NZドル VS コアレンジャー比較

【初心者向け】FX投資戦略マニュアル+5,000円プレゼント!セントラル短資FXとタイアップ!

【為替リスクを抑えて利回り10%超】何故ズロチ・ユーロサヤ取りをはじめるなら今がおすすめなのか?

メキシコペソ見通し2019年 | メキシコ経済・為替今後の予想

【ドル円予想】2019年の相場見通しを、トレイダーズ証券井口喜雄氏に取材

為替リスクを抑えて収益率10%!?両建てにおすすめの高金利通貨は?

【当サイト限定】お得な特別口座開設キャンペーンの一覧まとめ

物価水準目標(インフレターゲット)と為替の関係~円安?円高?どっちに動く?~

2012年12月21日 22:06

さて、まずはみなさんが一番気になっているであろう、「もし物価水準目標(インフレターゲット)という政策が採られたら、為替はどうなるの?」という部分からお答えしたいと思います。





結論から先に書くと、もしインフレターゲットが導入された場合まず間違いなく短期的には円安方向に向います。




というのも、インフレターゲットというのは、要するに例えば「インフレ率を1~3%の間にします。できなかったら日銀総裁が責任を取ります」ということを明言するやり方であって、今のようなデフレの環境でやると、「日銀はとにかく金融緩和をして市場にお金を流すことで、デフレ脱却をする」というように、ほぼ確実に金融緩和の方向に動くからです。




そして、金融緩和をすれば円安方向に向かいます。これについては、金融緩和で円安になる理由で詳しく解説しているので、こちらを御覧ください。




なので、物価水準目標が安倍さんの言っているように導入されたら、短期的には確実に円安に向かうと考えられます。






さて、ここまでが為替との関係で、ここから先は「インフレターゲットって何?」ということについて、より詳しい話をしたいと思います。FXをやる上で、実際の経済を理解しておくのは不可欠なので、ここで帰ったりしないで最後まで見てくださいね(笑




実は世界で採られている金融政策というのは、大きく2つにわけることができます。それは、「何かの指標で目標値を立て、それを達成するように政策を行う」というのと、「何か特定の指標にこだわらず、総合的に判断して政策を行う」というものです。





先程も説明したようにインフレターゲットとは「インフレ率」を目標にしてその達成を公約するわけですから、典型的な前者の例で、今の日本はインフレ率も視野に入れた政策をとっているものの、日銀の表明では後者の「全体のバランスを見ながら政策を行う」というスタンスをとっています。





割りと勘違いされがちなのですが、ここでポイントなのは、「目標を設定する」というところではなく、大事なのは「目標を公言する」というところだったりします。それは何故でしょうか?




それを考えるために、インフレ率の目標を「こっそりと」持って日銀が政策をしているのと、実際に「公言する」ので何が違うか考えてみましょう。




その違いは、大きく2つあり、


1 目標を達成するために色々な方法をとることについてのプレッシャーが高まり、金融緩和など、デフレ脱却のための政策を実際にとる可能性が高まる(金融緩和については、、金融緩和で円安になる理由で詳しく書いているので、そちらもご参照下さい)


2 今のように目標よりインフレ率が低い、いわゆるデフレの状況では、「日銀はあらゆる手を使ってデフレ解消をしようとするだろう」と市場が予想し、その結果ある種予言の自己実現的にデフレが解消していくというものです。




「1についてはわかるけど、でも予言の自己実現なんて、そんなにうまくいくものなの?」とおもわれるかもしれません。ですが、これは「デフレというのがそもそも何故深刻化するのか」というのを考えるとわかりやすいと思います。




デフレには色々原因がありますが、その中の少なからぬ要素の一つに、「デフレ不況が続くから、今はお金を使わないで貯めておかないと、将来どうなるかわからない」というものがあります。




こうした心理に対して、まず実際に日銀が金融緩和をする(=貸し出し金利を引き下げて銀行がお金を借りてくれるようにする、国債を買って市場にお金を流す等)ことで市場にお金が流れ、それもよって企業はお金を借りやすくなって潰れたりリストラをしたりせずにすみ、その結果失業率の改善などで「未来は暗くない」ということを思わせられるようになります。




そして、そうした人が今までやっていた「苦しい倹約」をやめれば、企業は物が売れるので業績が向上し、さらに「未来は明るい」という状況になっていきます。




こういう正のスパイラルが働いて、デフレ脱却が可能だというのがこのインフレターゲットの考え方です。





ここでこう思うかもしれません。「あれ?そのままスパイラルが起こり続けたら、今度はインフレスパイラルになって、やばいインフレになるんじゃないの?」と。




実は、これについてはインフレターゲットについての完全な誤解から来ている批判です。





何故なら、インフレの目標値には「上限」もあり、仮に上限を超えるようなことがあれば、今度は「あらゆる手段を使ってインフレ率の引き下げを行う」ようになるからです。そのための方法としては、金融緩和と真逆のことを行えばよく、例えば日銀からの貸し出し金利を高くすることで銀行がお金を借りにくくしたり、あるいは持っている国債を市場に売ることで、市場からお金を引き揚げることができるのです。





なので、インフレ期待がどこまでも上がっていってハイパーインフレ・・・・・というようなのはインフレターゲットについての誤解であって、本当のデメリットは全く別のところにあるのです。





さて、長くなりましたので、インフレターゲットについての説明はここまでにして、次回にその「本当のデメリット」を解説したいと思います。




これだけ見ると「インフレターゲットいいじゃないか!」としか思えないでしょうが、実はちゃんとデメリットもあるので、是非次回も見て下さいね(笑






ただいまブログランキングに参加しております。もしよろしければ、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ





トップに戻る