FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FXスキャルピングおすすめ業者2019年

【資産運用おすすめ】10万円から投資可能!Yukiの実績公開ポジション一覧

トルコリラ見通し予想2019年 | 2018年急落の原因と今後の長期見通し

スワップポイントで選ぶFX業者ランキング2019年(毎週更新)

FXスキャルピングで口座凍結!?スキャルピング禁止の真偽と口座凍結対策

【利回り42%】ループイフダン豪ドル/NZドル VS コアレンジャー比較

【初心者向け】FX投資戦略マニュアル+5,000円プレゼント!セントラル短資FXとタイアップ!

【為替リスクを抑えて利回り10%超】何故ズロチ・ユーロサヤ取りをはじめるなら今がおすすめなのか?

メキシコペソ見通し2019年 | メキシコ経済・為替今後の予想

【ドル円予想】2019年の相場見通しを、トレイダーズ証券井口喜雄氏に取材

為替リスクを抑えて収益率10%!?両建てにおすすめの高金利通貨は?

【当サイト限定】お得な特別口座開設キャンペーンの一覧まとめ

テクニカル解説~RSIの使い方とダイバージェンス~

2010年05月22日 14:51

今回は、オシレーター系指標の代表格ともいえる、RSIについて解説を行いたいと思います。前回のボリンジャーバンドについての記事でも何度か出ている言葉ですが、オシレーター系指標とは何かということをまず説明します。





まず、テクニカル指標は大きく二つに分けられると言われています。一つがトレンド系、もうひとつがオシレーター系です。前者のトレンド系というのはまさに読んで字のごとく、「トレンドがどうなっているか」をビジュアルで表現するものです。前回紹介したボリンジャーバンドや、そもそもみなさんが普通に使っているロウソク足や、トレンドラインを引くというのも立派なトレンド系指標と言えるでしょう。他には、移動平均線や酒田五法などもトレンド系に分類されます。




一方、オシレーターというのは振り子の意味で、その名の通り、「相場がどちらに振れそうか」というのを見るものです。振り子が端まで行けば逆に振れるのと同様に、相場もいくところまでいけば戻るし、それまでは一つの方向に動くだろうというように考えるものです。有名なところでは、今回解説するRSIやストキャスティクス、MACD等があります。






それでは、次にRSIとはどういうものかを説明したいと思います。これは一般的にはよく「売られすぎか買われすぎかを見る指標」と言われますが、厳密にはそれは間違いで、「値上がりや値下がりのペースはどうか」というものを示す指標です。つまり、これで分かるのはあくまで「値段の動き」であって、「買われているか売られているか」なんていう、本当の市場の需要と供給が分かるような、そんな魔法のようなツールではないということにはご注意ください。割とよくそういう勘違いを聞くので。




そして、このRSIは0から100の間で推移し、一般的には30以下なら下がりすぎ、70以上なら上がりすぎなので、反転するのではないかと言われており、20以下になったり80以上になったらかなりはっきりしていると言われます。




もう少し詳しく解説しますと、まず、この指標の計算式は、



RSI.jpg




となっております。




ですから、例えばずっと値上がりがつづいていて、値上がり幅が99、値下がり幅が1とかなら(ちなみに、値下がり幅が0なら計算できませんが、現実的にそんなことはありえないでしょうから、あまり考えなくていいと思われます)、100-1/1+99=100-1/100=99.99となり、値上がりの合計が値下がりの合計に比べて大きければ大きいほど、数値も大きくなります。





一方、逆に値上がりが1、値下がりが99なら、


RSI2.jpg



となります。つまり、先程とは逆に、値下がり幅が大きければ大きいほど、RSIは小さくなるということですね。




数学が苦手な人は頭が痛くなったかもしれませんが、オシレーター系の指標の意味を理解するには、まず計算式をきちんと理解し、「何をやっているのか」というのを理解しないと使いこなせないので、先程私がやったように、「計算が簡単になりそうな数字を入れてみて計算してみる」というのをやることをおすすめします。






このように、値上がり幅が大きければ大きいほどRSIは大きく、逆に小さければ小さいほどRSIは小さくなるので、「値上がりや値下がりのペースはどうなのか」というのが分かる指標です。




この使い方としてよく言われるのを、2つ説明したいと思います。




① 上でもちらっと説明したように、RSIが30を切れば値下がりしすぎなので買い、70を超えたら値上がりしすぎなので売りなどのように、一定の数値を超えたら売買を行うことで、逆張りをおこなうというのが一つのやりかたであります。




ただ、これはどんなテクニカルの指標でもそうなんですが、もし何か大きなイベントとかがあって、それのせいで値上がりや値下がりが起こっているのであれば、どれだけ値上げしようとも上がるところまで上がりますし、どれだけ値下げしようとも値下がり続けますので、損切りはきちんと入れるようにしましょう。損切りの仕方については、以前の損切りについてという記事で損切り金額の設定の仕方まで詳しく解説しているので、こちらもご参照ください。





ですが、この指標のすごいところは、上で書いたように、確かに「何かがあって上がっている時」には数字だけを見ても意味がないのですが、実は、その推移をみることで、「そろそろ反転しそうだから、利益を確定させる」というような使い方もできることです。それを次に解説します。





② ダイバージェンス



タイトルにも入れるくらい重要なことなんですが、このダイバージェンスというのは、「相違」という意味です。つまり、例えば価格はまだ上がっているけど、でもRSIは下がりはじめているというのや、逆に価格は下がっているけどRSIは上がりつつあるみたいな状況を示します。





これが何故起こるかという理由を説明すると、たとえば3期間あって、価格は上がっているが、RSIが90、88、82だったとしましょう。これなら、当然RSIをチャートで見ると下がっています。では、その時何が起こっているのか。





上でも書いたように、RSIは一定期間の値上がり幅の合計と値下り幅の合計から算出されるものですから、つまり、それまでに比べて「値上り幅の増え方」のペースが落ちていると言うことです。つまり、確かに値上がりはしているものの、そのペースがすこしずつ鈍化しているということですね。






これが何故起こるのかと言うと、ある程度値段が上がっていくと、利益を確定させるために売りを入れたり、「そろそろやばいんじゃないか」と買い控えが起こり、値上がりを抑制する圧力が出てくるからです。その一方で、「乗り遅れてたまるか」とばかりに買う人もいるため、結果値上がりの圧力が値下がりの圧力に勝って、価格は上がっているという状態です。





ですが、それでも価格の上昇が鈍化するくらいの値下げの圧力があるわけですから、普通に考えれば、これはそろそろ手仕舞い時となるのではないでしょうか。そして、特に為替の業界では、まず情報力の強い大手の機関投資家が利益を確定させて出て行くというパターンが多いため、これ以降、これに追随して市場が売りに回る可能性はかなり高いんですね。






ですから、このようなダイバージェンスが出た場合、そろそろ利益の確定時として、ポジションを決済するというのが望ましいです。




もちろん、その後もさらに伸び続ける可能性もありますが、その利益も狙いたいと言うのであれば、こちらの5/7の雇用統計発表時の為替の動きの記事でも書いたように、ポジションの半分を決済して、残り半分も損切り額をあげるという方法を私はよくやりますし、割とこれで稼ぐことができていますので、おすすめします。






さて、今回まで2回連続でテクニカルについて解説したので、次はファンダメンタルズについて解説したいと思いますので、次回もよろしくお願いいたします。









ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ    ブログ為替レート    FXランキング





トップに戻る

FX戦略研究に戻る