FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FXスキャルピングおすすめ業者2019年

【資産運用おすすめ】10万円から投資可能!Yukiの実績公開ポジション一覧

トルコリラ見通し予想2019年 | 2018年急落の原因と今後の長期見通し

スワップポイントで選ぶFX業者ランキング2019年(毎週更新)

FXスキャルピングで口座凍結!?スキャルピング禁止の真偽と口座凍結対策

【利回り42%】ループイフダン豪ドル/NZドル VS コアレンジャー比較

【初心者向け】FX投資戦略マニュアル+5,000円プレゼント!セントラル短資FXとタイアップ!

【為替リスクを抑えて利回り10%超】何故ズロチ・ユーロサヤ取りをはじめるなら今がおすすめなのか?

メキシコペソ見通し2019年 | メキシコ経済・為替今後の予想

【ドル円予想】2019年の相場見通しを、トレイダーズ証券井口喜雄氏に取材

為替リスクを抑えて収益率10%!?両建てにおすすめの高金利通貨は?

【当サイト限定】お得な特別口座開設キャンペーンの一覧まとめ

【トルコリラ見通し番外編】みらいチャートで9月のトルコリラ相場を予想

2018年09月07日 16:49

未来予想





今回は、これまでも人気が高く、読者の方から「みらいチャートの見方が分かって勉強になりました」というメールを頂いたり、友人からも「毎月やって欲しい」「他の通貨ペアについても書いて欲しい」等のコメントを貰ったりもしたトルコリラをみらいチャートで見るというのをやっていきたいと思います。


(6月終わりの記事は、【トルコリラ見通し番外編】みらいチャートで大統領選後の推移を予想
7月終わりの記事は、【トルコリラ見通し番外編】みらいチャートで急落後のトルコリラ相場を予想





先月は、ブランソン牧師解放を巡ってのアメリカからの経済制裁や、8/10にわざわざ中期経済計画発表を前倒ししたにも関わらずまさかの具体策なし等によって、トルコリラは大きく下落しましたが、それについてみらいチャートの予想と実際の動きの「答え合わせ」と、今後の見通しを見ていこうと思います。





みらいチャートというのは、みらいチャートの精度と使い方をレビュー | 新機能の売買シグナル追加で詳しく書いておりますが、概要としては、



  • セントラル短資FXのFXダイレクトプラス口座で提供されるツール

  • 過去の為替相場についてのビッグデータを元に、今後の値動きを自動で予想する

  • 移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表、MACD、ストキャスティクス、RSIといったテクニカル指標から売り買いのシグナルを自動で判断




  • といったことができるツールで、ドル円、ユーロ円などの主要通貨だけでなく、トルコリラや南アランドの見通しも見ることもできます。





    そのみらいチャートを使って、あえて政策金利発表前にトルコリラの見通しを見て、今後どうなるかを全く別の視点から確認する、というのが今回の趣旨です。





    なお、みらいチャートを使いたい場合、セントラル短資FX 公式ホームページから口座開設すれば、大体1週間以内に使えるようになるので、みらいチャートを使いたい方は是非どうぞ。





    当サイトから口座開設を行うと、9月中の期間限定で、通常のキャッシュバックに加えて、


  • 当サイトオリジナルのFX投資戦略マニュアル

  • 5,000円の特別キャッシュバック


  • がもらえるので、口座開設は今当サイトから行うのがおすすめです。(投資戦略マニュアルの内容などについては、【限定レポート】セントラル短資FXと当サイト限定レポートタイアップで詳しく書いてあるので、興味のある人はそちらもどうぞ。なお、この限定キャンペーンは、このページに貼ってあるリンクから飛んでもらえれば、当サイト限定キャンペーンの対象となります)





    口座開設は、


    セントラル短資FX
    セントラルミラートレーダー



    からできます。(口座開設の具体的なやり方は【当サイト限定特典あり】セントラル短資FX口座開設方法の画像付き解説で書いてあります)





    7月のみらいチャートの予想と2018年8月のトルコリラの推移を見比べる







    まず、7月のみらいチャートのおさらいから。先月の見通しでは、日足で1ヶ月前後の推移を見ると、



  • 6つのうち3つで23円後半くらいへの上昇を予想

  • 6つのうち1つで今とほぼ横ばいの水準を予想

  • 6つのうち2つで22円~22.5円くらいへの下落を予想




  • ということで、上下どちらにいってもおかしくない難しい相場という見通しとなっておりました。





    実際には、ご存知のようにアメリカの経済制裁や、エルドアン大統領の無策などもあって、トルコリラ円は急落し、7/26執筆時点では23円前後だったのが、8月末には17円前後まで下落しました。





    【2018年8月のトルコリラのチャート】
    TRY august





    悪いシナリオでも22円前後への下落だったので、完全に想定外の下落ということになります(笑





    ただ、みらいチャートがここまで完全に外れるというのは逆に珍しいことで、それはみらいチャートは過去の相場の値動きから近い動きをしたものを参考に未来を予想するツールで、大体どこか似たような動きをしていることはあるためなのですが、今回のトルコリラの動きについては、まさに「前代未聞」と言っていいレベルの値動きだったということが分かります。





    以上が先月の振り返りでした。では、今月の見通しがどうなるかを見ていきましょう。





    2018年9月7日時点で、みらいチャートでトルコリラの今後の見通しを予想







    それでは、次に今月の見通しに移ります。先月と同様、日足で今後1ヶ月強の予想を、週足で1年半くらいの予想を行います。





    まず、トルコリラを日足で見ると、このようになっております。





    【2018年9月7日 トルコリラ日足 同一通貨のみ】
    TRY mirai0907 day try






    【2018年9月7日 トルコリラ日足 全通貨ペア】
    TRY mirai0907 day all





    これを見ると、

  • トルコリラの過去の値動きから見ると、3つのうち2つが下落、1つが17.5まで上昇

  • 全通貨での値動きから見ると、横ばい2つ、1つが15円くらいまで下落


  • と、どちらかというと下落が多い予想となっております。





    先月は予想が完全にばらけており、難しい局面だったのですが、今時点では、チャートだけを見ると、下落する可能性の方が高そうだということが分かります。





    実際には、来週の政策金利発表によって大きく動くことが想定され、この予想がどこまで当たるかは来週になってみないと分からない面もありますが、いずれにしても、テクニカル的に見ると下落可能性が高そうだということが分かります。





    では、次に週足で見てみましょう。





    【2018年9月7日 トルコリラ週足 同一通貨のみ】
    TRY mirai0907 week try





    【2018年9月7日 トルコリラ週足 全通貨ペア】
    TRY mirai0907 week all





    このように、


  • 6つのうち3つが18円までの上昇を予想

  • 6つのうち2つはほぼ横ばいを予想

  • 6つのうち1つは13円台への下落を予想



  • となっており、1年半くらいで見ると、上昇予想が一番多い結果になりました。




    ファンダメンタルズもテクニカルも何でもありで予想しているトルコリラ今後の見通し2018年9月 | トルコリラはどこまで下がる?でも、今はさすがに下がりすぎで、どこかで戻すはずと予想しておりましたが、チャート的に見ても、ある程度それは言えそうだということが分かります(私の予想では20-22円程度までの回復を予想し、みらいチャートでは18円程度までの回復と、上がり幅に違いはあります)





    ただし、その唯一の下落を示したものが、相変わらず2016年2月から2017年4月の期間を見たもので、これはエルドアン大統領のブレーキ役であったダウトール首相が退任した時期の値動きで、今月も同一通貨で見た時の第一近似が、この時の値動きでした(一致率98.5%)





    先月も先々月もこのダウトール首相退任後の値動きを第一近似として出してきて、実際に下げてきたということを考えると、これを単なるマイノリティ票と考えるわけにもいかず、こういうリスクもあるということを前提に考えるべきだと思います。





    以上がみらいチャートで見たトルコリラの今後の見通し予想でした。結論としては、

  • 短期的には下落の可能性が高い

  • 1年半くらいのスパンで見ると、少し戻すというのが基本線だが、さらに下落している可能性もある


  • ということで、自分の肌感覚と合わせても、そんなに違和感のない予想だと思っております。





    なお、このみらいチャートは、セントラル短資FXのFXダイレクトプラス口座を持っていれば誰でも無料で使うことができて、トルコリラ以外にも主要な通貨ペアは見ることができるので、他の通貨ペア(ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、NZドル円や南アフリカランド円なども対応)も見たい場合、口座を持っておくことをおすすめします。




    セントラル短資FXには、当サイトから口座開設すると、9月中の期間限定で、通常のキャッシュバックに加えて当サイトオリジナルのFX投資戦略マニュアル+5,000円の特別キャッシュバックも貰うことができるので、当サイトからの口座開設がおすすめです。




    口座開設は、


    セントラル短資FX
    セントラルミラートレーダー



    からできます。(口座開設の具体的なやり方は【当サイト限定特典あり】セントラル短資FX口座開設方法の画像付き解説で書いてあります)




    Twitterでも、FXや資産運用についての有益な情報や、様々な通貨の見通し、重要イベントや経済指標の結果予想、経済政策へのコメント等をつぶやいておりますので、是非フォローしてください。







    この記事をツイッターで紹介する
     




    【関連記事】

    【限定レポート】セントラル短資FXと当サイト限定レポートタイアップ

    トルコリラ今後の見通し2018年 | どこまで下がる?大統領選の影響は?

    トルコリラFX取引、おすすめ投資方法とFX業者2018 | トルコリラFX比較

    みらいチャートの精度と使い方をレビュー | 新機能の売買シグナル追加






    もしこの記事が参考になれば、下のボタンをクリックして、皆さんにシェアしていただけると幸いです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加