FX業者のせいで30万円以上損してませ
んか?FX歴11年の管理人が教える本当
におすすめのFX会社

【資産運用おすすめ】10万円から投資可能!Yukiの実績公開ポジション一覧

トルコリラはどこまで下がる?トルコリラの今後の長期見通し予想2019年版

メキシコペソ投資は、スワップか自動売買どちらがいいのか?実際に運用して比較

【利回り21%】ズロチ・ユーロサヤ取り+自動売買の新設定を公開!

【利回り40%近く】ループイフダン豪ドル/NZドル VS コアレンジャー比較

【初心者向け】FX投資戦略マニュアル+5,000円プレゼント!セントラル短資FXとタイアップ!

【為替リスクを抑えて利回り10%超】何故ズロチ・ユーロサヤ取りをはじめるなら今がおすすめなのか?

サクソバンク証券のトルコリラスワップが急にトップレベルになった理由は?

2018年10月29日 17:44

FXのスワップ比較記事を更新しようとして、面白いことに気づいたので、紹介します。





トルコリラのスワップといえば、これまではみんなのFXの一強という感じで、今月もそうだろうなと思いながら比較表を作っていると、意外なことが分かりました。トルコリラのスワップの最新ランキングを見てみましょう。(10/29更新)





会社トルコリラ
サクソバンク証券118
外為オンライン(くりっく365)118
ヒロセ通商113
みんなのFX112
SBIFXトレード102
GMOクリック証券【FXネオ】93
インヴァスト証券(トライオート)90






あれ?なんかサクソバンク証券がトップに来てる??





ただ、さすがにこれは高すぎで、今日たまたま高かっただけじゃないか?とも思って、過去の推移も見てみました。すると、面白いことが分かりました。





【サクソバンク証券 トルコリラスワップポイント履歴】
try saxo





10/29追記。10月分を見てもやはりサクソバンク証券のスワップポイントは安定して高い状態を維持しております。
saxo try1029 1



saxo try1029 2






これを見ると分かるように、9月の政策金利利上げ後にスワップポイントも大きく増えており、利上げにともなってスワップが増加していたということが分かります。





この四角で囲った期間の1日平均スワップポイントは114.72円であり、これまでトップを死守してきたみんなのFXの112円よりも高い水準であることが分かります。





1日平均114.72円ということは、365日だと41,875円となり、今のトルコリラの相場が18.5円程度なので、レバレッジ1倍でもスワップ年利回り22.6%と、非常に高い利回りとなります。





(10/2 サクソバンク証券に電話インタビューして追記)
ここまでスワップポイントが高くなっていると、何故こんなにスワップが高くなったのか気になったので、サクソバンク証券に電話で問い合わせてみました。





管理人「最近御社のトルコリラのスワップが非常に良くなっており、9/30時点の数値で見ると、FX会社の中でトップでした。何故このように高いスワップとなったのか、その理由を教えていただけないでしょうか?」





ご担当者様「ありがとうございます。当社のスワップポイントは、スプレッドと同様に、カバー先の金融機関から出てきた数値の中で、一番条件の良いものを自動的に組み合わせてレートを出しております。なので、スワップポイントが増えたのは、利上げによって金融機関から提示されたレートが良くなったことをそのまま反映していることによる影響だと思います」





管理人「なるほど。特に御社で何かされたというわけではなく、市場のレートが良くなったのを、そのまま素直に反映したらこうなったということでしょうか?」





ご担当者様「そうですね。カバー先からレートが来たら後は自動でスワップに反映するというロジックは変えておらず、当社で特に数字はいじっていないので、やはり利上げによって金融機関から提示されたレートが良くなったことが原因だと思います」





管理人「分かりました。ありがとうございます。今後もこうした高いスワップは続きそうでしょうか?」





ご担当者様「そうですね。当社としては、できるだけお客様に喜んでいただけるようなスプレッドやスワップを提示できるよう日々努力しております。もちろん、カバー先からのレートによって、日々スワップポイントも変動しますが、その中でも一番良い条件を組み合わせることで、今後もできる限りよい条件を提示していきます!」





管理人「ありがとうございました!」





このように、サクソバンク証券のトルコリラのスワップが高いのは、中抜きを増やしたりせず、金融機関からのレートをそのまま素直に反映したということが理由のようでした。このあたりは、スプレッドもNDD方式(金融機関から提示されたレートをそのまま出す仕組み)を採用し、透明性や公平性にこだわるサクソバンク証券ならではだと感じました。





サクソバンク証券は、トルコリラのスワップが高いという以外にも、


  • USD/TRYのチャートを見ることができる

  • 米国雇用統計などの指標発表時にも広がりにくいスプレッド

  • AI(人工知能)を使った相場予想ツールであるオートチャーティスト機能

  • FXだけでなくCFD取引も可能で、それらの値動きもチャートに一緒に表示できる

  • 月曜早朝3時からトレード可能で、他のトレーダーに先駆けて取引できる(普通は朝5時から)



  • 等、トルコリラトレードをする上でかなりメリットのある口座なので、トルコリラ投資を考えていて、まだ口座を持っていない人は、この機会に是非どうぞ。





    特に、最近トルコリラ周りでは、週末に大きな事件が起こって、週明けどうなるか、というところが注目されることも増えてきており、そんな中で、まだ他のトレーダーがトレードをはじめる前の午前3時より取引ができるというのは、かなり大きなメリットです。(実際に取引しないにしても、週明けレートの方向感を見るなどの使い方もあります)





    また、サクソバンク証券については、当サイト限定キャッシュバック3,000円ももらえるので、口座開設は、当サイトから行うのがおすすめです。





    口座開設は、



    サクソバンク証券
    application_orange_b_320_100.png



    からできます。





    Twitterでも、FXや資産運用についての有益な情報や、様々な通貨の見通し、重要イベントや経済指標の結果予想、経済政策へのコメント等をつぶやいておりますので、是非フォローしてください。








    この記事をツイッターで紹介する
     






    関連記事