私を反面教師にしてください | 私のFXスキャルピング・デイトレ失敗談

2010年06月09日 23:36

今回の記事は、いつものように何かを解説したりする記事ではなく、単なる私の取引日誌のようなものです。ただし、あまりにひどいので、他の方にも参考になるかと思い、また、自戒の意味もこめて、ここに書かせていただきます。






私の基本的なトレーディングスタイルは、

  • 高金利通貨で、長期的にあがると考えられるものについて、長期でのナンピン買い

  • トラリピでの超長期運用(例えば豪ドルは30円まで下がっても大丈夫なくらいの範囲でやってます)

  • 長期で順張り、短期で逆張りとなるように、ドルやポンドでデイトレード・スキャルピング


  • の3つがメインです。






    長期投資や、超長期のトラリピは、リーマンショッククラスの大事件が立て続けに起こったり、その国がデフォルトでも起こさない限りはまず「失敗」というのがないのですが、今回やらかしてしまったのは、3つめのデイトレードのところです






    デイトレードやスキャルピングでは、次の動きを確実に読みきるということは不可能なので、


  • 確率が高いのは、「上昇」か「下落」かどっちかを読む

  • その確率が高いほうに投資する

  • 世の中当然「確率が低いほう」が実現することもあるので、その場合すぐに諦める



  • の3つが重要となります。





    そして、たとえ自分がきちんと確率の高いほうを読めていたとしても、例えば70%の確率であたるとしても、外れる確率は30%あり、それが3回連続で外す確率も2.7%くらいあり、そのくらいの確率は何十回、何百回とトレードを繰り返すデイトレードではしょっちゅう発生することなので、自分を信じながら、かつ、失敗したときは諦めるという、割と難しいメンタルの持ちようが必要となります。






    なので、「何回も連続で外す」くらいなら、別に特段問題はないのですが、今回はそういうレベルではない「やらかし」をしてしまいました。






    今、私はデイトレなのに1回の取引で7万円も含み損を抱えております。






    含み損の金額は、トレーディングスタイルによっても異なるので、7万円というだけでは伝わらないかもしれませんが、私の取引の1回最大損失額は3万円と決めており、基本的には1万数千円くらいでやっております(その分多く回数をやるという、ある種スキャルピングよりの取引スタイルかもしれません)






    つまり許容最大損失の2倍以上の含み損を一撃で食らったということで、状況によっては一発退場を食らってもおかしくないレベルのやらかしということです。






    では、何故こんなことになってしまったのかというと、あまりにバカらしい理由で逆指値を入れ間違えて気がついたら想定以上の含み損になっていたということです。






    これくらいなら、1~2ヶ月に一回はありますし(トレード回数の多いデイトレーダーには割とありがちな間違いです)、気づいたときにはまだ含み損も3万くらいで、許容範囲ではあったんですね。






    で、私が何をしたかというとあろうことか、ナンピンしました。






    普段あれだけ口を酸っぱくして「デイトレでのナンピンダメ、絶対」とか、「損切りこそがFXで一番重要だ!」と言っておきながら、なにしてるんだという感じですが・・・・・






    言い訳させていただくと、ただ損切りするのが怖かったというわけではなく(3万くらいで損切りなら割とよくやることですし)、単純に私的には完全に買いの状態だったから追加で買ったという理由もあります。






    とはいえ、自分の予想がはずれた状態になれば、とりあえず一旦落ち着くためにも、ポジションを小さくすることはあっても、大きくすることはあってはいけません。






    で、やっぱり予想がはずれて含み損が7万まで拡大したと・・・・・






    今は、もうそのお金は失ったものとして、OCO注文で良くて-3万くらい、悪くて-10万くらいとなるように損切りを設定しました。(気持ち的には損きりして、新しい注文をもう一つ入れた感じです)





    あとは祈るだけですが、こういうミスは絶対にあってはいけないので、戒めとして記事を書きました。






    皆さんも、デイトレ・スキャルピングで失敗したときは、必ずロスカットをしましょう・・・・・





    トップに戻る






    もしこの記事が参考になれば、下のボタンをクリックして、皆さんにシェアしていただけると幸いです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加