何故ズロチ・ユーロサヤ取りをはじめるなら今がおすすめなのか?

2019年08月15日 13:56

ズロチユーロサヤ取りを はじめるのがおすすめの理由





ズロチ・ユーロサヤ取りは、実際に11か月近く運用してみて、スワップポイントが年利11%ペースで安定して入ってきて、為替差益を狙ってのトレードもうまくいっているという実績があり、さらに最近はポジションを増やすのに非常に良いレートだったので、追加入金して、どんどんポジションを増やしております。

















ズロチ・ユーロのサヤ取りというのは、


  • ポーランドズロチとユーロは似たような値動きをする

  • ポーランドズロチは高金利でスワップが貰える一方、ユーロは低金利でマイナススワップが少ない


  • という特徴を利用して、ポーランドズロチを買って、大体同じ金額分のユーロを売ることで、為替リスクを抑えてスワップポイントを貰うという取引手法で、最近有名なFXトレーダーの間でも大流行している手法です。





    やり方としては非常に簡単で、FXプライムbyGMO(関連記事で書くように、この手法で一番条件が良い)に25万円入金して、ポーランドズロチ買いを4万通貨~5万通貨買い、ユーロ売りを1万通貨というだけで、これだけで年利回り10%近くも狙えるというものです。


    関連記事:【想定利回り11%?】ズロチとユーロのさや取りはじめます【実績公開】





    これで、あとは放っておいても毎日スワップが入ってくるので、実質的に不労所得のような状態となります。このように、非常に簡単にできながら、年利回り10%近く期待できるというように、かなり収益性も高いことから、初心者から上級者まで幅広く流行ってきている取引手法です。





    そして、今はズロチ・ユーロをこれからはじめたり、あるいはポジションを増やしたりするのに良い時期だと思っているので、今回は、私がこのタイミングで増やした理由について解説したいと思います。




    要点としては、


  • ズロチ・ユーロサヤ取りをはじめたり、ポジションを増やす時期としては、EUR/PLNのレートが高い時がおすすめ

  • 今はEUR/PLNのレートがかなり高め(4.36くらいで、直近5年で上位10%くらいのレート)で、かつ、そこまで異常な高さでもなければ、何かが起こったというわけでもないため、はじめるのに良い時期

  • ズロチとユーロの買いと売りの比率としては、4.3 : 1が望ましいが、今のように円高基調の時であれば、4 : 1の方が良いかもしれない(私が開始した時は5 : 1でやってましたが、環境が変わってきたので見解を変えました)

  • ズロチとユーロの比率を4:1で運用する場合、23万円入金してズロチ4万通貨買い、ユーロ1万通貨売りで、2008年以降のどのレートになってもロスカットされず、それでいてスワップ利回り8.3%を目指せる


  • という感じです。





    なので、ズロチ・ユーロのサヤ取りに興味がある人は是非この機会に始めてみてはいかがでしょうか(もちろん、投資は自己責任でお願いします)





    なお、このズロチ・ユーロサヤ取りでおすすめなのは、ズロチのスワップポイントが安定して一番高いFXプライムbyGMOなのですが、この会社には、当サイト限定で3,000円の特別キャッシュバックもあり、上で書いた設定であれば、このキャッシュバック条件も満たすので、興味があれば是非どうぞ。





    口座開設は、



    FXプライムbyGMO
    application_orange_b_320_100.png



    からできます。(もちろん、口座開設は一切無料でできます)





    以下の順番で詳しく書いていきます。


  • ズロチ・ユーロサヤ取りをはじめる時期は、EUR/PLNが高い時が良い理由

  • EUR/PLNのレートの分析

  • ズロチ・ユーロサヤ取りをこれから始める場合のおすすめ設定






  • ズロチ・ユーロサヤ取りをはじめる時期は、EUR/PLNが高い時が良い理由







    まず、EUR/PLNが高い時期に始めるのが良いと書いた理由から説明します。





    このEUR/PLNというのが何かというと、これはユーロを買って、同じ金額だけズロチを売るという通貨ペアです。





    そしてこの通貨ペア、ユーロを買ってズロチを売るということは、つまり、ズロチを買ってユーロを売るという、ズロチ・ユーロのサヤ取りと全く逆の通貨ペアということができます。





    全く逆の通貨ペアということは、EUR/PLNが上がればズロチ・ユーロにとっては含み損方向、逆にEUR/PLNが下がればズロチ・ユーロにとっては含み益方向に動くということです。





    「え、EUR/PLNが高いってことは、含み損方向に動いているということで、それなのに今始めるのがいいの?」と思われるかもしれませんが、例えばドルを買いで入りたい時期というのは、ドルが安い時(=ドルにとって含み損方向に動いている時)だということが直感的にわかっていただけると思いますが、それと同じで、含み損方向に動いている時は、はじめたりポジションを追加する時期として一つ適切だと言えます。





    ただし、これには一つ前提があって、それは「トレンドの動きではなく、あくまでレンジの動きであるとき」というのが前提となります。





    これは、先ほどのドルの例でいうとどんどん下がって、どこまでも落ちていくタイミングで買うと、またさらに落ちて含み損が膨らむというように、「含み損方向に動いた時にはじめたりポジションを追加する」というのは、必ずしも正解とは言えないためです。





    そこで、次にEUR/PLNという通貨ペアがレンジ相場の動きをするのか、ということを検証したいと思います。





    EUR/PLNのレートの分析







    EUR/PLNというのは、ユーロとズロチの通貨ペアなのですが、この2つの通貨ペアは、基本的には非常に似たような動きをします。





    【直近5年間チャート】
    eur vs pln5year-min





    【直近3年間チャート】
    eur vs pln3year-min





    【直近1年間チャート】
    eur vs pln1year-min





    このように、非常に似たような動きをします。そのため、EUR/PLNという通貨ペアは、非常にレンジ相場になりやすい通貨ペアです。





    【EUR/PLN 直近5年超チャート】
    eurpln5year-min.png





    このように、EUR/PLNは、直近5年間で3.98から4.6の間と、たったの15%の値動きしかしておりません。ちなみに、同じ時期にドル円は100円から125円まで25%、ユーロ円は110円から150円まで36%、豪ドル円は72円から102円まで41%値動きしております。





    これは、ポーランドという国もヨーロッパの一部で、輸出の8割くらいをEU向けにしているというように、ポーランドがEU経済の影響を非常に受けやすいためにそうなっております。





    そして、今EUR/PLNは4.36くらいなのですが、これは日足のレンジのちょうど上の方であり、また、直近5年で見ても、上位10%くらいと、ちょうど投資しやすいレートです。





    eur pln bunpu0815-min





    また、今時点で何かポーランドに悪材料があってEUR/PLNが上昇しているというわけでもなければ、通貨ペアの動きの特徴としても、EUR/PLNという通貨ペアは、このように急に上昇した後には大きく落ちる傾向にあるので、高い今が絶好のチャンスだと見てポジションを増やしております。





    【直近のEUR/PLN急上昇後の動き】
    eurpln0815-min.png





    そのため、私はこのタイミングはポジションを増やすのに絶好のチャンスと考え、投資額を増やしております。





    以上が私がこのタイミングでズロチ・ユーロサヤ取りのポジションを増やした理由でした。なお、このズロチ・ユーロサヤ取りでおすすめなのは、ズロチのスワップポイントが安定して一番高いFXプライムbyGMOなのですが、この会社には、当サイト限定で3,000円の特別キャッシュバックもあるので、興味があれば是非どうぞ。(もちろん、口座開設は一切無料でできます)






    口座開設は、



    FXプライムbyGMO
    application_orange_b_320_100.png



    からできます。





    ズロチ・ユーロサヤ取りをこれから始める場合のおすすめ設定







    では、これから始める場合におすすめの設定はどうなのかということを、過去のレートからバックテストできるツールを使って検証してみたので、最後にそれを書きます。





    結論から言うと、私は、

  • 23万円入金、ズロチ4万通貨買い、ユーロ1万通貨売り(スワップ利回り8.3%、リーマンも含んだ2008年以降の全てのレートに耐えられる設定)

  • 75万円入金、ズロチ13万通貨買い、ユーロ3万通貨売り(スワップ利回り8.2%、リーマンも含んだ2008年以降の全てのレートに耐えられる設定)


  • が良いと思っており、私の設定は後者でやっております。





    これは、関連記事で紹介するツールで検証したものなのですが、この設定を入れてみると、このような結果になっております。

    関連記事:【再公開】ズロチ・ユーロさや取りシミュレーターの使い方





    【ズロチ4万通貨、ユーロ1万通貨】
    eurpln simu1-min





    【ズロチ13万通貨、ユーロ3万通貨】
    eurpln simu2-min





    このように、安全性チェック(リーマンショックを含む2008年以降のどのレートになってもロスカットされないかの検証)にも耐えられ、かつ、利回りも8%超を目指せるので、これが良いと思っております。





    昔はじめた時は、スワップ利回りを上げるためにズロチ5万通貨、ユーロ1万通貨にしていたのですが、最近は円高傾向にあり、この設定だと、ズロチが少し余り(適正な量は4.3万通貨なので、0.7万通貨分多い)、その分円高になると含み損を抱えやすいので、今はどちらかというと4万通貨の方が良いのではないかと思い直しております。





    では何故4.3万通貨にせず4万通貨にするかというと、それはFXプライムbyGMOでは、1,000通貨単位にしてしまうとスワップポイントも端数切捨てとなってしまい、少しもったいないと思ったので、4万通貨の方が良いかなと思いました(笑

    ※これまで「手数料もかかる」と書いていましたが、合計で1万通貨以上での千通貨だと手数料はかからないようなので、訂正しました!





    なので、そこの端数が出ないユーロ3万通貨売りだと、ズロチの適正量が12.9万で、13万通貨でもほぼ誤差の範囲内にまでいくので、ズロチは12万通貨ではなく13万通貨が良いと考え、私のポジションはトータルでその数になるように追加しました。





    以上が私の考える、今からはじめる場合のズロチ・ユーロのおすすめ設定と、その必要資金、ポジションの持ち方、想定スワップ利回りでした。





    このズロチ・ユーロサヤ取りでおすすめのFXプライムbyGMOには、当サイト限定で3,000円の特別キャッシュバックもあり、上で書いた設定であれば、このキャッシュバック条件も満たすので、興味があれば是非どうぞ。





    口座開設は、



    FXプライムbyGMO
    application_orange_b_320_100.png



    からできます。(もちろん、口座開設は一切無料でできます)




    【関連記事】

    【想定利回り11%?】ズロチとユーロのさや取りはじめます【実績公開】

    【再公開】ズロチ・ユーロさや取りシミュレーターの使い方





    Twitterでも、FXや資産運用についての有益な情報や、様々な通貨の見通し、重要イベントや経済指標の結果予想、経済政策へのコメント等をつぶやいておりますので、是非フォローしてください。







    この記事をツイッターで紹介する