FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FXスキャルピングおすすめ業者2019年

【資産運用おすすめ】10万円から投資可能!Yukiの実績公開ポジション一覧

トルコリラ見通し予想2019年 | 2018年急落の原因と今後の長期見通し

スワップポイントで選ぶFX業者ランキング2019年(毎週更新)

FXスキャルピングで口座凍結!?スキャルピング禁止の真偽と口座凍結対策

【利回り39%】ループイフダン豪ドル/NZドル VS コアレンジャー比較

【初心者向け】FX投資戦略マニュアル+5,000円プレゼント!セントラル短資FXとタイアップ!

【為替リスクを抑えて利回り10%超】何故ズロチ・ユーロサヤ取りをはじめるなら今がおすすめなのか?

メキシコペソ見通し2019年 | メキシコ経済・為替今後の予想

【ドル円予想】2019年の相場見通しを、トレイダーズ証券井口喜雄氏に取材

為替リスクを抑えて収益率10%!?両建てにおすすめの高金利通貨は?

【当サイト限定】お得な特別口座開設キャンペーンの一覧まとめ

トレイダーズ証券井口喜雄様に2019年のトルコリラ相場予想を聞く

2019年03月08日 22:16

トルコリラの相場を トレイダーズ証券井口様に伺う





トルコリラといえば、政策金利が24%と高金利で、FXでもスワップポイント利回りが高いことから、くりっく365(金融取引所運営のFX)でも月間取引高がドル円も抜いてトップになったこともあるように、FXトレーダーから非常に人気が高い通貨です。





しかし、その一方で、去年の8月のいわゆるトルコショックや、それより前にもアメリカとのビザを相互に停止して急落したり、クーデター未遂もあったりと、何かと「お騒がせ」な通貨としても有名で、「スワップポイントも高いけど、ちゃんと為替レートも考えて買わないと大損しかねない、ハイリスク・ハイリターンな通貨」でもあります。





そこで、トルコリラの為替相場は今後どうなるか、プロに聞いてみようということで、去年の12/21に、トレイダーズ証券に取材に伺い、現役ディーラーの井口喜雄様に色々と質問させていただきました。





iguchi-sama.png





井口様と言えば、ディーラー歴20年超のベテランの方で、その論理的かつ分かりやすい相場解説で人気が高く、Twitterのフォロワー数1万4,000人超(2018年12月28日時点)、Yahooファイナンスや羊飼いさんのブログにも相場見通しを寄稿されているという実力派ディーラーの方ですが、その井口様に、色々な通貨の見通しや、トレード手法など、様々なことを取材させて頂きました。



1年で預り資産高が2倍に!?トレイダーズ証券人気の秘密を井口喜雄氏に聞く

2019年のドル円相場予想を、トレイダーズ証券井口喜雄氏に取材

プロのデイトレ・スキャルピング手法を、トレイダーズ証券井口喜雄様に伺う

南アフリカランドの2019年の相場予想を、トレイダーズ証券井口喜雄様に聞く





今回はその中で、トルコリラの見通しや、おすすめの投資方法について質問させて頂いた点について書いていきたいと思います。





結論から書くと、



  • トルコリラの2019年の見通しは、基本的にはポジティブに見ている

  • ただし、インフレ問題や対外債務の問題は未解決で、他にもエルドアン大統領がまた何かやること等で急落の可能性もあるので、今買うならあまりポジションを大きくしすぎないことが重要。また、急落した後で買っていくのも面白い

  • みんなのFX、LIGHT FXで口座を持っていると見ることができる個人投資家の売買比率・価格分布は、日本人の個人投資家の取引が全体の中でも重要な割合を占めるトルコリラ円については超重要情報。実際に、日本の個人投資家の動向を、ロイターのアンカラ支社の人や、現地のアナリストがわざわざ日本まで取材に来るレベル




  • ということで、トルコリラへの見方は基本的にはポジティブながら、一時的に急落する可能性もあるので、資金管理をしっかりとした上で、落ちた時には買ってみるのも面白いということでした。





    なお、今回取材にお答えくださった井口様も所属されるトレイダーズ証券のみんなのFX、LIGHT FXは、

  • トルコリラのスワップポイントが安定して高く、業界トップクラス

  • トルコリラのスプレッドも原則固定の会社の中で業界最狭(※)

  • 1,000通貨単位での取引も可能で、小さい単位でも取引できる

  • 口座を持っていると、参加者のポジション(通貨ペアの売買比率や注文価格の分布)を見ることができる(ほとんどのFX会社では見ることができない情報)


  • というように、トルコリラのトレードをする上で、非常におすすめの会社です。

    ※ 2019/2/28現在、当サイト調べ。





    みんなのFXとLIGHT FXは、スプレッド、スワップポイント、取引単位等は全て同じで、どちらもスプレッドは業界最狭水準、高金利通貨のスワップポイントも最高水準というように、短期でも長期でも使いやすい口座なので、両方持っておいて、短期と長期や、通貨ペア等で使い分けるのがおすすめです。





    特にトルコリラのような新興国通貨のポジションは、去年の8月のように一時的に急落する可能性もあり、他のポジションと同じ会社で取引をすると、何かが起こったときに一瞬下落して全部まとめてロスカットというリスクがあり、また、どの通貨で利益が出てどの通貨で損失が出ているのかの損益管理も面倒になるため、これからトルコリラへの投資をはじめる場合、今使っていない口座をトルコリラ専用口座にするのがおすすめです。





    また、みんなのFX、Light FXの両方とも、当サイトからの申し込み限定で、通常のキャッシュバックに加えて、3,000円の特別キャッシュバックも貰うことができるので、口座開設をしたい場合、当サイトから申し込みするとお得です。(もちろん口座開設手数料は無料です)





    口座開設は、



    みんなのFX
    button2.png





    LIGHT FX
    button2.png



    からできます。





    以下の順番で書いていきます。

  • トルコリラ2019年の相場予想を、井口喜雄様に聞く

  • トルコリラの2019年の相場を基本的にはポジティブに見ている理由

  • トルコリラが2019年に急落するリスクは?

  • トルコリラの2019年のおすすめのトレード戦略

  • みんなのFX、LIGHT FX限定!トルコリラの「超重要情報」とは?






  • トルコリラ2019年の予想を、井口喜雄様に聞く







    -それでは、改めてまたよろしくお願いいたします。次は、御社の中でも人気が高いと考えられる、トルコリラについて見通しを教えて頂けないでしょうか。





    井口様「トルコリラについては、基本的にはポジティブに見ております。ただし、インフレ問題は長期化しそうなことや、対外債務問題もまだあること、さらにはトルコリラは「エルドアン大統領次第」な面も多いことから、2019年内にもまた急落する可能性はあり、それとどう向き合うかというのがポイントだと考えております。





    なので、トルコリラをトレードする場合は、



  • 今は取引単位を小さくして、あまり買いすぎないようにする

  • 急落などがあれば、そこで買いで入る



  • というのが良いと思っております。





    トルコリラの2019年の相場を基本的にはポジティブに見ている理由







    -なるほど。基本的にはポジティブ、ただし、急落するリスクもあるので、そこに注意、という感じですね。それぞれ理由を伺えればと思うのですが、まず基本的にはポジティブに見られている理由を教えてください。





    井口様「大きく4つあり、



  • 2018年に大きな問題となった、エルドアン大統領の影響で中銀が利上げを渋るということや、アメリカとの関係は改善した

  • 原油価格が下がっており、トルコにとっては有利

  • 原油価格下落とも関係があるが、経常赤字も改善傾向

  • アメリカの利上げが終了しそう(※)



  • というのがあります。

    ※ 2018/12/20時点のインタビューでしたが、その後2019年に入って実際にFRBは利上げの停止を示唆しており、年内の利上げの可能性はかなり低くなっております。





    まず2018年のいわゆる「トルコショック」には、色々な背景はあるものの、直接の引き金となったのは「利上げが期待されている中での据え置き」「ブランソン牧師解放をめぐってアメリカからの経済制裁」といったことでしたが、それについては、利上げを行ったことや、牧師を釈放してアメリカが制裁を解除する等、ある程度解決し、トルコリラは一時15円台まで落ちたのが、21円を超えてあげるというように、良い方向に向かっております。





    これは、言い換えると2018年のトルコリラ急落の原因の大きな要因が取り除かれたということで、基本的にはポジティブな材料だと思っております。





    また、原油も1バレル50$を割り(※)、トルコは原油輸入国、かつ、インフレに苦しんでいる国で、原油価格は物価にも連動することから、原油価格の下落もトルコにとってはポジティブな材料となります。

    ※2018/12/20のインタビュー時点。3/1時点で55$程度





    このように原油安の影響もあって、経常赤字も改善傾向にあり、それらの点は、トルコリラにとってプラスの材料となっております。」






    -確かに最近トルコリラ強いですよね。最後のFRBの利上げを停止という点について、もう少し教えて頂けますでしょうか。





    井口様「アメリカの金利については、2018年の11月に、まずクラリダFRB副議長が「中立金利の水準に近づいている」という発言をして、その後一度タカ派寄りな発言をされましたが、今度はパウエルFRB議長も同様にハト派寄りの発言をして、12月のFOMCでも利上げの回数を3回から2回に減らされました。





    これは、FRBがよくやる方法なのですが、FRBとしては利上げサイクルを終わらせ、軌道修正しようというのを、徐々に市場に認識させていくようにしているのだと思っております。こうした流れは、高金利通貨であるトルコリラにとっては、資金流出が抑えられるということで、基本的にはプラス材料となると思っております。





    ただし、それが「世界経済の減速」という見通しとセットの場合はリスクオフとなる可能性もあり、そのあたりは、その時の市場のセンチメントや、FRBがどのような表現をするか等にもよって一概には言えない部分だとも思います。」





    -確かに、最近の株価の動向を見ていても、この状況で利上げするのは相当難しそうですよね。





    トルコリラが2019年に下落するリスクは?







    -トルコリラについてポジティブな材料は分かりました。では、次にトルコリラが急落するリスクについて、見解を教えて頂けないでしょうか。





    井口様「先ほど話したように、トルコリラの見通しについては基本的にはポジティブに見ておりますが、やはりトルコリラにはまだリスクはあると考えております。具体的には、





  • インフレ率

  • 対外債務問題

  • エルドアン大統領の動向





  • といったあたりは、2019年も引き続き注目されると思っております。」





    -なるほど。インフレについては、利上げも行って対応しようとしておりますが、これについて井口様はどうお考えでしょうか?





    井口様「インフレに対して利上げをするのは定石通りの金融政策ですが、ただ、インフレというのは利上げをしてすぐに解決するような問題でもなく、ある程度長期的にどうなるかを見ていく必要があると考えております。





    そのため、今後もインフレの動向には注意が必要で、もしインフレが収まらないといったようなことがあれば、トルコリラがまた急落する可能性もあると思います」





    -インフレはやはり長期戦になりそうですよね。次の、対外債務の問題についてはどうお考えでしょうか?





    井口様「これについては潜在的にあった問題がトルコショックの影響もあって、市場参加者からも認識されるようになったもので、おそらく多くの人にとっては、「2018年にいきなりふわっと出てきた問題」だったのではないかと思います。





    トルコの債務については、多くが外貨建ての債務のため、返済のためにはトルコリラを売って外貨を買う必要があり、そしてその返済は2019年に本格化するという報道もあることから、その返済時期が近づいて、実需での売りが入ると、またトルコリラが下がるという展開はありえると思います。





    ただ、トルコの対外債務は、民間のものが多く、公開情報で「この時期に返済が重なる」というようなものはないことや、また実際に返済期日が近づいても借り換えなどによってトルコリラ売りが出ない可能性もあり、「いつ、どれくらい下がるのか」というのを予想するのは難しい部分だと思っております」





    -やっぱり「いつ」「どのくらい」というのは分からないんですね・・・・確かに、民間債務なら公開情報も限られていますし、借り換え等があればタイミングもズレてくるので、予想はできないですよね。





    井口様「そうですね。そして最後のエルドアン大統領の動向ですが、これはやはりトルコの最高権力者で、色々なことをやろうとするエルドアン大統領が何をするかというのは、当然2019年に入っても影響してくるとは思います。





    ただ、エルドアン大統領も何をするか読みづらい人で、いきなりとんでもないことをすることもあるので、ここも「いつ何が起こるのか」は読めない部分ですね」





    -確かに、ロシアの戦闘機を撃墜したり、アメリカとのビザを停止したり、シリアに侵攻したり、逆にクーデター未遂を起こされたりと、エルドアン大統領の周りではいきなりとんでもないことが起こりますよね・・・・(笑





    トルコリラの2019年のおすすめのトレード戦略







    -では、トルコリラを2019年にトレードするにあたって、おすすめの戦略や、注意点を教えて頂けないでしょうか。





    井口様「トルコリラは、高金利で、見通しも基本的にはポジティブなので、やはり買いで入る方が良いと思います。





    ただし、高いスワップポイントに目がくらんで取引単位を大きくしすぎると、ちょっと下落して強制ロスカット、ということもあるので、まず何より大事なのは資金管理だと思っております」





    -トルコリラは資金管理が一番大事!まさにおっしゃる通りすぎて、8月に強制ロスカットされた身としては耳が痛いです・・・・(笑





    井口様「(笑)




    ただ、トルコショックの後の今見ても、「こんなにポジションを持って大丈夫だろうか」という方は多く、見ていて心配になることは多くあります。





    トルコリラというと、スワップポイントが高いので、どうしても実効レバレッジを大きくして、利回りを高めたいという気持ちが出るのはよくわかるのですが、そういう「欲望」をいかにコントロールするかというのが、高金利通貨をトレードするうえで、一番大事なことではないかと思います」





    -全くその通りだと思います。また、トルコリラについては、ロスカットされた後にも、さすがに下がりすぎだろうと思って買っていたら利益が出たのですが、こういうトレードはどう思われますか?





    井口様「それは全然ありだと思います。実際に、トルコショックの後に買いで入って、為替差益を大きくとって利益を出された方もかなり多くいらっしゃいます





    トルコリラのように、大きく相場が動くというのは、スワップポイントだけではなく、為替差益で利益を出すチャンスもあるということなので、そこを狙ってトレードするのは、ある意味王道の戦略だと思います。





    ただ、急落した後は、そこで反発するのか、その後二番底が来るのかは、正直後になってみないと分からない部分があるので、その場合にも、やはり資金管理をしっかりとしてエントリーするのが重要ですね」





    -いずれにしてもやっぱり「資金管理が命」ですね(笑





    みんなのFX、LIGHT FX限定!トルコリラの「超重要情報」とは?







    -ありがとうございます。トルコリラについて、他に何か面白いことがあれば、教えて頂けないでしょうか。





    井口様「当社では、取り扱いのある全ての通貨ペアで、今売りが多いのか買いが多いのかといった売買比率や、いくらのレートに買いや売りの注文が入っているのかといった価格分布も見ることができます。





    【売買比率】
    baibai0.png





    【価格分布】
    baibai.png



    ※2018年12月28日時点のドル円の情報。現在のトルコリラの情報は、実際に口座を開設して見てください!





    この情報、ほとんどのFX会社さんでは見ることができない非常に重要な情報ではあるのですが、特にトルコリラ円については、他の通貨以上に見る価値のある超重要情報と言えます。」





    -それは何故でしょうか?





    井口様「トルコリラを取引しているのは、もちろんトルコの方もそうですが、それ以外では、日本の個人投資家の割合が非常に大きく、実際にロイターのアンカラ支局の方や、現地のアナリストの方が、わざわざ日本の個人投資家の動向を調べに日本まで来ることもあります。





    そして、当社は日本のFX会社の中でも、トルコリラのスプレッド、スワップポイント、取引単位と言った条件が非常に良く、日本の個人投資家のトルコリラ取引高の中でもかなり上位の会社なので、当社での取引動向は、日本の個人投資家動向を見るうえで、非常に役に立つ情報と言うことができます。





    例えば、

  • 買いポジションはどのくらい多いのか

  • どのあたりに指値があるか

  • 利確、損切注文はどのあたりにあるのか


  • といった情報を見れば、「ここは買いが非常に厚いので、ある程度底固いだろう」とか、「ここを抜けたら一気にロスカットも重なって下げそうだ」といった想像ができるので、非常に役に立つと思います。





    他の通貨ペアだと、日本の個人投資家の割合はそこまで大きくないので、個人投資家の動向は「あくまで一つの参考材料」くらいですが、ことトルコリラについては、日本の個人投資家の動向は「重要な参考材料」となるので、是非役に立てて頂ければと思っております」





    -確かにそう聞くと、絶対見ないといけない情報な気がしてきました!トレードの参考にさせて頂きます!





    今回は以上です。もう一度まとめると、



  • トルコリラの2019年の相場は、基本的にはポジティブに見ている

  • ただし、インフレ問題や対外債務の問題は未解決で、他にもエルドアン大統領がまた何かやること等で急落の可能性もあるので、今買うならあまりポジションを大きくしすぎないことが重要。また、急落した後で買っていくのも面白い

  • みんなのFX、LIGHT FXで口座を持っていると見ることができる個人投資家の売買比率・価格分布は、日本人の個人投資家の取引が全体の中でも重要な割合を占めるトルコリラ円については超重要情報。実際に、日本の個人投資家の動向を、ロイターのアンカラ支社の人や、現地のアナリストがわざわざ日本まで取材に来るレベル




  • ということで、トルコリラ相場は基本的にはポジティブながら、一時的に急落する可能性もあるので、資金管理をしっかりとした上で、落ちた時には買ってみるのも面白いということでした。





    なお、今回取材にお答えくださった井口様も所属されるトレイダーズ証券のみんなのFX、LIGHT FXは、

  • トルコリラのスワップポイントが安定して高く、業界トップクラス

  • トルコリラのスプレッドも原則固定の会社の中で業界最狭(※)

  • 1,000通貨単位での取引も可能で、小さい単位でも取引できる

  • 口座を持っていると、参加者のポジション(通貨ペアの売買比率や注文価格の分布)を見ることができる(ほとんどのFX会社では見ることができない情報)


  • というように、トルコリラのトレードをする上で、非常におすすめの会社です。

    ※ 2019/2/28現在、当サイト調べ。





    みんなのFXとLIGHT FXは、スプレッド、スワップポイント、取引単位等は全て同じで、どちらもスプレッドは業界最狭水準、高金利通貨のスワップポイントも最高水準というように、短期でも長期でも使いやすい口座なので、両方持っておいて、短期と長期や、通貨ペア等で使い分けるのがおすすめです。





    特にトルコリラのような新興国通貨のポジションは、去年の8月のように一時的に急落する可能性もあり、他のポジションと同じ会社で取引をすると、何かが起こったときに一瞬下落して全部まとめてロスカットというリスクがあり、また、どの通貨で利益が出てどの通貨で損失が出ているのかの損益管理も面倒になるため、これからトルコリラへの投資をはじめる場合、今使っていない口座をトルコリラ専用口座にするのがおすすめです。





    また、みんなのFX、Light FXの両方とも、当サイトからの申し込み限定で、通常のキャッシュバックに加えて、3,000円の特別キャッシュバックも貰うことができるので、口座開設をしたい場合、当サイトから申し込みするとお得です。(もちろん口座開設手数料は無料です)





    口座開設は、



    みんなのFX
    button2.png





    LIGHT FX
    button2.png



    からできます。






    【関連記事】

    トルコリラスワップポイント生活は可能? | 必要資金、利回り・リスク2019年(毎週更新)

    トルコリラ見通し予想2019年 | 2018年急落の原因と、今後の長期見通し

    FXスワップポイント比較最新ランキング2019年(毎週更新)





    この記事をツイッターで紹介する
     











    もしこの記事が参考になれば、下のボタンをクリックして、皆さんにシェアしていただけると幸いです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加