FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FXスキャルピングおすすめ業者2019年

【資産運用おすすめ】10万円から投資可能!Yukiの実績公開ポジション一覧

トルコリラ見通し予想2019年 | 2018年急落の原因と今後の長期見通し

スワップポイントで選ぶFX業者ランキング2019年(毎週更新)

FXスキャルピングで口座凍結!?スキャルピング禁止の真偽と口座凍結対策

【利回り49%】ループイフダン豪ドル/NZドル VS コアレンジャー比較

【初心者向け】FX投資戦略マニュアル+5,000円プレゼント!セントラル短資FXとタイアップ!

【為替リスクを抑えて利回り10%超】何故ズロチ・ユーロサヤ取りをはじめるなら今がおすすめなのか?

メキシコペソ見通し2019年 | メキシコ経済・為替今後の予想

【ドル円予想】2019年の相場見通しを、トレイダーズ証券井口喜雄氏に取材

為替リスクを抑えて収益率10%!?両建てにおすすめの高金利通貨は?

【当サイト限定】お得な特別口座開設キャンペーンの一覧まとめ

ピックアップ記事

FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FX業者選びの重要性とおすすめFX業者
FXスキャルピングおすすめ業者2019年 | 最新のFXスプレッド比較
FXおすすめ業者比較2019年 | FX会社を総合力で比較
FXスワップおすすめ業者比較2019年 | 高金利通貨の長期投資で比較
FX初心者おすすめ業者比較2018年 | 初心者向けFX会社とは?

スキャルピングで口座凍結された!?それを避ける方法とは?
FXスキャルピングで口座凍結!?スキャル禁止の真偽と口座凍結対策

くりっく365って何?会社によって何が違うの?全17社比較した上で説明します
くりっく365おすすめ業者2019年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較

全自動売買で年間800万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法

無料で漏れなくリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!

NYダウは何故最近暴落したのか?その理由と今後の見通し
NYダウ今後の見通しと、おすすめの投資法

くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介

過去のビッグデータから自動で為替予想するツールを紹介
みらいチャートの使い方と精度をレビュー

高配当を狙うなら、個別株とくりっく株365どっちがおすすめ?
株の高配当銘柄とくりっく株365、配当利回りはどちらが良いか比較

人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想と、FXおすすめ業者2019年
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2019年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2019年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2019年
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2019年
メキシコペソ為替・メキシコ経済今後の見通し予想2019年

メキシコペソ2019年の見通しを、トレイダーズ証券井口喜雄様に聞く

2019年03月10日 18:46

メキシコペソの見通しを トレイダーズ証券井口様に聞く





メキシコペソは、政策金利8.25%の高金利通貨でありながら、南アフリカランドやトルコリラといった他の高金利通貨と比べると、


  • メキシコは世界最強の国であるアメリカの隣国であり、アメリカの成長に伴って成長が期待される

  • メキシコ自体も今後人口の増加が予想されており、経済成長も期待されている

  • 高い失業率、債務残高、インフレ率といった新興国ではよくある問題がない

  • メキシコは産油量世界6位、銀生産量世界2位等、世界有数の資源大国



  • と、高金利通貨の中では比較的リスクが低い通貨として知られており、実際に、格付会社による格付けも、他の高金利通貨の国と比べると一段階高くなっております。




    ムーディーズS&Pフィッチ
    メキシコA3BBB+BBB+
    南アBaa3BB+BB+
    トルコBa1BBBB+
    ブラジルBa2BB-BB-






    このようにメキシコペソは、「高金利通貨の優等生」としてFXトレーダーから人気が高い通貨ですが、実際のところプロから見るとどうなのか?ということが気になったので、去年の12/21に、トレイダーズ証券に取材に伺い、現役ディーラーの井口喜雄様に色々と質問させていただきました。





    iguchi-sama2.png

    写真:真剣に考えながらお答えいただいている井口様





    井口様と言えば、ディーラー歴20年超のベテランの方で、その論理的かつ分かりやすい相場解説で人気が高く、Twitterのフォロワー数1万4,000人超(2018年12月28日時点)、Yahooファイナンスや羊飼いさんのブログにも相場見通しを寄稿されているという実力派ディーラーの方ですが、その井口様に、色々な通貨の見通しや、トレード手法など、様々なことを取材させて頂きました。


    1年で預り資産高が2倍に!?トレイダーズ証券人気の秘密を井口喜雄氏に聞く

    【ドル円予想】2019年の相場見通しを、トレイダーズ証券井口喜雄氏に取材

    プロのデイトレ・スキャルピング手法を、トレイダーズ証券井口喜雄様に伺う

    南アフリカランドの2019年の見通し予想を、トレイダーズ証券井口喜雄様に聞く

    トルコリラ2019年の見通しを、トレイダーズ証券井口喜雄様に聞く





    今回はその中で、メキシコペソの見通しや、おすすめの投資方法について質問させて頂いた点について書いていきたいと思います。





    結論から書くと、


  • メキシコペソは、トルコリラや南アフリカランド等、他の高金利通貨よりおすすめ度が高く、プロから見ても「優等生」な通貨

  • 具体的には、5.0円から5.5円が買いゾーン

  • とはいえ新興国通貨であるため、あまり欲張りすぎず、しっかりと資金管理をするのは大事




  • ということで、やはりプロの目から見てもメキシコペソはおすすめできる投資先ということでした。





    なお、今回取材にお答えくださった井口様も所属されるトレイダーズ証券のみんなのFX、LIGHT FXは、



  • メキシコペソのスワップポイントが安定して高く、業界トップクラス

  • 未決済ポジションのスワップポイントについては受け取りをするまでは税金がかからず、長期投資におすすめ

  • 1,000通貨単位での取引も可能で、小さい単位でも取引できる(実効レバレッジ1倍(※1)でも、1万円以内で取引可能!)



  • というように、メキシコペソのトレードをする上で、非常におすすめの会社です。





    みんなのFXとLIGHT FXは、スプレッド、スワップポイント、取引単位等は全て同じで、どちらもスプレッドは業界最狭水準、高金利通貨のスワップポイントも最高水準というように、短期でも長期でも使いやすい口座なので、両方持っておいて、短期と長期や、通貨ペア等で使い分けるのがおすすめです。





    また、みんなのFX、Light FXの両方とも、当サイトからの申し込み限定で、通常のキャッシュバックに加えて、3,000円の特別キャッシュバックも貰うことができるので、口座開設をしたい場合、当サイトから申し込みするとお得です。(もちろん口座開設手数料は無料です)





    口座開設は、



    みんなのFX
    button2.png





    LIGHT FX
    button2.png



    からできます。





    以下の順番で書いていきます。


  • メキシコペソ2019年の見通しを、井口喜雄様に聞く

  • メキシコとアメリカの関係の見通し

  • オブラドール大統領の動向とメキシコペソへの影響

  • メキシコの政策金利の見通し

  • 世界のリスクオフの可能性

  • 高金利通貨(メキシコペソ、南アフリカランド、トルコリラ)、井口様の考えるおすすめ順






  • メキシコペソ2019年の見通しを、井口喜雄様に聞く







    -それでは、改めてよろしくお願いします。御社でも人気の高い高金利通貨のメキシコペソについて、井口様の見通しを教えて頂けないでしょうか。





    井口様「メキシコペソについては、かなりポジティブに見ており、5.0円~5.5円くらいであれば、買いだと思っております。





    メキシコペソは、新興国の高金利通貨の中でも優等生であり、トルコリラや南アフリカランドと比較して失業率、インフレ率、対外債務といった問題が少なく、また、メキシコという国自体も人口も経済も成長が予想されていることから、長期投資としても良いと思っております。





    -私もメキシコペソは良いと思っていたのですが、プロの目から見てもやはり良さそうなのですね!ただ、個人的に、いくつかメキシコペソについてリスクだと思っているものがあるので、以下について、それぞれ井口様の見解を教えて頂けないでしょうか。





  • アメリカとメキシコとの関係

  • オブラドール新大統領の動向

  • メキシコの政策金利の動向

  • 世界的なリスクオフの可能性






  • 井口様「分かりました。それぞれお答えしていきますね」





    メキシコとアメリカの関係の見通し







    -まず、アメリカとメキシコの関係ですが、2018年にはNAFTA再交渉や、当時まだ大統領候補であったオブラドール氏の対米敵視発言でメキシコとアメリカの関係悪化を恐れて、メキシコペソが下げたことや、また、最近でもトランプ大統領がメキシコの壁を蒸し返す等ありましたが、これについてはどうお考えでしょうか?





    井口様「基本的には、対米関係には大きな問題がなく、また、多少何かが起こったとこで、メキシコの経済に悪影響を与えるようなことにはなりにくいと考えているので、あまり心配しておりません。





    まず、NAFTA再交渉は、USMCAとして新しく枠組みができて、基本的に問題は解決したと思っております。また、オブラドール大統領についても、選挙期間中は色々と対米敵視発言をしていましたが、当選後はアメリカとも友好的な関係を築こうとしております。





    トランプ大統領のメキシコの壁発言は、正直いつもの「プロレス」だと思っており、現実的にそんなものを作るのは難しいでしょうし、また、仮に万が一壁ができたところで、アメリカとメキシコの経済的なつながりがなくなるわけでもなく、本質的に影響を及ぼすような問題ではなく、仮にそれが原因で下げたとしたら、逆に買いで入ってもいいような材料だと思っております。





    オブラドール大統領の動向とメキシコペソへの影響







    -ありがとうございます。オブラドール大統領と言えば、反米以外にも、例えば新空港の建設中止、銀行手数料の廃止等、いわゆる「ポピュリズム」でかなり独自路線を進みそうな感じでもありますが、それについてはどうお考えでしょうか?





    井口様「基本的にはそこまで影響がないと見ておりますが、ポピュリズムが高じて放漫財政とまでなってしまうようであれば、メキシコペソにとってもネガティブな要因となると思います。





    ただし、とはいえメキシコの強みである

  • 失業率、インフレ、対外債務といった問題が少ない

  • アメリカとの経済関係が強い

  • 人口も増加が予想される


  • といった根本的な要因を壊す程の悪政をするかというと、さすがにそこまでいく可能性は高くないと考えております。」





    -確かに、オブラドール大統領も元々メキシコシティの市町で政治経験もありますし、そこまでの悪政をやる可能性はそこまで高くなさそうですね。





    メキシコの政策金利の見通し







    -次にメキシコの政策金利の見通しですが、こちらはいかがでしょうか?インフレ率に比べて金利が高いことが、逆に少し気になっております。





    井口様「メキシコ中銀としてはインフレをもう少し引き締めたいと考えているようで、来年(※2019年のこと)にも2回くらいの利上げが予定されていると聞いております。





    なので、利下げ等の心配はそこまでないと思っております」





    世界のリスクオフの可能性







    -まだ2回利上げ予定なんですね!では、最後に世界のリスクオフですが、こちらはどうでしょうか?





    井口様「これは、正直読みづらいところですね(笑)





    2019年にはまず、BREXITという、全くどうなるか予想できない大きな問題があり、他にも株価の動向や、中国経済についてどこまで悪化し、相場がどう反応するのか等、かなり不透明な材料が多いので、リスクオフになるとも、ならないとも言いづらい状況です。





    もしリスクオフの空気になった場合には、メキシコペソも新興国の高金利通貨ではあるので、売られる展開にはなると思います。





    ただ、リスクオフというのはずっと続くわけではなく、メキシコという国自体に大きな問題が出るわけでなければ、いずれは回復すると思うので、そういう意味でも、特にメキシコに悪材料がなく5.0~5.5円くらいまで下がってきた場合には、買いで入ると良いと思っております。」





    高金利通貨(メキシコペソ、南アフリカランド、トルコリラ)、井口様の考えるおすすめ順







    -ありがとうございます。最後に、高金利で人気のメキシコペソ、南アフリカランド、トルコリラについて、井口様のおすすめ度合いを教えて頂けないでしょうか。





    井口様「私は、今であれば、メキシコペソ>トルコリラ>南アフリカランドの順番だと思っております。





    やはり、メキシコペソのファンダメンタルズの状況は3つの通貨の中で頭一つ抜けており、金利も高く、成長も期待できることを考えると、まずおすすめなのはメキシコペソだと思います。





    次は、リスクもありますが、その3つの中で頭一つ抜けた高金利で、今のレートも割安と考えられるトルコリラが、「ハイリスク・ハイリターン」な投資として、良いと思っております。





    最後の南アフリカランドは、2019年にはあまりポジティブな材料が見当たらず、今現時点で買うと考えると3つの中では一番おすすめしづらいですが、とはいえ、長期で見た場合には、アフリカという地域の成長性を考えると、ポテンシャルも非常に大きなものではあるので、安くなって7円台まで落ちてきた時に、ポートフォリオの一部として、少しずつ長期保有前提で買うのは良いと思います。





    ただ、どの通貨にしても、新興国通貨ではあるので、あまりスワップポイントの高さに目がくらんで大きな単位を取りすぎることはおすすめせず、実効レバレッジ(※1)を抑えて、ロスカットされないように投資していくのが良いと思います。





    そこまで取引単位を大きくしなくても、十分なスワップ利回りにはなるはずなので、「欲張りすぎない」というのが、これらの通貨をトレードする場合の最大のコツだと思います。」





    -ありがとうございました!





    以上が全6回の井口様へのインタビューでした。メキシコペソについてもう一度まとめると、



  • メキシコペソは、トルコリラや南アフリカランド等、他の高金利通貨よりおすすめ度が高く、プロから見ても「優等生」な通貨

  • 具体的には、5.0円から5.5円が買いゾーン

  • とはいえ新興国通貨であるため、あまり欲張りすぎず、しっかりと資金管理をするのは大事




  • ということで、やはりプロの目から見てもメキシコペソはおすすめできる投資先ということでした。





    なお、今回取材にお答えくださった井口様も所属されるトレイダーズ証券のみんなのFX、LIGHT FXは、



  • メキシコペソのスワップポイントが安定して高く、業界トップクラス

  • 未決済ポジションのスワップポイントについては受け取りをするまでは税金がかからず、長期投資におすすめ

  • 1,000通貨単位での取引も可能で、小さい単位でも取引できる(実効レバレッジ1倍(※1)でも、1万円以内で取引可能!)



  • というように、メキシコペソのトレードをする上で、非常におすすめの会社です。





    みんなのFXとLIGHT FXは、スプレッド、スワップポイント、取引単位等は全て同じで、どちらもスプレッドは業界最狭水準、高金利通貨のスワップポイントも最高水準というように、短期でも長期でも使いやすい口座なので、両方持っておいて、短期と長期や、通貨ペア等で使い分けるのがおすすめです。





    また、みんなのFX、Light FXの両方とも、当サイトからの申し込み限定で、通常のキャッシュバックに加えて、3,000円の特別キャッシュバックも貰うことができるので、口座開設をしたい場合、当サイトから申し込みするとお得です。(もちろん口座開設手数料は無料です)





    口座開設は、



    みんなのFX
    button2.png





    LIGHT FX
    button2.png



    からできます。





    ※1:トレイダーズ証券では法人・個人共にレバレッジを選ぶことが出来ず、レバレッジは25倍固定ですが、資金とポジション量を調節することで、実質レバ1倍での運用は可能となります。




    【関連記事】

    メキシコペソスワップポイント比較2019年 | おすすめFX業者は?【毎週更新】

    メキシコペソ見通し予想2019年 | メキシコ経済・為替今後の見通し






    この記事をツイッターで紹介する
     











    もしこの記事が参考になれば、下のボタンをクリックして、皆さんにシェアしていただけると幸いです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加