FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FXスキャルピングおすすめ業者2019年

【資産運用おすすめ】10万円から投資可能!Yukiの実績公開ポジション一覧

トルコリラ見通し予想2019年 | 2018年急落の原因と今後の長期見通し

スワップポイントで選ぶFX業者ランキング2019年(毎週更新)

FXスキャルピングで口座凍結!?スキャルピング禁止の真偽と口座凍結対策

【利回り39%】ループイフダン豪ドル/NZドル VS コアレンジャー比較

【初心者向け】FX投資戦略マニュアル+5,000円プレゼント!セントラル短資FXとタイアップ!

【為替リスクを抑えて利回り10%超】何故ズロチ・ユーロサヤ取りをはじめるなら今がおすすめなのか?

メキシコペソ見通し2019年 | メキシコ経済・為替今後の予想

【ドル円予想】2019年の相場見通しを、トレイダーズ証券井口喜雄氏に取材

為替リスクを抑えて収益率10%!?両建てにおすすめの高金利通貨は?

【当サイト限定】お得な特別口座開設キャンペーンの一覧まとめ

【利回り20%目標】ループイフダン豪ドル/NZドルB40新設定と実績の公開

2019年06月02日 15:24

【利回り20目標】 ループイフダン豪ドル_NZドル 新設定の解説





ループイフダンの豪ドル/NZドルが絶好調なので、さらに100万円追加して運用元本を300万円にした上で、ポジションを増やすことにしました。





loop0417.png





そこで、今回は、この設定にした理由と、今後レートがどうなったら設定をいじるか、想定利回りがいくらくらいなのか、等を解説していきたいと思います。なお、今回の戦略は、1単位当たり16万円の元本を想定しており、私は100万円で6単位運用します。





【6/2追記】

運用開始から45日間経った実績は、8,143円の確定利益を生み、年間66,049円ペース、年利6.6%ペースとなっております。





ちなみに、含み損を入れると+711円と、「若干黒字」というくらいで、自動売買の調子という点では、かなり悪い状態だと思っております(自動売買にとって含み損は今後の収益のチャンスでもあるので、想定の範囲内であればむしろ多い方がありがたいので)





目標利回り20%に対して6.6%と非常に少ないのは、最近の相場の値動きが小さく、なかなかB40で約定されないことが原因です。





【豪ドル/NZドル 日足チャート】
AUDNZD day0601





実際に、45日間で5回しか決済約定がされておりませんが、私が運用開始前に行ったバックテストでは、1か月平均10回近く約定されており、1.5か月なら15回くらい約定されていたはずで、それに比べると、約定回数が5回というのは、約1/3と非常に少なく、これが利回りが今のところ低い原因ではないかと考えております。





上のチャートで見ても分かるように、今は動きが少ない特殊な状態と考えられ、待っていればまた相場も動き始めると思うので、特に慌てずしばらく見守りたいと思っております。





ある程度長い期間を取ってバックテストをした結果が20%の利回りという感じで、実際にこの戦略より利益率は確実に低くなるであろう安全設定で実績利回り10%程度、ハイリスク・ハイリターン版で40%程度であることを考えると、20%という数字は、十分に達成可能なものと考えており、あまり心配はしておりません。





今回の戦略でも使うループイフダンは、豪ドル/NZドルのスプレッド込みの手数料が業界最安値で利益が出やすく、実際に私もこれまでハイリスク版とローリスク版の2つを合計200万円で運用しており、それぞれ

ハイリスク版:利回り47%くらい
ローリスク版:利回り12%くらい

で運用出来ているかなりおすすめの自動売買なので、興味があれば是非どうぞ。





また、当サイトから口座開設を行うと、当サイト限定で、10万円以上の入金でもれなく3,000円のQUOカードが貰えるタイアップもあるので、口座開設は当サイトからがおすすめです。




口座開設は、



アイネット証券
button2.png



からできます。




【関連記事】

【ハイリスク版・年利47%】ループイフダン豪ドル/NZドルのコアレンジャー風味設定

【ローリスク版・年利12%】ループイフダン豪ドル/NZドルの低リスク長期向け設定





以下の順番で書いていきます。


  • ループイフダン豪ドル/NZドル新設定とその理由の解説

  • ループイフダン豪ドル/NZドル新設定の想定利回り(過去5年間バックテスト)

  • 限定タイアップ付 口座開設のやり方を画像付きで分かりやすく解説

  • ループイフダン豪ドル/NZドル新設定のやり方を画像付きで分かりやすく解説






  • ループイフダン豪ドル/NZドル新設定とその理由の解説







    では、まず今回の設定がどういうものなのかを説明します。設定としては、以下の通りです。





  • 元本:100万円

  • 戦略:豪ドル/NZドル B40

  • 取引量:6,000通貨ずつ

  • 本数:18本(今の水準からそのまま落ちると、1.0まで買い下がり)

  • ループイフダン停止ライン:1.1を超えて上昇

  • ループイフダン再開ライン:1.09を下回る






  • 以下、その理由を説明します。





    まず、B40を選んだのは、過去にバックテストをすると、B80>B100=B40>B20くらいの結果で、今B80とB20を運用しているので、では次にB40をやってみようというくらいでした。

    関連記事:豪ドル/NZドル見通し予想2019年3月と、ループイフダン(自動売買)おすすめ設定





    「ならB100にしないの?」と思われるかもしれませんが、B80でも月1、2回しか約定されず、見ていて退屈であることを考えると、B100の退屈さに自分が耐えられる気があまりしなかったので、B40を選びました(笑





    次にB40を18本という設定の根拠としては、今豪ドル/NZドルが1.068だったので、1.0まで付いていけるようにという意図でこうしました。





    豪ドル/NZドルは、先月までかなり低迷しており、一時期1.03も割っており、どこまで下がるかという状態でしたが、3月にRBNZが緩和路線に転じたことで上昇し、1.07近辺まで戻してきました。





    豪ドル/NZドルの長期チャートを見ると、以下のように、まだ明確に1.0を割ったことがなく、今のRBNZが弱気な状態であれば、当面そこが意識されることもないだろうと考えて、1.0を下値目途として設定しました。





    【豪ドル/NZドル 月足チャート】
    AUD NZD month0417





    なお、1.0を下限で見るだけなら、上の推奨証拠金が面でもあったように65万円で足りるのですが、ループイフダンの場合、例えば一回1.1まで上がってから下がると、18本だと1.032まで買い下がるという設定になり、その場合1.0まで落ちると耐えられなくなるので、仮に1.1まで上がってから1.0まで落ちても耐えられるようにということで計算すると、91.6万円必要だったので、少し余裕を見てキリ良く100万円にしました。





    なので、この設定を1,000通貨からやる場合は、16万円くらいを1単位で見てもらえればと思います。





    次の1.1というレートの根拠は、節目であり、直近5年間の週足で見ても高値として意識されやすい部分だったので、そこを超えたら一度付いていくのをやめて、様子を見ようということで考えました。





    【豪ドル/NZドル 週足 2014年以降】
    AUD NZD week0417





    ここを超えてループイフダンを止めた場合、買いポジションが1つだけ残り他は全て決済されているので、超えて含み益があるタイミングで利確すれば、ループイフダン設定自体がなかったことになるので、一旦Exitすることができます。





    それを再開するのを1.09としたのは、単純に例えば1.098で再開すると、すぐに1.1をまた超えて止めて・・・・みたいな展開がありえそうで、とりあえず100pips余裕を見ておけば、そうすぐには戻さないだろうというくらいの決め方です。





    以上が、私のループイフダン豪ドル/NZドル新設定の解説でした。では、次にこの戦略でどのくらい利回りが期待できるのかを見てみたいと思います。





    ループイフダン豪ドル/NZドル新設定の想定利回り(過去5年間バックテスト)







    では、過去5年間のバックテストから、この設定の目標利回りを考えたいと思います。結論から言うと、個人的には確定利回り20%くらいを目標と考えております。





    バックテストの結果、B40だと、確定利益が5年間で1,505,520円(年間約31万円)、含み損込で952,245円(年間約19万円)でした。





    これを見ると、確定利益の利回りは31%となりますが、ただ、実はこのバックテストを作成した当時は、買いでマイナススワップが付かずむしろプラスだったので、スワップは考慮していなかったのですが、最近はマイナススワップも出てきたので、利回りはもう少し落ちると考えられます。





    また、このバックテストでは、ループイフダンの停止とか再稼働までは考慮して作っておらず、その結果最大1.14円くらいまで付いていくことになり、その結果確定利益も含み損も増える結果となっているのですが、私の設定では1.1を超えるとついていかないことを予定しているので、もう少し利回りも、含み損も落ちると考えました。





    そのため、このバックテストの含み損込の利回りである20%くらいで見ておけばいいかなと考えております。





    もちろん、これはあくまで過去のバックテストによるもので、さらに言うと、上でも書いたように計算しきれない部分を想像で補っている部分もあるので、今後実際に運用して、どのくらいの利回りになるかを見ていきたいと思っておりますが、とりあえず現時点では20%を目標に考えたいと思います。





    以上が私のループイフダン豪ドル/NZドル新設定の解説でした。




    この戦略をするのに必要なループイフダン口座は、当サイトから口座開設を行うと、当サイト限定で、10万円以上の入金でもれなく3,000円のQUOカードが貰えるタイアップもあるので、もしまだ口座を持っていなければ、口座開設は当サイトからがおすすめです。




    口座開設は、



    アイネット証券
    button2.png



    からできます。





    では、最後にこのループイフダン口座の口座開設のやり方と、設定の仕方を画像付きで分かりやすく解説したいと思います。





    限定タイアップ付 口座開設のやり方を画像付きで分かりやすく解説







    アイネット証券の口座開設のやり方を、画像付で簡単に解説していきます。別記事でやり方を書いているので、その部分を引用します。





    まず事前に準備するものとして、



  • マイナンバーが分かる書類

  • 本人確認書類



  • 両方を用意して、スキャナで取り込むか、あるいは携帯で写真をとる等してください。ちなみに、顔写真の入ったマイナンバーカードであれば、それ1つでどちらも条件を満たすので、もし持っている場合、それを使うのがおすすめです。





    マイナンバーが分かる書類は、


  • マイナンバーカード

  • マイナンバー通知カード

  • 住民票の写し(マイナンバーが書いてあるもので、6か月以内に発行したもの)


  • のうち、どれでもいいのでどれか1つをご用意ください。(もしどれもなければ、役所にいってマイナンバー付きの住民票の写しを貰うのが、当日すぐ手に入ります。マイナンバーの書いた資料は、今後税務申告、保険の手続き、銀行口座の開設等、色々な場面で必要になってくるので、もし今持っていなければ、この機会にとっておくと良いと思います)





    本人確認書類は、写真付きのものであれば1種類、写真がないものなら2種類必要になります。



    【写真付きの本人確認書類の例(1種類でOK)】

  • 運転免許

  • パスポート

  • 住民基本台帳カード

  • マイナンバーカード

  • 在留カード(外国籍の方)




  • 【写真なしの本人確認書類の例(2種類必要)】

  • 健康保険証

  • 住民票の写し

  • 年金手帳

  • 印鑑証明




  • これらを用意して、スキャナで取り込むか、携帯で写真を撮れば、事前準備はOKです。





    そうしたら、まず、アイネット証券の口座開設ページをクリックして公式ページへいってください。





    すると、こういう画面が出てきますが、気にせずにホームページに進んでください(他のサイトから公式サイトへの移転の際に、サイトが変わりましたよということをアナウンスすることが義務付けられているため出る画面です)





    inet1.png






    そこで、少し下の方にスクロールすると、こういう画面が出てくるので、そこの口座開設ボタンをクリックします。





    inet2.png





    するとこういう画面が出てくるので、規約を読んで同意してください。





    inet3.png






    あとは住所、氏名、勤務先、金融機関、投資経験などを書いていきます。





    inet4.png





    勤務先や年収について書くのに抵抗がある人は多いですが、FX会社がこうした情報を求めている理由は、例えば競合会社に所属する人じゃないか等、審査で見る情報として欲しているだけで、勤務先に電話されたりとか、個人情報を変な使い方とかはされないので心配ありません(FX会社は金融庁の管轄化にあるので、そうした個人情報の取り扱いは非常に厳格です)





    記載を終えると、本人確認のための書類とマイナンバーが分かる資料の提出を求められます。





    私は運転免許書+マイナンバー付の住民票を携帯で撮ってそれをアップしました(余談ですが、マイナンバー付の住民票は、マイナンバーカードを持っていない人にとってはかなり使いやすいです)





    そうやって口座開設を申請すると、通常2営業日から1週間程度でID、PWを書いた紙が送られてくるので、それで口座開設は完了です!


    アイネット証券のループイフダン、口座開設のやり方を画像付きで分かりやすく解説





    ループイフダン豪ドル/NZドル新設定のやり方を画像付きで分かりやすく解説







    次に、この設定のやり方を、画像付きで解説します。





    口座開設後、ループイフダン口座にログインすると、以下のような画面が出るので、右の方にあるループイフダン(注文)をクリックしてください。





    loop1.png





    すると、以下のような画面が出るので、このように設定してください(1,000通貨取引の場合)





    loop2.png





    1,000通貨なら取引数量に1、6,000通貨なら6、1万通貨なら10という感じで入力してください。ここで次へを押すと、以下のように何本入れるか出てくるので、私のこの設定であれば、18を入れてください。





    loop3.png





    ここで確認を押すと、最後に確認画面が出てくるので、問題なければ開始をクリックすれば、あとは全部自動で取引してくれます!





    loop4.png





    以上が私の新設定のやり方でした。今回の設定で使うループイフダン口座は、当サイトから口座開設を行うと、当サイト限定で、10万円以上の入金でもれなく3,000円のQUOカードが貰えるタイアップもあるので、口座開設は当サイトからがおすすめです。





    口座開設は、



    アイネット証券
    button2.png



    からできます。




    今後このポジションについてはTwitterでも運用実績や、もし何かあったときの対応を配信していくので、よろしければ是非フォローをお願いします。








    この記事をツイッターで紹介する