FX業者のせいで30万円以上損してませ
んか?FX歴11年の管理人が教える本当
におすすめのFX会社

【資産運用おすすめ】10万円から投資可能!Yukiの実績公開ポジション一覧

FX以上に高い資金効率+追証絶対なしの新商品、ノックアウト・オプションとは?先着150名限定で破格のキャンペーンも!

メキシコペソ投資は、スワップか自動売買どちらがいいのか?実際に運用して比較

【利回り21%】ズロチ・ユーロサヤ取り+自動売買の新設定を公開!

【利回り40%近く】ループイフダン豪ドル/NZドル VS コアレンジャー比較

【初心者向け】FX投資戦略マニュアル+5,000円プレゼント!セントラル短資FXとタイアップ!

【実績利回り27%】ズロチユーロサヤ取りのやり方と、私の実績【エントリー・利確のタイミングも解説】

【ズロチユーロ】サヤ取りと半自動売買のどちらが良いのか?

2019年11月01日 23:14

ズロチユーロは サヤ取り半自動売買 どっちがいいの?



ポーランドズロチとユーロは、

  • ズロチとユーロは非常に良く似た動きをする

  • ズロチは高金利

  • ユーロは低金利


  • という特徴があるため、ズロチを買って、ユーロを売ることで、為替リスクを抑えながらスワップポイントを貰う、ズロチユーロサヤ取りという手法が非常に流行っており、私も実績で年利25%で運用出来ております。

    【実績利回り25%】ズロチ・ユーロサヤ取り運用実績



    また、この「為替リスクが抑えられている」という特徴を利用して、「小さなレンジの中で為替差益も取っていく」という、ズロチユーロ半自動売買という手法もあり、こちらも230万円元本で、1か月弱で12万円の利益をあげられました。

    【新戦略】ズロチユーロ(EUR/PLN)半自動売買戦略、設定と実績



    この半自動売買戦略では、「ズロチ円」と「ユーロ円」に分けていると、指値注文や決済注文ができないので、EUR/PLNという通貨ペアを使ってやることになります(この通貨ペアが一体何なのかという説明は、下で書きます)



    このように、

  • スワップポイントサヤ取り

  • 半自動売買


  • という2つの手法があり、どちらも成果を出したことで、最近よく聞かれることがあります。



    それは、「じゃあズロチユーロは、サヤ取りと半自動売買のどっちの方がいいの?」というものです。



    今回は、これについて答えたいと思います。



    結論から言うと、以下の通りです。

  • 結局サヤ取りも、半自動売買も、やっていることは根本的には同じ

  • ただし、サヤ取りより半自動売買の方が、一度仕掛けたら後は相場を見なくてもいいので、手間はかからず、また証拠金も少なくて済むのでロスカットにもなりにくい

  • また、使うFX会社が違うことで、スプレッドを重視するか、スワップポイントを重視するか、取引単位を重視するかで、それぞれベストな会社が異なる


  • となっております。



    なので、スプレッド、スワップポイント、取引単位、楽さのどれを重視するかによって、選ぶFX会社が異なるというのが、実際のところだと思います。



    なお、ズロチユーロの条件が良い会社に絞って、半自動売買、スプレッド、スワップ、取引単位で比較すると、以下のようになります。



    半自動売買スプレッドスワップポイント取引単位
    サクソバンク証券平均315円
    (平均11.7pips)
    46.36
    IG証券675円-1215円
    (25-45pips)
    60.3
    みんなのFX×1244円56.34


    ※1:スプレッドはズロチ円=27円で計算
    ※2:スワップポイントは、10月平均を使用。なお、みんなのFXについては、ズロチ4.3万通貨買い、ユーロ1万通貨売りで計算



    このように、

  • 半自動売買で、スプレッドや取引単位(1000通貨取引)を重視するならサクソバンク証券

  • ,
  • 半自動売買で、スワップポイントを重視し、1万通貨単位取引でよければIG証券

  • スワップポイント重視で、1000通貨単位で取引したいならみんなのFX(LIGHT FX)


  • がおすすめとなります。



    サクソバンク証券とみんなのFXは元々条件が良いことは知っていたのですが、これまでIG証券はEUR/PLNがあることも知らず、またスワップポイントも良いイメージがなかったのでノーマークだったのですが、調べてみると非常にスワップポイントが良くて驚きました。



    スワップ狙いで投資する場合も、1万通貨刻みでの取引でよければ、IG証券を使うのがおすすめです(大体23万円で1万通貨くらいが目安です)



    なお、IG証券については、今なら先着150名限定で、最大6万円ものキャッシュバックという破格の口座開設キャンペーンも行われており、その内5,000円は口座開設して、50万円以上入金して、30日以内に1回新規取引というように非常に簡単な達成条件で、さらにCFDで他社の口座を使っている人は、取引報告書送付で1万円と、非常に簡単に1.5万円を貰えるので、興味がある方は是非この機会にどうぞ。



    それぞれのFX会社の口座開設は、


    【半自動売買+スプレッド+1000通貨取引】

    サクソバンク証券
    application_orange_b_320_100.png



    【半自動売買+スワップポイント】

    IG証券
    application_orange_b_320_100.png



    【スワップポイント+1,000通貨単位取引】

    みんなのFX
    button2.png


    からできます。



    なお、IG証券のキャンペーンについては、口座開設の申込をして、さらにキャンペーンにも申し込む必要があり、そのキャンペーンページは以下のリンクから飛んで、FXかFX以外か選んで申し込みを行ってください(FX以外の方が他社乗換で+1万円があるので、もしCFD等を他社でやっている方はそちらの方がおすすめです。キャンペーンにFX以外で申し込んでも、もちろんFX取引はできます)

    IG証券 キャンペーンページ



    以下の順番で書いていきます。



  • ズロチユーロサヤ取りと半自動売買は同じことをやっている

  • ズロチユーロの取引で使うFX会社の比較




  • ズロチユーロサヤ取りと半自動売買は同じことをやっている





    まず、ズロチユーロサヤ取りと半自動売買が同じことをやっているということについて説明します。



    ズロチユーロサヤ取りとは、「ズロチを買って、ユーロを売る」「EUR/PLNが高い時にポジションを仕込んで、低い時に利確する」というものでした。



    それに対して、ズロチユーロ半自動売買は、EUR/PLNという、「ユーロを買って、ズロチを売る」という通貨ペアの売り、つまり、逆転して「ズロチを買って、ユーロを売る」という取引をしながら、売りなので「EUR/PLNが高い時にポジションを仕込んで、低い時に利確する」ということです。



    なので、どちらも「ズロチを買ってユーロを売る」「EUR/PLNが高い時に仕込んで、安い時に利確する」という点で、やっていることは根本的には全く同じと言えます。



    ただし、EUR/PLNという通貨ペアでやる場合、「指値注文」「決済注文」をあらかじめ入れておけるのに対して、ズロチ円、ユーロ円で分けると、そうしたことができないので、その点で、半自動売買で使うEUR/PLNで取引する方が楽ということはできます。



    また、実はロスカットについても、ズロチ円の買い、ユーロ円の売りだと、ズロチとユーロの両方に対して証拠金が必要なのに対して、EUR/PLNという通貨ペアだと、この通貨ペア1つ分の証拠金で済むので、実はロスカットにかかる位置も、EUR/PLNという通貨ペアの方が有利でもあります。



    以上のように、サヤ取りと半自動売買は、やっていることは同じながら、手間とロスカットリスクという点で、EUR/PLNを直接取引する半自動売買の方が若干有利ということが言えます。



    ただし、これらの違いは、取り扱っているFX会社のスペックの違いに比べるとそこまで重要ではなく、より重要なのは、「どこで取引するか」ということだったりします。その点について、次で説明します。



    ズロチユーロの取引で使うFX会社の比較





    では次に、FX会社による違いを説明します。ズロチユーロサヤ取りだと、一番条件が良いのはみんなのFXかLIGHT FXで、EUR/PLNでの半自動売買だと、サクソバンク証券とIG証券の2社が条件が良いので、その3社について比べると、以下の通りです。



    半自動売買スプレッドスワップポイント取引単位
    サクソバンク証券平均315円
    (平均11.7pips)
    46.36
    IG証券675円-1215円
    (25-45pips)
    60.3
    みんなのFX×1244円56.34


    ※1:スプレッドはズロチ円=27円で計算
    ※2:スワップポイントは、10月平均を使用。なお、みんなのFXについては、ズロチ4.3万通貨買い、ユーロ1万通貨売りで計算



    このように、

  • 半自動売買で、スプレッドや取引単位(1000通貨取引)を重視するならサクソバンク証券

  • 半自動売買で、スワップポイントを重視し、1万通貨単位取引でよければIG証券

  • スワップポイント重視で、1000通貨単位で取引したいならみんなのFX(LIGHT FX)


  • がおすすめとなります。



    細かく何度も取引する設定で運用するなら、1回あたりの取引で、1,000円近く取引コストが安いサクソバンク証券が、まずおすすめです。また、この会社は、取引単位も千通貨でできるという点もメリットで、少額から運用したい場合も、おすすめとなります。



    一方で、半自動売買の有無と、スワップポイントを重視すると、意外なことにIG証券が一番という結果になりました。



    この会社はクロス円については、正直そこまでスワップポイントが無茶苦茶良いわけではないので、あまりマークしていなかったのですが、EUR/PLNのような欧州通貨同士だと、元々英国系のIG証券が強いようで、10月のスワップポイントの平均をとっても60円超えという、驚異的な数字になっておりました。



    また、IG証券については、今なら先着150名限定で、最大6万円ものキャッシュバックという破格の口座開設キャンペーンも行われており、その内5,000円は口座開設して、50万円以上入金して、30日以内に1回新規取引というように非常に簡単な達成条件で貰えるので、興味がある方は是非この機会にどうぞ。



    ただし、IG証券は半自動売買とスワップポイントという点では優れているものの、取引単位が1万通貨というのが弱点で、その点では、みんなのFXも、スワップポイントはIG証券とほぼ互角で、千通貨単位もできるという点が強みとなります。



    このように、

  • 半自動売買を重視するか

  • スプレッドかスワップのどちらを重視するか

  • 取引単位をどのくらいでやりたいか


  • ということによって、ベストな会社が異なることになります。



    私のおすすめとしては、

  • 半自動売買で、私のように細かくトレードしたい場合、1万通貨だと230万円くらいは資金が必要な一方、1000通貨なら23万円からでも取引できるので、半自動売買ならサクソバンク証券

  • スワップポイントを重視したくて、12万円単位で取引できるなら、EUR/PLNで楽もできてロスカットラインも遠いIG証券

  • スワップポイントを重視して、2.3万円単位で細かく取引したいならみんなのFX


  • という感じかなと思います。



    なので、この中で、自分が一番やりたいトレードに近い会社でやるのがおすすめです。



    それぞれの会社の口座開設は、


    【半自動売買+スプレッド+1000通貨取引】

    サクソバンク証券
    application_orange_b_320_100.png



    【半自動売買+スワップポイント+期間限定最大6万円キャッシュバック(5,000円は非常に簡単に達成可能)】

    IG証券
    application_orange_b_320_100.png



    IG証券 キャンペーンページ


    【スワップポイント+1,000通貨単位取引】

    みんなのFX
    button2.png


    からできます。



    なお、IG証券のキャンペーンについては、口座開設の申込をして、さらにキャンペーンにも申し込む必要があり、そのキャンペーンページは以下のリンクから飛んで、FXかFX以外か選んで申し込みを行ってください(FX以外の方が他社乗換で+1万円があるので、もしCFD等を他社でやっている方はそちらの方がおすすめです。キャンペーンにFX以外で申し込んでも、もちろんFX取引はできます)
    関連記事