FX業者のせいで30万円以上損してませ
んか?FX歴11年の管理人が教える本当
におすすめのFX会社

【資産運用おすすめ】10万円から投資可能!Yukiの実績公開ポジション一覧

FX以上に高い資金効率+追証絶対なしの新商品、ノックアウト・オプションとは?先着150名限定で破格のキャンペーンも!

メキシコペソ投資は、スワップか自動売買どちらがいいのか?実際に運用して比較

【利回り21%】ズロチ・ユーロサヤ取り+自動売買の新設定を公開!

【利回り40%近く】ループイフダン豪ドル/NZドル VS コアレンジャー比較

【初心者向け】FX投資戦略マニュアル+5,000円プレゼント!セントラル短資FXとタイアップ!

【実績利回り27%】ズロチユーロサヤ取りのやり方と、私の実績【エントリー・利確のタイミングも解説】

IG証券のノックアウト・オプションとは?デメリットも含めて攻略ポイントを解説

2019年11月02日 06:55

海外FXはもう不要!? ノックアウトオプションとは?-min



最近、億トレーダーや専業トレーダーを中心に人気が広まっているノックアウト・オプションという投資商品をご存知でしょうか?



このノックアウト・オプションというのは、「為替や株価指数に投資して、利確・損切も自分のタイミングでできる」という点で、FXやCFDとも似ている金融商品なのですが、


  • FXやCFDと比べて資金効率が圧倒的に良い(ドル円1万通貨購入に最低限必要な証拠金が、FXなら44,200円に対し、ノックアウト・オプションなら最低2,000円以下のオプション購入金額で取引可能と、状況によってはFXの20分の1の資金量で取引できる※)

  • 損失額がオプション購入金額に限定されて、FXでいうスリッページ、窓開けの影響は一切なく、確実に追証等がない

  • 日本でトレードされているほとんどの通貨ペアを網羅した上で、さらに株価指数や金等も取引可能

  • 日本の金融庁より認可を受けており、FXやCFDとも損益通算可能で、税率も20.315%



  • というように、少額の資金で、大きな取引単位を持ちつつも、絶対に追証がなくオプション購入金額以上の損失にはならず、しかも金融庁認可の会社なので信頼性があり、税制上も有利という点が、最大の魅力と言えます。

    ※2019/10/30の21:57時時点。1ドル=108.95円



    よく海外FX会社を使うメリットとして、


  • 高いレバレッジをかけられる

  • ゼロカットで追証がない


  • といったことがあげられますが、ノックアウト・オプションであれば、FX以上に資金効率が良く、損失も購入オプション購入金額に限定されて追証がないという点でカバー可能であり、さらに海外FXのデメリットである

  • 出金できないなどのトラブルが多発している

  • 税務上不利


  • といった問題もIG証券が金融庁認可であるため存在せず、ノックアウト・オプションを使うのであれば、わざわざ海外FXを使う理由が正直見当たらないというレベルで優れた商品です。



    こうした特徴から、特に億トレーダーや専業トレーダーの方を中心にどんどん人気が高まっているのがノックアウト・オプションです。



    そして、このIG証券は、今非常にお得な口座開設キャンペーンをやっており、具体的には先着150名限定で、最大6万円、初回取引するだけでも5,000円ものキャッシュバックで、CFDを他社で取引している場合は取引報告書送付でさらに1万円貰える、はっきり言って破格のキャンペーンなので、興味がある方は是非この機会にどうぞ(このキャンペーンの詳細は、

    IG証券の最大6万円キャッシュバックキャンペーン

    で詳しく書いてます)



    口座開設は、


    IG証券
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。



    以下の順番で書いていきます。



    IG証券のノックアウト・オプションとは何か?概要と使い方を画像付きで説明

    IG証券のノックアウト・オプションのメリット

     資金効率がFXよりも良い

     損失額がオプション購入額に限定され、追証がありえない

      IG証券のノックアウト・オプションの取扱銘柄はFXだけでなく、株価指数や商品もある

     金融庁認可のIG証券運営のため、海外FXと違って信頼性があり税率も有利

    IG証券のノックアウト・オプションよくある疑問

     IG証券のノックアウト・オプションのスプレッド・スワップポイントは?

     ノックアウト・オプションの取引単位は?

    ノックアウト・オプションのデメリット・注意点

     エントリーは成行注文のみで、指値・逆指値でエントリーができない

     ノックアウト価格の変更はできない

     FXと比べると、スプレッドが若干広い

     決済期限があり、1年以上の保有ができない

    IG証券のノックアウト・オプションの攻略の鍵

    IG証券のノックアウト・オプションの評判・レビュー

    IG証券の最大6万円キャッシュバックキャンペーン



    IG証券のノックアウト・オプションとは何か?概要と使い方を画像付きで説明





    まずは、ノックアウト・オプションとは何かというと、IG証券が新しく出したオプション取引商品なのですが、FXやCFDのような自由度の高さや分かりやすさもあわせ持った金融商品です。



    取引の流れとしては、

  • 取引する銘柄(通貨でも、株価指数でも)

  • 上昇か下落か(ブルかベアか)

  • ノックアウト価格(FXでいうロスカットポイント)

  • ロット数(ドル円だと1lotが1万通貨)


  • を選んでエントリーして、後は自分のタイミングで利確、損切を行うというものです。



    こういうと少しイメージしづらいかもしれないので、実際の取引画面をご覧ください。



    KO1-min.png



    これはドル円のブル(上昇)というノックアウト・オプションの購入画面で、10895というのが今のドル円の価格(108.95円ですが、オプションのため表示は10895となっています)、ノックアウト価格というのは、「ここまで下がったらオプション購入金額が0になる」というライン(今回だと108.8円)となっております。



    この時、オプション購入金額は、10895から10880までの下落幅15ポイントに加えて、ノックアウト保証料2ポイントで合計17ポイント、そしてノックアウト・オプションは1ポイント100円なので、1,700円のオプション購入金額が必要になるということになります。



    なお、このノックアウト保証料は、10880になって、ノックアウトされた(=オプション購入金額が0になった)時にはじめて発生するもので、例えばその前の10881で損切すれば、14ポイント分で1,400円の損失で済みます。



    このノックアウト保証料は、あくまで「ノックアウトされた時にのみ費用となるもの」なので、実際にはノックアウト価格より前に逆指値を置いて、自分でロスカットするのが定石となります。



    ちなみにこのノックアウト・オプションは、FXやCFDと同じように、購入後いつでも利確・損切することは可能で、例えば10900(109円)になった時に利確すれば、5ポイントで500円の利益になりますし、もっと伸ばして11000(110円)になった時に利確すれば105ポイントで1万500円の利益、逆に10890(108.9円)で損切すれば、5ポイントのマイナスで500円の損失となります。



    また、ノックアウト・オプションには、上昇すると予想する場合はブルを買えばいいのですが、逆に下落すると予想する場合には、ベアというものがあり、これを買えば、FXで言う売りのような状態になります。



    ここまでがざっとしたノックアウト・オプションの特徴なのですが、「じゃあFXと何が違うの?」と思われるかもしれないので、FXにないノックアウト・オプションのメリットから説明します(もちろん、後で逆にデメリットも説明します)



    IG証券のノックアウト・オプションのメリット





    ノックアウト・オプションのメリットは大きく4つあり、

  • 資金効率がFXよりも良い

  • 損失額がオプションに限定され、追証がありえない

  • IG証券のノックアウト・オプションの取扱銘柄はFXだけでなく、株価指数や商品もある

  • 金融庁認可のIG証券が運営のため、信頼性があり税率も有利


  • という点があります。



    ノックアウトオプションメリット-min



    資金効率がFXよりも良い





    ノックアウト・オプションの最大の特徴は、資金効率の良さにあるという人は非常に多いです。



    執筆時点でドル円が108.95円で、ノックアウト価格が108.8円のものがあったので、そこで必要となる資金、ノックアウト・オプションのオプション購入金額と、FXで同じ取引をしたい場合の必要証拠金を比べると以下の通りです。



    ノックアウト・オプションFX
    必要資金1,700円※44,220円
    10pips上がった時の利益1,000円1,000円
    20pips上がった時の利益2,000円2,000円


    ※10/30 21:57時点
    ※上記は予想どおり上がった場合の利益シミュレーションです。予想が外れ下がった場合は、同じ金額の損失が発生します。



    このように、資金は1,700円と非常に少額から投資できる中で、もしドル円が10pips上がったら、FXでもノックアウト・オプションでも1,000円の利益、20pips上がればどちらも2,000円の利益というように、非常に資金効率よく投資できるというのがノックアウト・オプションの特徴です。



    損失額がオプション購入額に限定され、追証がありえない





    ノックアウト・オプションは、あくまでオプションの購入なので、オプション購入金額以上の損失はなく、上の例で言うと、1,700円以上の損失には何があってもなりません



    これは、

  • 週末に大きな事件があって、窓開けになった

  • 経済指標の発表などでレートが大きく飛んだ

  • リーマンショックやスイスショッククラスの大事件が起こった


  • といったこと全て一切関係なく、何が起ころうともオプション購入金額以上の損失は出ないということになります。



    FXでは、上で書いたような事態が起こり、きちんと損切注文が約定されないと、最悪追証になり借金を負うリスクもありますが(実際、スイスショックの時はこうした追証がかなり発生しました)、そうしたリスクを背負うことなく大きなロットで投資できるという点もノックアウト・オプションの魅力です。



    IG証券のノックアウト・オプションの取扱銘柄はFXだけでなく、株価指数や商品もある





    ノックアウト・オプションの取扱銘柄は非常に多く、

  • ドル円

  • ユーロ円

  • ユーロドル

  • ポンド円

  • ポンドドル

  • ユーロポンド


  • といった主要通貨だけでなく、

  • トルコリラやメキシコペソといった新興国通貨

  • それどころか、ブラジルレアルやユーロ/ズロチ等の、超マイナーどころの通貨ペア


  • まであります。



    さらに、ノックアウト・オプションの対象は為替に限らず、例えば

  • 日経平均(日本225)

  • S&P500(米国500)

  • NYダウ(ウォール街株価指数)


  • といった株価指数や、

  • WTI原油

  • スポット金

  • NY天然ガス

  • シカゴ大豆


  • 等の商品も対象になっており、非常に幅広い資産に投資可能です。



    金融庁認可のIG証券運営のため、海外FXと違って信頼性があり税率も有利





    ノックアウト・オプションは、金融庁認可のIG証券が運営しているため、

  • 全額信託保全が義務付けられている

  • 出金拒否等もありえない


  • というように信頼性がある他、

  • FXやCFD等、他の金融商品と損益通算ができる

  • 損失繰越しも可能

  • 税率も分離課税で20.315%


  • と税制上も有利になっております。



    IG証券のノックアウト・オプションよくある疑問





    次に、ノックアウト・オプションでよく疑問に思われるポイントについて解説していきます。



    IG証券のノックアウト・オプションのスプレッド・スワップポイントは?





    ノックアウト・オプションの執筆時点でのスプレッド、スワップポイントについては、主要な通貨ペアについては以下の通りです。なお、スプレッドは日本時間午前9時から翌日午前3時までは原則固定です。



    スプレッドスワップポイント(買い)スワップポイント(売り)
    ドル円0.668-93
    ユーロ円1.1-12-13
    ユーロドル0.6-10178
    ポンド円230-62
    ポンドドル1.5-7445
    豪ドル円1.324-42




    スワップポイントは、IG証券のFX口座と同じになっているようです。



    なお、最新情報や、他の通貨ペアについては、以下をご覧ください。

    スプレッド:ノックアウト・オプション銘柄詳細情報

    スワップポイント:IG証券 スワップポイント



    ノックアウト・オプションの取引単位は?





    ノックアウト・オプションの取引単位は、通貨ペアや銘柄によっても異なりますが、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、トルコリラ円等の、クロス円で人気がある通貨ペアは取引単位は1万通貨です。



    ノックアウト・オプションのデメリット・注意点





    このように、ノックアウト・オプションには、資金効率よく、リスクも限定した上で、色々な資産に、安心して投資できるというように、様々なメリットがあることを説明してきましたが、今度は逆にFXと比べた時の、ノックアウト・オプションのデメリットや注意点についても解説していきたいと思います。



    ノックアウト・オプションのデメリットは、以下の通りです。



    ノックアウトオプションデメリット-min



    エントリーは成行注文のみで、指値・逆指値でエントリーができない





    FXであれば、「108円でドル円買い指値エントリー」とか、逆に「110円を上抜けたところで順張りで買いの逆指値エントリー」といったことができますが、ノックアウト・オプションは、あくまで「今オプションを買うかどうか」なので、エントリーは全て成行注文となり、この点は、指値や逆指値でのエントリーを好む人にとってはデメリットと感じられるかもしれません。



    なお、決済については指値、逆指値の指定が可能なので、「ここまで伸びれば利確」「逆にここまで落ちれば損切」と言ったものは始めに入れておけば、あとはそのレートになった時に自動で決済はしてくれるので、その点は心配いりません。



    ノックアウト価格の変更はできない





    ノックアウト・オプションでは、最初にノックアウト価格という、「ここまで下がったら強制ロスカット」というポイントを決めるのですが、このノックアウト価格は、一度決めると変更ができなくなります



    そのため、元々は108.8円で切るつもりだったけど、やっぱり108円まで・・・といったような取引はできません。



    ただし、これは逆に言うと、「ちゃんと損失を確定できる」ということで、FXでよくある、「損切ができずに損切ラインをズルズルと変えてしまい、気が付いたらとんでもない損失になる」という事態をシステム的に防ぐことができるということでもあるので、逆にメリットと言えるかもしれません。



    また、108.95円でブル(上昇)を買って、108.8円がノックアウトラインとして、自分で入れた逆指値の108.9円というのは変更可能で、ここから108.85円にも、108.81円にも変更することはできます(108.8円のノックアウトラインより下だと、入れても108.8円でノックアウトされるので意味はありません)



    FXと比べると、スプレッドが若干広い





    上でも書いたように、ノックアウト・オプションのスプレッドは、ドル円が0.6銭、ユーロ円が1.1銭、ユーロドル0.6pipsと、今時のスプレッド最狭水準のFX会社であればドル円は0.2銭、ユーロ円は0.4銭、ユーロドルは0.2pipsくらいになっていることを考えると、若干広くなっております。



    ただし、このくらいの差であれば、正直よほど超短期のトレードでもない限りは誤差の範囲内で、上で書いたように、FXより圧倒的に資金効率が良く、また、損失もオプション購入金額に限定できるというように、攻守に優れた特性を持つ以上は必要なコストだと思います。



    決済期限があり、1年以上の保有ができない





    ノックアウト・オプションは、オプション取引であるため、決済期限が最長1年となっております。自分で決済せず、またノックアウトレートに到達しなくても、1年経てば自動的に決済されるので、その点で長期投資の場合には注意が必要です。



    以上がノックアウト・オプションのデメリットでした。もう一度メリットとデメリットをまとめます。



    ノックアウトオプションまとめ-min



    IG証券のノックアウト・オプションの攻略の鍵





    ノックアウト・オプションの最大の特徴は、ある程度大きな単位で取引して、かつ、リスクも限定したいという人におすすめのものなので、基本的にはFXやCFDの中上級者以上が、大きくロットを建てるための金融商品だと思います。



    また、スプレッドが若干広いことから、数銭を狙った秒スキャよりは、10銭以上を狙ったスキャルピングやデイトレード、数日程度のスイングくらいの時間帯で見ておくと良いと思います。



    この場合、日足チャートは方向性を掴むために把握して、実際のトレードは5分足か15分足くらいでエントリー、エグジットを決めて(このくらいの値幅を狙う場合、1分足だと短すぎる印象です)、逆方向にいけば、ノックアウト価格に達する前に自分で損切を入れることも重要になります。



    一方長期保有については、

  • 決済期限が1年

  • ノックアウト価格を変更できない


  • ということから、そこまで向かず、やはり短期トレードで攻めていくのがノックアウト・オプションの攻略のカギと言えそうです。



    このように、基本的には短い時間軸で大きくロットを張りたい中上級者の方におすすめの金融商品だと思います。



    ただ、中上級者の方だけでなく、初心者の方にとっても「オプション購入額にリスクが限定されて追証がありえない」「損切が確実になされる」といった点はメリットなので、このように「リスク管理をしっかりできるところがいい」と思う方は、初心者の方でもおすすめです。



    ノックアウトレベルの設定によりますが、必要となる資金(オプション購入金額)も1万円以内から始められるので、まずはノックアウト・オプションを体験してみたいという方は、今だと先着150名限定で、最大6万円のキャッシュバックキャンペーンもあり、少なくとも1回取引するだけで5,000円のキャッシュバックは貰えるという破格のキャンペーンもあるので、是非この機会にどうぞ。



    口座開設は


    IG証券
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。



    IG証券のノックアウト・オプションの評判・レビュー





    実際にノックアウト・オプションを使っている人の声を見ると、やはり

  • 資金効率の良さ

  • オプション購入額にリスクが限定されるところ


  • が特に高く評価されているようで、そういう声が多かったです。















    IG証券の最大6万円キャッシュバックキャンペーン





    IG証券では今先着150名限定で、新規口座開設+50万円以上入金+取引で、最大6万円キャッシュバックという、凄まじくお得なキャンペーンをやっているので、それについても紹介します。



    このキャンペーンは、新規口座開設者限定で、IG証券 キャンペーンページから申し込みをするものなのですが、

  • FX取引(最大5万円のキャッシュバック)

  • FX以外の取引(最大6万円のキャッシュバック)


  • の2つがあり、どちらか1つを選ばなければいけません。



    その中で、FX取引を選ぶと、以下のように、口座開設30日以内に初回取引を行うだけで5,000円のキャッシュバックは貰えて、さらに取引ロット数次第で最大5万円までキャッシュバックがもらえます。



    IG campaign FX-min



    一方で、FX以外(株価指数や商品)であれば、口座開設申込後30日以内に初回取引を実施で5,000円、さらに他社取引報告書の提出で1万円と、1万5,000円は簡単に貰うことができて、その上で取引量によって、最大6万円のキャッシュバックが貰えます。



    IG campaign FX igai-min



    どちらがおすすめかというと、個人的には他社でCFDをやっていたら、1万5,000円は簡単に貰えて、さらに値動きも大きく、短期トレードで他にあまり良い会社もない株価指数を取引するために、FX以外のキャンペーンに申し込んだ方がいいかなとは思いますが、FXをメインでやってきた方などは、FXを選んでも十分お得だと思います。



    もちろん、キャンペーンでFXに申し込んでも株価指数や商品などの取引はできますし、FX以外に申し込んでもFX取引もできるので、その点はご安心ください(あくまで、キャンペーンとしてどちらに応募するか、というだけの話です)



    このキャンペーンは、キャンペーン規則を見ると先着150名までなので、興味があれば是非お早めにどうぞ(もう終わっていたらすみません・・・・)



    以上がIG証券のノックアウト・オプションについての解説でした。このように、かなり面白い金融商品で、これがあればもうハイレバレッジやゼロカット自慢の海外FX会社もいらないのではないかと思えるレベルのもので、キャンペーンもすさまじいものなので、興味があれば是非どうぞ。



    口座開設は


    IG証券
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。



    また、口座開設の申込をして、さらにキャンペーンにも申し込む必要があり、そのキャンペーンページは以下のリンクから飛んで、FXかFX以外か選んで申し込みを行ってください(FX以外の方が他社乗換で+1万円があるので、もしCFD等を他社でやっている方はそちらの方がおすすめです。キャンペーンにFX以外で申し込んでも、もちろんFX取引はできます)

    IG証券 キャンペーンページ

    関連記事