FX業者のせいで30万円以上損
してませんか?スキャルピングで
本当におすすめのFX会社

【資産運用おすすめ】10万円から投資可能!Yukiの実績公開ポジション一覧

FX以上に高い資金効率+追証絶対なしの新商品、ノックアウト・オプションとは?先着150名限定で破格のキャンペーンも!

メキシコペソ投資は、スワップか自動売買どちらがいいのか?実際に運用して比較

FXスキャルピングで口座凍結!?スキャルピング禁止の真偽と口座凍結対策

【利回り40%近く】ループイフダン豪ドル/NZドル VS コアレンジャー比較

【初心者向け】FX投資戦略マニュアル+5,000円プレゼント!セントラル短資FXとタイアップ!

LINE FXのキャンペーンが凄すぎる!スプレッド、スワップも良くおすすめです

XMはスキャルピングおすすめ口座か?ハイレバ海外FXのスプレッドやリスク

2020年07月24日 20:18

XMはスキャルで おすすめ?-min



XMという海外FX業者は人気が高く、私のところにも「XMでスキャルピングしようと思うんですが、どうですか?」というような相談が来ることもあるので、今回XMは本当にスキャルピングでおすすめ口座なのか?ということについて説明します。



XMは海外FX会社で、「最大888倍のレバレッジ」「マイナス残高リセット(ゼロカットともいわれる、口座残高がマイナスの状態でロスカットされても追証がない仕組み)」といったメリットがあるので、スキャルピングで使おうとする人が多いのですが、果たしてこれが本当に良いものなのかどうか検証したいと思います。



結論から言うと、ハイレバ、ゼロカットというのがあったとしても、それでも以下4点の理由からXMはスキャルピングに向いておらず、おすすめできないと考えています。

  • XMはスプレッドや取引手数料が高い

  • 海外FXのため税制優遇がなく、税率が高くなりやすい&損失繰越や他のFX、CFDとの損益通算もできない

  • XMに限らず海外FXには出金拒否・口座凍結等のリスクがある(そもそも海外FXの勧誘は日本では違法であり、この時点で相当リスクが高い)

  • 資金効率やリスク限定という点に魅力を感じるのであれば、金融庁認可のちゃんとした会社でトレードできるIG証券のノックアウトオプションを使った方が良い



  • 以上のように、XM等の海外FX業者はおすすめできず、もし「資金効率」や「リスク限定」という点に魅力を感じるのであれば、金融庁認可で信頼性があり、税率も有利なIG証券のノックアウトオプションを使うのがおすすめです。



    ノックアウトオプションというのは、FXとは違う金融商品ですが、実際に使ってみるとFXと同じような感覚でトレードできる金融商品で、

  • とても資金効率がいい

  • 損失も購入オプション料に限定されて追証が絶対にない


  • という点で海外FXでよくあるメリットをカバー可能であり、さらに海外FXのデメリットである

  • 税務上不利

  • 出金できないなどのトラブルが多発している



  • といった問題もIG証券が金融庁認可であるため存在せず、ノックアウトオプションを使うのであれば、わざわざ海外FXを使う理由が正直見当たらないというレベルです。(ノックアウトオプションについての詳細な解説は、

    ノックアウトオプションのメリット・デメリットとは | 特徴や取引方法も解説

    で書いてます)



    こうした特徴から、特に億トレーダーや専業トレーダーの方を中心にどんどん人気が高まっているのがノックアウトオプションで、資金効率やリスク限定を重視したスキャルピングをしたいなら、ここを使うのがまずおすすめです。



    そして、このIG証券は、期間限定で非常にお得な口座開設キャンペーンをやっており、具体的には先着150名限定で、最大6万円、かなり簡単な条件で1.5万円までは貰えるキャッシュバックキャンペーンもやっております。



    このキャンペーンは、はっきり言って破格のキャンペーンで、先着150名といつ終わるかも分からないものなので、興味がある方は是非この機会にどうぞ



    口座開設は、


    IG証券
    application_orange_b_320_100.png

    からできます。



    以下の順番で書いていきます。



  • XMのハイレバ(レバレッジ最大888倍)、ゼロカットとは?

  • XMはFXスキャルピングを禁止しているのか?

  • XMがスキャルピングに向かない理由1 スプレッドが広い(スタンダード口座、マイクロ口座)

  • XMのゼロ口座はスプレッドは狭いが手数料がかかるので結局スキャルピングに不向き

  • XMがスキャルピングに向かない理由2 税率が高く、損失繰越もできない

  • XMがスキャルピングに向かない理由3 海外FX特有のリスクがある(そもそも日本での勧誘は違法)

  • 結論 XMをスキャルピングに向いておらず、おすすめ口座というのは難しい

  • XM等の海外FX業者を使うなら、ノックアウトオプションの方がおすすめ




  • XMのハイレバ(レバレッジ最大888倍)、ゼロカットとは?





    XMをスキャルピング口座として検討する際に一番大きな要素が「ハイレバ」「ゼロカット」といったあたりだと思うので、まずこれについて簡単に解説します。



    日本のFXではレバレッジが最大25倍までに制限されておりますが、日本の法律の適用がない(厳密に言えば、後で書くように単純に違反してるだけなのですが)海外FXではそれ以上のレバレッジでトレードできるところもあり、XMだと最大888倍のレバレッジが売り文句の一つとなっています。



    スキャルピングでは資金効率よく運用したいという人が多いので、高いレバレッジでトレードできるというのが一つの魅力となっています。



    もう一つの「ゼロカット」というのは、公式ページ上は「マイナス残高リセット」と表現されているもので、これはロスカットになった時に、証拠金残高がマイナスになっていても追証にはならないというシステムです。



    このようにハイレバで運用しながら、ゼロカットでリスクも抑えたいという人が海外FXを使う傾向にあります。



    XMはFXスキャルピングを禁止しているのか?





    海外FXではこうした「ハイレバ」「ゼロカット」の2つがあるところが多く、ただ、この2つを使ってスキャルピングをされるとFX会社にとって「ゼロカット分の持ち出し」になる可能性が高いため、スキャルピングを禁止するところもあります。



    その点について、XMでスキャルピングを禁止しているかというと、公式ページ上、「スキャルピングを認めている」というように名言しております。



    XM scal-min
    引用元:XM公式サイト



    また、周りで使っている人の話を聞いても、あまり「スキャルピングで口座凍結」という話は聞かない感じです(どちらかといえば「放置してたら凍結された」「両建てで凍結」とか、別の要因で凍結される人が多い印象)



    このように、XMではスキャルピングを禁止してはおりませんが、ただ、以下3つの理由により、XMはスキャルピングでおすすめできないと考えております。



  • スプレッドが広い

  • 海外FXなので税制優遇がない

  • 海外FXなので日本で勧誘している時点で違法であり、リスクがある




  • それぞれ詳細に説明します。



    XMがスキャルピングに向かない理由1 スプレッドが広い(スタンダード口座、マイクロ口座)





    XMでは、「スタンダード口座」「マイクロ口座」「ゼロ口座」の3つがあり、そのうちスタンダード口座とマイクロ口座では取引手数料が無料となっています。



    しかし、この2つの口座はスプレッドが広く、スキャルピングに向いておりません



    口座スタンダードマイクロ
    特徴スタンダード口座10通貨単位取引も可能
    手数料無料無料
    ドル円1.51.6
    ユーロ円2.32.3
    ポンド円3.23.6
    ユーロドル1.61.7
    ポンドドル22.4




    スプレッドについては、国内FX会社だとドル円0.2銭くらいが多く、1.5銭というのは相当広い水準です。



    1.3銭違うと、例えば10万通貨で取引すると1,300円の利益の違いであり、さらに別の言い方をすれば、2銭くらいを抜くスキャルピングだと、普通の会社であれば2.2銭利益を取ればいいのに対して、XMでは3.5銭利益を取らねばならず、取らなければいけない利幅がほぼ1.6倍にまでなるということです。



    スキャルピングのように、大きなロットで細かい利幅を取る場合に、このスプレッドの広さは厳しく、その点でXMはスキャルピングに向いていないと言えます。



    XMのゼロ口座はスプレッドは狭いが手数料がかかるので結局スキャルピングに不向き





    ちなみにもう一つ「ゼロ口座」というのは、これはスプレッドは確かに狭いのですが、その代わりに10万通貨当たり往復10USD(約1,100円)の取引手数料がかかり、実質的に1pipsスプレッドが広いようなものになります。



    そして、その手数料とスプレッドを合わせた取引コストは、以下のようになっています。



    スタンダードマイクロXM trading Zero
    特徴スタンダード口座10通貨単位取引も可能手数料有料だがスプレッド狭め
    手数料無料無料約1,000円(10万通貨あたり10USD)
    スプレッド
    (ドル円平均)
    1.51.60.1
    総取引コスト
    (ドル円)
    1.51.61.1(手数料が約1pips分)
    総取引コスト
    (ユーロ円平均)
    2.32.31.4
    総取引コスト
    (ポンド円平均)
    3.23.62.2
    総取引コスト
    (ユーロドル平均)
    1.61.71.1
    総取引コスト
    (ポンドドル平均)
    22.41.3




    このように、取引手数料も含めて考えると「XMはゼロ口座ならスプレッドが狭いからスキャルピング向き」とは決して言えないことが分かります。



    XMがスキャルピングに向かない理由2 税率が高く、損失繰越もできない





    1つめの理由はXMに固有のものでしたが、2つめと3つめは海外FX全般に係る問題として、税率と、リスクの問題があります。



    まず税率について言うと、国内のFX会社(金融庁認可のもの)では、

  • 税率が住民税込で20.315%で固定(分離課税)

  • 損失が出た場合、最大3年間繰越可能で、もし損が出ても翌年以降の税金を減らせる

  • またCFDや先物、オプション取引と損益通算も可能


  • というように税制優遇措置があります。



    それに対して、海外FXは金融庁の認可がないので、こうした税制優遇措置がなく、給料などとも合算した累進課税の対象となります。



    これについてよくある誤解で、「695万円以下は税率20%だから、それ以下であればむしろ海外FXの方が有利」というのがありますが、これは所得税に限った話で、他に住民税が10%程かかるので、195万円以下の場合を除いて税率上有利になることはなく、年間所得が330万円を超えれば明確に損になります。



    税率は最大で所得税45%+住民税10%で55%にもなり、稼いだお金の半分以上を税金に取られるという点が、海外FXの税金面での問題です。



    XMがスキャルピングに向かない理由3 海外FX特有のリスクがある(そもそも日本での勧誘は違法)





    また、海外FXは、日本国内で投資勧誘をしている時点で金商法の違反であり、今日本で多くのユーザーを集めているような会社は、基本的に違法です。



    実際に金融庁のホームページでも、「日本で登録を受けずに金融商品取引業を行うことは違法です。取引を行う前に取引の相手が登録を受けているかこちらで確認して、無登録の海外所在業者との取引は行わないよう、注意してください。」とあります。

    出典:金融庁 無登録の海外所在業者による勧誘にご注意ください



    XMの公式サイトの一番下にも「XMTradingはJFSA(日本金融庁)の監視下にないため、金融商品提供や金融サービスへの勧誘と考えられる業務には携わっておらず、本ウェブサイトは日本居住者を対象としたものではありません。」と書いてありますが、では何故日本語のサイトを作っているのか・・・?と考えると、正直かなり苦しい言い訳と言わざるを得ません。



    そして、このように違法な海外FXでは、出金拒否等の事態が頻発しており、国民生活センターへの相談事例も多くあります。

    参考:国民生活センター 儲かってるのに出金できない!?海外FX取引をめぐるトラブルにご注意-自動売買ソフト等を購入させ、海外FX取引に誘う手口-



    XMについては、実は出金拒否等のトラブルはそこまで聞きませんが、ただ、以下のようにXMでも出金拒否があったと思われるような口コミもあります。











    こうした点から、やはり違法である以上リスクはあり、その点からもおすすめはしづらいと思います。



    結論 XMをスキャルピングに向いておらず、おすすめ口座というのは難しい





    以上のように、XMはスキャルピングは禁止されていないものの、

  • スプレッドが広い

  • 海外FXなので税制優遇がない

  • 海外FXなので日本で勧誘している時点で違法であり、リスクがある


  • という点から、おすすめしづらいと考えております。



    ただ、とはいえ

  • ハイレバ

  • ゼロカット


  • といった特徴のある海外FXに魅力を感じる人もいるとは思います。そこで、最後に、そういう人におすすめのものを紹介したいと思います。



    XM等の海外FX業者を使うなら、ノックアウトオプションの方がおすすめ





    結局、このようにそもそも違法であり出金拒否などのトラブルリスクもあり、その上税率まで高い海外FX会社を使うメリットとしては、

  • 高いレバレッジをかけられる

  • ゼロカットで追証がない


  • といったあたりに集約されますが、もしそういうメリットを享受したければ、海外FXのリスクを許容しないといけないのでしょうか?



    実はそんなことはなく、IG証券のノックアウトオプションであれば、高い資金効率でリスクを限定したトレードが可能で、しかも金融庁の認可もあるちゃんとした会社で、税率も20.315%、FXやCFDとの損益通算も可能と、良いこと尽くめなので、そちらでの取引をおすすめします。



    IG証券のノックアウトオプションは、FXとは違う金融商品ですが、実際に使ってみるとFXと同じような感覚でトレードできる金融商品で、

  • とても資金効率がいい

  • 損失も購入オプション料に限定されて追証が絶対にない


  • という点で海外FXでよくあるメリットをカバー可能であり、さらに海外FXのデメリットである

  • 出金できないなどのトラブルが多発している

  • 税務上不利


  • といった問題もIG証券が金融庁認可であるため存在しません(ノックアウトオプションも分離課税の対象です)



    また、IG証券のノックアウトオプションは、スプレッドも狭く、単位はpipsで、ドル円0.6、ユーロ円1.1、ユーロドル0.6等、例えばXMで一番取引コストが小さいゼロ口座の手数料込のドル円1.1、ユーロ円1.4、ユーロドル1.1より狭く、有利です。



    このような点から、ノックアウトオプションを使うのであれば、わざわざ海外FXを使う理由が正直見当たらないというレベルです。



    そして、このIG証券は、期間限定で非常にお得な口座開設キャンペーンをやっており、具体的には先着150名限定で、最大6万円、かなり簡単な条件で1.5万円までは貰えるキャッシュバックキャンペーンもやっております。



    このキャンペーンは、はっきり言って破格のキャンペーンで、先着150名といつ終わるかも分からないものなので、興味がある方は是非この機会にどうぞ



    口座開設は、


    IG証券
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。



    【関連記事】

    FXスキャルピング業者比較 | おすすめのスキャルOK(公認)国内業者

    DMM FXやYJFXはスキャルピング禁止業者!?FX口座凍結の噂と対策

    FXスキャルピング手法 | 億稼ぐプロ達の勝ち方を解説

    ノックアウトオプションのメリット・デメリットとは | 特徴や取引方法も解説



    関連記事