FX業者のせいで30万円以上損
してませんか?スキャルピングで
本当におすすめのFX会社

【超お得】当サイト限定の特別口座開設キャンペーンまとめ

1,000万円を公開運用中!Yukiの公開ポジションの設定と実績一覧

FX以上に高い資金効率+追証絶対なしの新商品、ノックアウト・オプションとは?先着150名限定で破格のキャンペーンも!

【利回り40%近く】ループイフダン豪ドル/NZドル VS コアレンジャー比較

ふるさと納税のおすすめを紹介 | 副業やFX、株式の所得がある時の限度額計算も

【初心者向け】FX投資戦略マニュアル+5,000円プレゼント!セントラル短資FXとタイアップ!

【10万円から可能】トラリピ豪ドル/NZドルのおすすめ設定と運用実績をブログで公開

スプレッド競争が再び激化!今一番コストが安いのは結局どこなのか?

2020年09月11日 18:33

スプレッド競争勃発中! 結局一番安いのはどこなのか?-min



最近スプレッド競争がまた起こっているけど、結局一番コストが安いのはどこなの?



今回は、最近のスプレッド競争激化の背景と、結局その上で今一番お得に取引できるのはどこなのか?という点を解説したいと思います。



FXの取引コストについては、ほぼ全ての業者で取引手数料が無料となり、昨年まではどこもドル円だと0.3銭の「暗黙の了解」があったのが、昨年の10月にドル円スプレッド0.2銭にするところが現れてから、FX業者の間でのスプレッド競争が勃発しておりました。



そこからしばらくはスプレッドはどこも安定していた(というよりコロナショックもあってどこもそれどころではなかった)のですが、9月に入ってから再びスプレッド競争が再開し、ドル円スプレッドを0.1銭に引き下げたり、それどころか禁断のドル円スプレッド0.0銭を時間限定とはいえやるような会社まで出てきました。



linefx timesale-min



そして、それに対抗して、例えばGMOクリック証券やDMM FXといったFX界に長らく君臨してきた「重鎮」までドル円原則固定0.1銭をやるようになりました。



ただし、ここまで皆バラバラと「スプレッド縮小」をやると、結局どこがお得なのか分かりづらくなってきたので、今回は現時点での主要FX会社のスプレッドを比較して、その上でどこが一番取引コストが安いのかを解説したいと思います。



結論から言うと、以下の3社がスプレッド的にお得になっております。



LINE証券

スプレッド競争の火付け役。キャンペーンも超お得

  • 期間限定、先着40,000人限定で1取引で5,000円キャッシュバック!
  • スプレッドは業界トップレベル
  • 12/19までスプレッド縮小キャンペーン実施中
  • はっちゅう君

    スプレッド競争を受けて立った「王者」

  • ほとんどの通貨ペアでLINE証券とスプレッド同率トップに
  • 大口取引でも滑りにくい約定力
  • FX年間取引高8年連続国内1位
  • 有力FXブロガーアンケートでも1位!
  • セントラルミラートレーダー

    メキシコペソで最強。スキャルも歓迎

  • メキシコペソの取引で一番おすすめ
  • ペソ単独最狭のスプレッドで、スキャルピングOKなため、短期トレードでもおすすめ
  • 1,000通貨単位取引も可能で、少額からも投資可能
  • 当サイト限定でFX投資戦略マニュアル+5,000円のキャッシュバック


  • ※ ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月)



    このように、今比較すると、LINE FXとGMOクリック証券がどの通貨ペアでもほぼトップを取っている一方、メキシコペソだけはセントラル短資FXが単独首位をキープしている状態になっておりました。



    また、LINE FXについては、上でも書いたように「いきなりスプレッドを0.0銭にしてくる」というようなこともやっており、スプレッドでの優位性確保にかなり心血を注いでいることが分かります。



    これらの口座は今お得なキャンペーンもやっているところも多く、例えばLINE FXについては、先着40,000人限定で、たった1取引で5,000円のキャッシュバックが貰えるというシンプルかつ凄まじいキャンペーンもやっていたり、セントラル短資FXだと、当サイト限定キャンペーンとして、口座開設+5万通貨以上取引で特別レポート+5,000円のキャッシュバックが貰えるキャンペーンもあるので、興味があれば是非この機会にどうぞ。



    口座開設は


    LINE証券
    application_orange_b_320_100.png



    GMOクリック証券【FXネオ】
    application_orange_b_320_100.png



    セントラル短資FX
    button2.png


    からできます。



    以下の順番で書いていきます。

  • 2020年9月スプレッド競争再び勃発。ドル円スプレッド一時0.0銭も!?

  • 結局一番スプレッドが狭いのはどこか?スプレッド比較最新版(2020年9月)




  • 2020年9月スプレッド競争再び勃発。ドル円スプレッド一時0.0銭も!?





    まず今回のスプレッド競争の背景から説明しましょう。



    2020年は、LINE証券が1周年記念キャンペーンとして10月までの期間限定でスプレッドを大幅縮小し、さらには元々はドル円スプレッドは0.2銭原則固定だったのが、9月に入ってドル円も0.1銭に引き下げたのがきっかけでした。



    それに対抗して、その後GMOクリック証券、DMM FXも期間限定で0.1銭原則固定に変更したり、あるいはヒロセ通商やJFXはスプレッド表示自体はそのままにしつつ、不定期&事前予告も特になくいきなり0.0銭にしたりというように、スプレッド競争の様相を呈してきました。



    2019年のスプレッド競争の時もそうだったのですが、FXで一番人気の通貨ペアである「ドル円スプレッド」については、狭めると皆対抗するようで、今回もきっかけは「新興勢力のFX会社がスプレッド縮小にチャレンジして、それに対して既存のFX会社も対抗する」ということでした。



    結局一番スプレッドが狭いのはどこか?スプレッド比較最新版(2020年9月)





    このように、色々なFX会社がスプレッド縮小競争を繰り広げているのですが、結果として今一番スプレッドが狭いところはどこなのか、ということを次に比較したいと思います。



    人気のある通貨ペアについて、スプレッドを一覧でまとめたのが以下の表です。



    会社名ドル
    ユーロ
    ポンド
    豪ドル
    NZドル
    ランド
    トルコリラ円メキシコペソ
    ユーロ
    米ドル
    ポンド
    米ドル
    ユーロ
    ポンド
    LINE FX0.10.30.60.40.90.81.5×0.30.6×
    GMOクリック証券【FXネオ】0.10.30.60.40.90.81.70.30.30.60.8
    セントラル短資FX0.20.40.90.50.90.91.70.20.30.81
    JFX株式会社0.20.510.70.90.81.60.30.30.60.8
    ヒロセ通商0.20.510.70.90.81.60.30.30.60.8
    みんなのFX0.20.40.80.610.91.60.30.30.90.8
    LIGHT FX0.20.40.80.610.91.60.30.30.90.8
    IG証券0.20.510.7変動変動変動変動0.41変動
    IG証券0.61.121.334変動変動0.61.52
    アイネット証券23546777234
    DMM FX0.10.510.71.21××0.411
    FXプライムbyGMO0.30.61.10.91.60.94.80.90.61.81
    外為オンライン(店頭)123361561134
    外為オンライン(くりっく365)変動変動変動変動変動変動変動変動変動変動変動
    マネーパートナーズ0.30.40.90.61.211.90.30.30.82
    岡三オンライン証券平均0.51平均0.92平均2.27平均1.26××××1.23××
    SBIFXトレード0.17~7.80.49~15.80.99~18.80.69~12.81.19~19.80.99~4.81.89~20.80.3~3.40.38~12.80.89~22.80.99~20.8


    ※ 変動と記載がないところは原則固定で、単位はユーロドル以外は銭で、ユーロ米ドルのみpipsです(ただしFXプライムbyGMOとLINE FXは例外あり、またFXプライムbyGMOの数値は1回の取引で50万通貨以下の場合)。またSBIFXトレードは1,001通貨~100万通貨のレートを参照。



    このように、今回のスプレッド競争の「仕掛け人」であるLINE証券と、元々「8年連続FX年間取引高国内1位※」の王者GMOクリック証券がほとんどの通貨ペアでトップを分け合い、ただメキシコペソだけはセントラル短資FXが単独トップという状態になっています。

    ※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月)



    色々と競争はあったものの、新規のチャレンジャーと、元々の王者がトップを分け合っているというのは、なかなか興味深い結果となりました。また、メキシコペソという比較的ニッチな通貨ペアでは、相変わらずセントラル短資FXがトップを維持していました。



    ただし、例えばLINE証券は上でも書いたようにいきなりゲリラ的にスプレッド縮小をしたりというようなこともあったりと、この表には表れない形での「スプレッド競争」は今後も起こる可能性があり、そこについてはまだまだ注目していきたいと思います。



    なお、これらの口座は今お得なキャンペーンもやっているところも多く、例えばLINE FXについては、先着40,000人限定で、たった1取引で5,000円のキャッシュバックが貰えるというシンプルかつ凄まじいキャンペーンもやっていたり、セントラル短資FXだと、当サイト限定キャンペーンとして、口座開設+5万通貨以上取引で特別レポート+5,000円のキャッシュバックが貰えるキャンペーンもあるので、興味があれば是非この機会にどうぞ。



    口座開設は


    LINE証券
    application_orange_b_320_100.png



    GMOクリック証券【FXネオ】
    application_orange_b_320_100.png



    セントラル短資FX
    button2.png


    からできます。

    関連記事