【ポジションも公開】私が2020年102万円稼いだ豪ドル/NZドル裁量戦略を徹底解説

【超お得】当サイト限定の特別口座開設キャンペーンまとめ

1,000万円を公開運用中!Yukiの公開ポジションの設定と実績一覧

FX以上に高い資金効率+追証絶対なしの新商品、ノックアウト・オプションとは?先着300名限定で破格のキャンペーンも!

【利回り40%近く】ループイフダン豪ドル/NZドル VS コアレンジャー比較

最強の口座開設キャンペーンはこれだ!IG証券で1.5万円が簡単にもらえます

【初心者向け】FX投資戦略マニュアル+5,000円プレゼント!セントラル短資FXとタイアップ!

【10万円から可能】トラリピ豪ドル/NZドルのおすすめ設定と運用実績をブログで公開

ユーロズロチの最新見通し2022年5月 | ウクライナ・ロシア戦争の影響も解説

2022年05月17日 16:08

ユーロズロチの見通しと トレード戦略2022年版 ウクライナ問題の影響は?-min



今回は値動きに分かりやすい癖がある&スワップ収益率も35%近く貰えることで人気が高まっているユーロズロチについて、最新情報に基づいて投資戦略や今後の見通しを解説したいと思います。



最近は8か月連続の利上げもあり、為替差益だけでなく、私が持っている17万通貨では1日約3,200円、月10万円近いスワップが貰えるようになり、為替差益もスワップもどちらも狙える非常に面白い通貨になっています。



【最近の私のスワップ収入】
EURPLN swap0515-min



ちなみに1単位だと、2022年に入ってからの平均が1日107円、5月の利上げ以降は192円とかなり凄いことになっています。



EURPLN swap tani0512-min

出典:IG証券全通貨ペアスワップデータ 5/12調査日時点を筆者が加工



後で詳しく書きますが、個人的には1単位20万円くらいで持つのがいいと考えており、この1日192円という数字は、このままのペースで行くと仮定すると年換算69,980円となるので、スワップの収益率が年換算で約35%とかいう凄まじいことになっています(含み損益や確定損益は考慮せず、スワップのみで計算した数字)



しかもこのスワップポイントについては、今後もポーランドの利上げが続くことが予想されていることから、今後さらに高まっていく可能性もあり、為替差益・スワップポイントの両方を狙えるかなり美味しい通貨ペアになりそうです。



このようにスワップが復活し、さらにはウクライナ情勢の悪化でユーロズロチも大幅に上がってきたことから、ユーロズロチに参戦してくる大物トレーダーも増えてきました。











こんな感じで最近非常に熱い通貨ペアなので、今回はこの通貨ペアの見通しや投資戦略を最新情報に基づいて解説したいと思います。



まず結論からまとめると以下のような感じです。

  • ユーロ/ズロチという通貨ペアは急上昇した後に急降下するというかなり分かりやすい値動きの癖があり、また売りでスワップも貰えることから、急上昇したタイミングで売りを入れるのがおすすめ

  • スワップについては、5月利上げ後で集計すると平均1日192円で、スワップ年利益率35%以上も狙える水準まで上がってきた

  • 通貨ペアの見通しとしては、良い材料も悪い材料もどちらもあるが、前回見通しを書いた3月時点よりは状況が好転している

  • リスク要因としては、ロシア・ウクライナの戦争の拡大やポーランドとロシアの関係悪化を市場がリスクとして見ること、さらにはFRBの利上げで新興国通貨が下がることであり、こうしたことからある程度余裕を持った資金とポジション量で投資するのがおすすめ(目安は1単位20万円くらい)

  • 短期的な見通しとしては、4.6を明確に割り続けられるかがポイントで、4.6近辺の時点ではまだエントリーしないorスワップ目的の軽めのポジションにしておいて、本格参入は4.7超えまでは待った方が良いと考えている

  • 何かあって急激に上昇し、例えば4.9とか5.0とかに来た時はノックアウトオプションを使ってのトレードがおすすめ



  • という感じです。



    このように、いくつかリスクはあるものの、ある程度余裕を持ってエントリーして、最悪塩漬けながらスワップを貰っていれば良いという点で最近どんどん人気が高まっているのがEUR/PLNという通貨ペアです。



    なおこのEUR/PLNをトレードする場合、後で詳しく比較しますが、スプレッド・スワップポイントともに条件が良く、またそのスワップを貰いながらノックアウトオプションもできる点でIG証券がおすすめでで、そしてこのIG証券については、今期間限定・先着300名限定で最大6万円キャッシュバックを貰える神キャンペーンもやっており、その期間が5月から新しくなったので、今が大チャンスです!



    この先着限定キャンペーン、以前は先着150名だったのが、あまりに人気だからなのか300名まで枠増えて、さらに最大6万円のうち

  • IG証券に口座開設+Twitterフォロー+キャンペーン申込

  • 口座申込後30日以内に初回取引で5,000円(FX,CFD共通)

  • さらに他社取引報告書提出で10,000円(CFDの場合)


  • というように、かなり簡単な条件でも15,000円までは貰えるので、是非この機会にお早めにどうぞ!



    IG証券は、口座開設をすれば、FXもCFDもどちらも取引できて、上のキャンペーンについては「どちらで申し込むか」の違いだけなので、もし他社でCFD口座を持っているなら、キャンペーンはCFDで申し込んで、CFD取引もやってみた方がさらに1万円上乗せされるので個人的にはおすすめです。



    口座開設は


    IG証券
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。



    以下の順番で書いていきます。



  • ユーロズロチのスワップが最近凄まじい

  • ユーロズロチの通貨ペアの値動きの特徴と最近のレート

  • ポーランド情勢の最新情報と今後の金利見通し、ロシア・ウクライナの戦争の影響

  • ユーロズロチの投資戦略

  • ユーロズロチでFX会社を比較2022年5月版




  • ユーロズロチのスワップが最近凄まじい





    まず最近ユーロズロチが大きく注目されることになったきっかけでもあるスワップ金利について説明したいと思います。



    ポーランド中銀は2021年10月から2022年5月まで毎月利上げを行い、今は5.25%まで来ました。昔「ズロチユーロサヤ取り」が大流行していたころは1.5%だったので、それよりも高い水準になりました。



    そして、その利上げ後、IG証券はEUR/PLNのスワップ水準が目に見えて上昇しました。



    EURPLN swap tani0512-min

    出典:IG証券全通貨ペアスワップデータ 5/12調査日時点を筆者が加工



    このように、2022年の利上げ以降は平均で1日107円になり、5月利上げ後だと何と192円まで来ました。この水準が仮に続けば、192円×365日で69,980円のスワップ利益となります。



    ちなみに、EUR/PLNについては、史上最高値が4.95で、5より少し低いくらいなのですが、仮にズロチ30円(2/17現在のレート29円前後を切り上げて計算)として、5まで耐える前提で計算すると、4.65スタートだと16.5万円、4.6スタートだと18万円くらいが必要資金となります。



    【4.65スタート】
    EURPLN los0-min



    【4.6スタート】
    EURPLN los1-min



    そのためキリ良く1単位20万円で考えると、スワップ利益が69,980円なので、含み損益を考慮せずにスワップ年利益率を計算すると、35%となります。



    ・・・・・とんでもない水準まできましたね。



    そしてこの計算は「スワップが今の水準が続けば」という前提で計算していますが、実はポーランド中銀は今後も利上げをすると予想されており、例えばEUR/PLNについてよく予想を出しているINGというエコノミスト団体の予想では、2022年後半に8.5%への利上げとなっています(現在5.25%)



    「さらなる利上げが必要です。今年の秋には、8.5%の最終レートに達すると見ています」

    Poland: Moderate hike but more to come 2022/5/5を筆者が和訳



    実は少し前までの予想が「年末6.5%」とか言われていたのが、さらに上がってます(笑



    「ポーランドの金融政策委員会による今日の強力な動きは、金利の主要なレートを4.5%にします。私たちは今年は6.5%、2023年には7.5%に達すると見ています。これは市場が値付けしているよりも高いレートです」

    出典:Poland’s central bank raises rates by 100bp and there’s more to come 2022/4/6を筆者が翻訳



    このようにポーランドの利上げが続けば、スワップ水準がここからさらに伸びる可能性もあり、スワップという意味で非常に美味しい通貨ペアになりそうです。



    ユーロズロチの通貨ペアの値動きの特徴と最近のレート





    ユーロズロチという通貨ペアは、以下のチャートを見てもらうと分かるように、「鋭角的に上がった後には鋭角的に戻しやすい」というかなり分かりやすい癖があり、このチャンスが来た時に狙い撃つのが、一番リスクが低く、リターンを狙いやすいと思います。



    【ユーロズロチ 日足チャート】
    EURPLN chart0515day-min (1)



    【ユーロズロチ 週足チャート】
    EURPLN chart0515week-min (1)



    「針葉樹林か!」と言いたくなるようなチャートですね(笑



    ただ、それだけ「急上昇後は急下降する傾向が明確」「チャンスは意外と短い」ということがわかってもらえるかと思います。



    この通貨ペアは、同じヨーロッパの通貨であるユーロとズロチの連動性が元々高く、ただズロチという通貨の流動性が低く、「たまに変な動きをする」「リスクオフの時にズロチの方が売られやすい」というような性質があるので、そういう時に一瞬大きく動いて、ただその後段々元に戻っていく、というようなパターンが多く、その結果上で書いたように「急激に上がって、急激に落ちる」みたいなチャートになります。



    このように、急上昇後にチャンスが来やすいので、そこを狙い撃つのがこの通貨ペアの基本です。



    ポーランド情勢の最新情報と今後の金利見通し、ロシア・ウクライナの戦争の影響





    このユーロズロチという通貨ペア、実はユーロ側で動くことは少なく(通常時であればユーロとズロチは連動する傾向がかなり強いため)、ポーランド側が弱ければユーロズロチが上がり(ズロチが落ちるため)、逆にそれが戻ってきたらユーロズロチが下がるという関係にあります。



    2020年以降は、コロナショックの中でポーランドが大幅に利下げして金利という旨味がなくなる&コロナ禍の中で小国の通貨でしかも低金利なズロチを買う理由がないという点からユーロズロチが上昇しており、今後のテーマとしては「ポーランドの弱さがどれだけ改善するか」という点なので、そのポーランド情勢について解説したいと思います。



    以前の見通し記事でも書いたように、ポーランドという国は

  • 雇用、GDPはコロナ後も堅調

  • 上でも書いたように利上げモードに入っており、金利目当てでの投資も増えてきた


  • という点が良い一方で、逆に

  • インフレが拡大しており、2022年もインフレが続きそう

  • 2021年10月頃からEUとの対立が目立ってきており、そのせいで復興基金も入ってこない等の実害も出ている

  • ロシアのウクライナ侵攻でウクライナのすぐ隣のポーランドのリスクが上がった&ポーランドも反ロシアのスタンスがかなり尖鋭な結果、そこがリスクと見られた


  • という点がリスクとなっています。それぞれ見ていきましょう。



    まず雇用とGDPについては、今も変わらず堅調で、欧州委員会の見通しによると、2022年のポーランドのGDP成長率は5.5%と予想されております(前回予想は5.2%であり、そこから上方修正)



    また失業率も低下傾向が続いており、今はほぼコロナ前の水準まで戻してきました。



    【ポーランド失業率】
    porland job0517-min



    このように、GDPや雇用について問題がない状況が続いております。



    また金利についても、10月から5月まで8か月連続で利上げをしており、上でも書いたように年末には8.5%まで利上げという見通しもあるように、引き続き利上げが続く見通しとなっており、この点もズロチにとっては好材料と言えます。



    このように、「コロナショックでの経済への打撃や、利下げによるズロチの低下」という過去の問題については、今時点である程度解決していると考えられます。



    その一方で、インフレとEUとの対立という2021年から出た問題はまだ続いており、またロシアのウクライナ侵攻という新しい問題も2022年に出ましたが、ただ、EUとの対立については、ロシア・ウクライナの対立懸念が逆にポーランドにとってはEUとの歩み寄りのきっかけになっているということがあります。



    それぞれ解説していくと、まずインフレについては引き続き拡大しております。



    porland cpi0517-min



    欧州委員会の予想でも年間のインフレ予想として2022年に6.8%(前回予想5.2%)、2023年に3.8%(前回予想2.6%)と、インフレリスクについては高まっており、またこの予想が出た後にロシア・ウクライナの戦争でさらにインフレリスクが高まっており、実際にはもっと高くなる可能性が高そうです。



    ただし、インフレというのは「通貨が弱い」という点で下がる材料でもある一方で、それが金融政策の利上げを呼べば金利目当てでの投資が増えることで上げ材料にもなりうるもので、今のポーランド中銀は利上げについては全く躊躇する気配がないことから、「それでもインフレがコントロールできないレベルで上昇し続ける」とか、「世界的にインフレへの懸念が高まり、インフレ通貨が売られる流れができる」という展開にでもならなければ、ユーロズロチという通貨ペアにとってそこまでクリティカルな悪材料とはならない可能性もあると見ています。



    またインフレに対しては、自国通貨安はよりインフレを悪化させる材料となるため、基本的にはインフレ時は「できるだけ自国通貨高方向にしたい」という方向性になり、実際に2月にはポーランド中銀のグラピンスキ総裁が「ズロチ高を歓迎する」とまで表明しております。



    実は2021年まではポーランド中銀は「ズロチ高」を警戒しており、ユーロズロチが4.4くらいまで下がる(ズロチが高くなる)と介入までしてきていたのですが、今だとむしろ「ズロチ安」を警戒するようになっており、中銀のスタンスが逆になっています。



    次のEUとの対立についてはもう少し詳しく解説すると、元々ポーランドの与党は司法やメディアへの介入や、反移民・反同性愛などでEUから睨まれていたのですが、10月にポーランドの憲法裁判所が「EU司法裁判所によるポーランドへの介入はポーランド憲法の優越性の原則に反する」と判断し、要は「ポーランドの国内法の方がEU法よりも優先される」としたことで大きな騒ぎになったものです。



    これは「EU法が加盟国の法律より優越する」というEU法の優越性の原則から真っ向から逆らうもので、そしてこのEU法の優越性というのは、EUにとっては大原則の部分なので欧州委もかなり怒っていて、フランスのボーヌ欧州問題担当相などは「経済制裁の可能性」もちらつかせたり、また「ポレグジット(ポーランドのEU離脱)」なども一部では言われ始め、ポーランド国内では「ポレグジット反対のデモ(EUに残留したいというもの)」まで起こったような状況でした。



    ポーランドのEU離脱については、ポーランド国内の親EUが8割を超えていることから非現実的ではありますが、問題はEUからの制裁の方で、ポーランドはEUからの資金流入がかなり重要なので、そこが止められるとまずい、というのがポイントです。



    例えば今復興基金は止められていますが、今後状況次第では一般予算の執行停止の対象となるリスクもあり、そしてポーランドは年間平均でGDPの2%近いEUからの流入超過となっており、これが止められた場合はポーランド経済や債務状況への信頼感が大きく揺るぐリスクもあります。



    そしてこのEUとの対立が2021年10月頃から相場の世界でも注目されるようになり、その影響もあってユーロズロチは一時期4.7以上まで上がることもありました。



    ただし、このEUとの対立については、実はロシア・ウクライナの対立によって逆にポーランド側がEUとの接近を強めており、最近はむしろ懸念が弱まっております



    例えば下のジェトロの記事が分かりやすいのですが、

  • 隣国チェコとの国境付近での炭鉱採掘によりチェコ側でも地下水の汚染や大気汚染が出たことで、チェコがEU司法裁判所に提訴していた案件があったが、これについてポーランド側が賠償金を支払うことで訴訟も取り下げる合意がなされた

  • EU側が問題視していたポーランドの最高裁判所の問題点を改正する法律案が発表され、その点について欧州委員の首脳にも報告した


  • というように、ポーランド側がかなりEUや近隣諸国に対して「歩み寄り」を見せています。

    ポーランド、トゥルフの褐炭炭鉱をめぐるチェコとの紛争終結で合意 2022/2/15



    この時期にいきなりここまで歩み寄りが進んだ背景にはロシアとウクライナの紛争懸念があり、ポーランドはこれまで何度もロシアに分割されたり、ソ連の影響に組み込まれて共産政権を建てられたりと、とにかくロシアへの警戒感が強い国で、そのことは最近も欧州の中で最もロシアへの制裁を強く言っていることからも分かるかと思います。



    そのため今回のようにロシアが軍事面で存在感を出してきた場合、欧州やNATO内での協力強化が不可欠ということで、欧州への歩み寄りを行っております。



    またポーランドにとっては上でも書いたようにEUからの資金流入や欧州復興基金も重要であり、さらにEUとの対立が続いてズロチ安となればインフレもより悪化するという点から、チキンレース状態になってはいたものの元々歩み寄りたいという意図はあったはずで、それが今回のロシアとウクライナの騒動で「チキンレースをやめる口実」もできたという点も重要で、そうした点からポーランドとEUの対立懸念は少し和らいでおります。



    ただし、今時点でEU側から復興基金の承認は降りておらず、また法の支配問題も解決はしていない点から、まだ完全に「リスクがなくなった」という状態ではなく、その点ではリスクがある一方で、逆にいえばこれらが解決すればEUR/PLNにとってはさらに下落する(=売りで利益になる)材料ともなりうると言えます。



    最後のロシアとウクライナの戦争については、「戦争懸念」の段階では上でも書いたようにポーランドとEUの歩み寄りからむしろユーロズロチにとって下げ要因となっていたのですが、ただ実際に全面侵攻が始まるとユーロズロチは大きく上昇し、一時5.0超えまで上げました。



    【ユーロズロチ 日足】
    EURPLN chart0515day-min (1)



    ちなみにこれまでの過去最高値が4.95なので、最高値更新でした。



    これについては、侵攻直後は「ウクライナを超えてもっと攻め込んだり、NATOとの全面戦争になるのではないか」という懸念が割と強く、そうなるとウクライナのすぐ西側のポーランドはかなりリスクが高いと考えられたことで、ポーランドズロチが大きく売られたのが原因です。



    ただし、その後はご存知のようにロシアはウクライナの中ですら非常に苦戦しており、またNATO側もロシア側も今のところ直接対決は可能な限り避けようとしていることから、徐々に市場も落ち着きを取り戻してきて、ユーロ/ズロチも「侵攻前よりは若干高いが、それでも落ち着いた水準」まで戻してきました。



    このロシアとウクライナの戦争については、今時点では戦局が膠着しており、またNATOとロシアの全面戦争になるリスクについては開戦直後よりはだいぶ落ち着いて見られるようになってきましたが、とはいえロシアの核使用リスクや、また最近でもロシアがポーランドへのガス供給を停止したり、スウェーデンとフィンランドのNATO加盟申請等、リスク要因は残っており、油断できるような状況ではないと考えています。



    ユーロズロチの投資戦略





    以上がユーロズロチの現状ですが、その上で私の投資戦略としては、引き続き「1単位20万円くらいの資金量で、急上昇した時に狙い撃ちで売る」というのをやろうと考えております(3月以降はしばらくノックアウトオプションを使う予定)



    まず上で書いたように、ポーランドの情勢としては、

  • 雇用、GDPに問題はない

  • 金利は引き続き上がる見通し

  • インフレとEUとの対立はリスクだが、EUとの対立はウクライナ問題もあって和らぐ方向になっている

  • ロシアとウクライナの戦争は、今後NATO対ロシアにまで戦争が拡大しなければ上がった時が狙い目


  • という感じで、インフレとEUとの対立、さらにはロシア情勢は引き続きリスク材料であり、そうした点からまた上昇するリスクはあると考えられるものの、基本的にはNATOとの全面戦争以外はユーロ/ズロチを上げ続ける程のものではないと見ているので、急上昇した時の狙い撃ちが良いと見ています。



    今の4.6前後で売るかと言われると、この4.6というのはこれまで上値としても下値としても機能してきた重要な節目で、ここを明確に割ってさらにサポレジ転換みたいな形になったり、あるいはEU復興基金承認とかロシアウクライナの停戦といった材料が出てきたならともかく、今の状況ではまだ様子を見た方が良いかなと思っており、「ある程度鋭角的に上がった時に狙い撃つ」みたいなやり方がおすすめです。



    ある程度上がった後であれば、そこからさらに上に行くリスクも当然低くなりますし、またスワップ年利益率も35%というように、最悪塩漬けでスワップを貰っているという戦略もありになってくるので、そういう時に積極的に売っていくのが良いかなと思います。



    ただ、この鋭角的に上がるのでも、例えば「ロシアとNATOの全面戦争のリスクが急激に高まった」とか、あるいはそれが落ち着いた後でも「株価がとんでもなく落ちるような出来事があって、やばいレベルのリスクオフになっている」みたいな時であればとてつもなく上がるリスクもあり、そういう時は普通のFXだと流動性の点から若干不安があるので、そこで狙い撃つ時にはノックアウトオプションを使うのが良いと思っています。



    ユーロズロチをノックアウトオプションでやる方法や、そのメリット・デメリットは👇の記事でまとめていますが、「どんなレートの飛び方をしても価値が0までしか落ちないので、戦争拡大や介入、週末挟んだ窓開け等でとんでもない追証を負うリスクをなくすことができる」「資金効率よくトレードできる」という点がFXに比べて優れていて、またスワップもFXと同額貰えて、税率もFXと同様申告分離課税の20.315%という点で、この通貨ペアが急上昇した時には非常に使い勝手の良いものです。



    ユーロズロチをノックアウトオプションでやる方法 | メリット・デメリットも解説

    私はユーロズロチについては元々FXでポジションを持っていたのですが、今はFXのポジションを損切して、同じタイミングでノックアウトオプションでポジションを持ち直し、そのことをTwitterでも公開していました。やりました。200万円以上確定損出ましたが、元々17枚持ってたのに今のレートだとさらに5枚足して22枚にしましたノックアウトは52500(5.25)で5.2くらいに一応逆指値入れてます https://t.co/BbfmxNLqlP— Yuki @FX1...





    このように、今のような環境では、急上昇した時にノックアウトオプションを使って狙い撃つのが一番良いと思っています。



    ちなみに私自身がEUR/PLNを売ったり、それを利確したりするときはTwitterでも呟くので、私のタイミングに興味がある方は是非Twitterもフォローください!(あくまで私のタイミングを解説するだけで、これで必ず勝てるというものでもないので、実際に投資するかどうかは自己判断でお願いします)



    私のTwitterアカウント





    ユーロズロチでFX会社を比較2022年5月版





    これまでIG証券でEUR/PLNをやることを前提に話していましたが、「他と比べてそんなに良いの?」と思われるかもしれないので、最後に比較を行いたいと思います。



    EUR/PLNの取扱いがある3社を比較すると、以下のようになっています(スプレッドは全社変動スプレッドのため比較せず。スワップポイントは調査実施日の5/12に確認できたレート)



    スワップ
    IG証券184
    サクソバンク証券166
    ヒロセ通商134




    このように、IG証券がトップとなっております。



    また、ユーロ/円とポーランドズロチ/円で取引できる会社は以下のようになっています。



    ズロチ買い4.4単位ユーロ売り合計
    みんなのFX1774.8478.8
    Light FX1774.8478.8
    外為オンライン(くりっく365)33145.29154.2
    FXプライムbyGMO29127.63130.6




    スワップを一覧にすると以下の通りです。



    会社名スワップポイント
    IG証券184
    サクソバンク証券166
    外為オンライン(くりっく365)154.2
    ヒロセ通商134
    FXプライムbyGMO130.6
    みんなのFX78.8
    Light FX78.8




    このように、EUR/PLNで取引する場合、IG証券で取引するのが一番条件が良いことが分かります。



    この会社は昔からEUR/PLNだと条件が安定して良く、私もここ数年ずっとここを使っていたので、「まあそうだろうな」という感想です。また上でも書いたノックアウトオプションを使ってユーロズロチをトレードできるのはIG証券だけで、その点からもやはりユーロズロチをトレードするならIG証券が良いと思います。



    このように、今EUR/PLNは非常に熱い通貨ペアになってきているので、興味がある方は是非やってみてください。



    なお、IG証券については、期間限定・先着300名限定で最大6万円キャッシュバックを貰える神キャンペーンをやっており、その期間が5月に更新されたばかりで、まだ口座を持ってない人にとっては大チャンスです。



    この先着限定キャンペーン、以前は先着150名だったのが、あまりに人気だからなのか300名まで枠増えて、さらに最大6万円のうち

  • IG証券に口座開設+Twitterフォロー+キャンペーン申込

  • 口座申込後30日以内に初回取引で5,000円(FX,CFD共通)

  • さらに他社取引報告書提出で10,000円(CFDの場合)


  • というように、かなり簡単な条件でも15,000円までは貰えるので、是非この機会にお早めにどうぞ!



    IG証券は、口座開設をすれば、FXもCFDもどちらも取引できて、上のキャンペーンについては「どちらで申し込むか」の違いだけなので、もし他社でCFD口座を持っているなら、キャンペーンはCFDで申し込んで、CFD取引もやってみた方がさらに1万円上乗せされるので個人的にはおすすめです。



    口座開設は

    IG証券
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。

    関連記事