【ポジションも公開】私が2020年102万円稼いだ豪ドル/NZドル裁量戦略を徹底解説

【超お得】当サイト限定の特別口座開設キャンペーンまとめ

1,000万円を公開運用中!Yukiの公開ポジションの設定と実績一覧

FX以上に高い資金効率+追証絶対なしの新商品、ノックアウト・オプションとは?先着300名限定で破格のキャンペーンも!

【利回り40%近く】ループイフダン豪ドル/NZドル VS コアレンジャー比較

最強の口座開設キャンペーンはこれだ!IG証券で1.5万円が簡単にもらえます

【初心者向け】FX投資戦略マニュアル+5,000円プレゼント!セントラル短資FXとタイアップ!

【10万円から可能】トラリピ豪ドル/NZドルのおすすめ設定と運用実績をブログで公開

豪ドル/NZドルでIG証券のノックアウトオプションがおすすめになってきた理由

2022年06月17日 21:51

豪ドルNZドルでIG証券の ノックアウトオプションを使う メリット・デメリット-min




私は今FX口座(自動売買・裁量両方)で豪ドル/NZドルをトレードしているのですが、最近気づいたことに、「実はこれ、今からだとノックアウトオプションでやるがかなりありなのでは?」というのがあったので、今回はそれを解説したいと思います。



この記事ではノックアウトオプションって何?ということから、元々豪ドル/NZドルをトレードしている方にとって何故ノックアウトオプションが今だと良さそうなのか(逆に言うと昔はそんなに注目していなかったのか)といったあたりも解説していくので、是非最後までご覧ください。



では、まず早速結論から言うと、以下の理由でノックアウトオプションが良いのではと思っています。

  • 豪ドル/NZドルという通貨ペアはFXではポジション証拠金が大きく資金効率が悪いが、ノックアウトオプションだとFXよりも資金効率が良く運用できる

  • トレンドが出るとしばらくジワジワとその方向に動く通貨で、今売りだと「踏み上げ」で含み損を多額に抱え、上の方で切るに切れなくなるリスクがあるが、ノックアウトオプションだとノックアウトレートで何があっても決済される

  • また最近注目するようになったのは、「そもそももう高値圏であまり指値エントリーの意味がなくなってきた」「IG証券の豪ドル/NZドルの売りスワップが良くなってきた」「ポジション保有期限も2023年8月に更新され、それなりに長期間ポジションを持てる」という要因もある




  • こんな感じで、元々あった「資金効率よく運用できる」「ノックアウトレートで何があっても自動でポジションが決済される」というメリットについて、今含み損を抱えながら改めて「これでやっておけば・・・・」と思ったことや、また最近の相場環境やIG証券の取引条件が良くなったこともあって、今だとノックアウトオプションでのトレードがかなりおすすめできるんじゃないかと思うようになりました。



    豪ドル/NZドルだと、自動売買の口座だけ持っていて、裁量口座を持っていないという人も割と多いですが、このノックアウトオプション、使えるタイミングでは本当に輝くもので、またIG証券という会社も、私が今かなり気に入っているユーロズロチという通貨ペアで条件が良かったり、他にも17,000以上の銘柄をトレードできるなど、使い道は非常に多い会社なので、まだ持ってなければ是非この機会にどうぞ!



    なおこのIG証券、今期間限定・先着300名限定で最大6万円キャッシュバックを貰えるキャンペーンもやっています。



    この先着限定キャンペーン、最大6万円のうち

  • IG証券に口座開設+Twitterフォロー+キャンペーン申込

  • 口座申込後30日以内に初回取引で5,000円(FX,CFD共通)

  • さらに他社取引報告書提出で10,000円(CFDの場合)


  • というように、かなり簡単な条件でも15,000円までは貰えるので、是非この機会にお早めにどうぞ!



    IG証券は、口座開設をすれば、FXもCFDもどちらも取引できて、上のキャンペーンについては「どちらで申し込むか」の違いだけなので、もし他社でCFD口座を持っているなら、キャンペーンはCFDで申し込んで、CFD取引もやってみた方がさらに1万円上乗せされるので個人的にはおすすめです。



    口座開設は


    IG証券
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。



    以下の順番で書いていきます。



  • IG証券のノックアウトオプションとはどういうものか?

  • 豪ドル/NZドルでIG証券のノックアウトオプションが有効な理由

  • IG証券のノックアウトオプションで豪ドル/NZドルをトレードするやり方




  • IG証券のノックアウトオプションとはどういうものか?





    ノックアウトオプションはIG証券で取引できる金融商品で、メリット・デメリットとしては


    【メリット】

  • FXやCFDよりも資金効率が良く運用できる

  • はじめに設定したノックアウトレートで絶対に損切りされ、たとえスイスショックのような事態や核戦争・週明け窓開けがあってもその通りのレートでノックアウトが執行される

  • 金融庁認可の商品で、税率はFXと同じく申告分離課税で21.315%で、スワップもFXと同額貰える




  • 【デメリット】

  • エントリーは成行注文のみで、指値・逆指値のエントリーができない

  • FXと比べると若干スプレッドが広い

  • 決済期限がある(今のものだと2023年8月まで)



  • という特徴がある商品です。



    ノックアウトオプションの具体的な使い方についても後で解説しますが、

  • 上昇すると思えばブル、下落すると思えばベアを選ぶ

  • ノックアウトレートを指定する

  • 取引数量を入れる

  • (必要に応じて)指値・逆指値を設定する


  • という感じで、FXやCFDでトレードしたことある方にとっては、「買いか売りかではなく、ブルかベアのどちらを選ぶか」「ノックアウトレートをあらかじめ指定する」という点は違うものの、そこまで違和感なく取引できるものだと思います。



    そして、このノックアウトオプションで豪ドル/NZドルをトレードするのが良いと思った理由を次に書いていきます。



    【IG証券でノックアウトオプションをやってみる】




    豪ドル/NZドルでIG証券のノックアウトオプションが有効な理由





    豪ドル/NZドルで何故ノックアウトオプションが有効と考えたのかを次に解説していきます。理由は大きく3つで、

  • 豪ドルという通貨がそれなりに1単位の金額が大きいため、FXだとポジション証拠金が多額になり、ノックアウトオプションと資金効率の良さが大きく違う

  • 最近は「踏み上げモード」に入っているが、そういう時に一度確実に損切がされて、ずるずると含み損を抱えることがない

  • 一方でノックアウトオプションのデメリットについては、「そもそも既に高値圏なので指値エントリーをやる必要性が薄れてきた」「決済期限も2023年8月になって、それなりに長期の保有も可能になった」という点で、今だとスプレッドの広さ以外がそんなに問題にならなくなり、またIG証券の豪ドル/NZドルのスワップポイントも良くなってきたので、スプレッドのデメリットも目立たなくなった


  • という感じです。



    まず資金効率については、豪ドルが今95円くらいなので、FXだとレバレッジ最大25倍なので1単位持つのに4万円くらいは必要ですが、ノックアウトオプションでは、ノックアウトレートの設定によってはそれよりも少額で取引可能です。



    ちなみにノックアウト価格をできるだけ上げる時、私が調査した時点では1.219まで上げられたのですが、その時出てきたオプション料が95,517円で、これをFXで計算すると135,796円必要でした。



    【ノックアウトオプション必要資金】
    audnzd ko3-min



    【FX必要資金】
    AUDNZD sikin-min



    このように、資金効率が非常に良いという点が、ノックアウトオプションのメリットです。



    そして次の「ノックアウトレートで損切が確実になされる」という点については、これは私自身のトレードの反省もあるのですが(笑)、私は今下の方で売ったポジションが踏みあげられてなかなかの含み損になっているのですが、ノックアウトオプションだとあらかじめ設定したノックアウトレートで確実に損切がされて、このように含み損でグダグダになることがありません



    私自身は「まあ下がるだろう」と思って保有し続けている面ももちろんありますが、ただ「含み損抱えて切るに切れなくなっている」という面が全くないかと言われるとそう言い切る自信もないみたいな感じで、そういう点であらかじめノックアウトレートを指定できるノックアウトオプションでやっていたらどうなっていたんだろうと思うところはあります。



    最後の「デメリットが薄れてきた」という点については、元々のデメリットが


  • エントリーは成行注文のみで、指値・逆指値のエントリーができない

  • FXと比べると若干スプレッドが広い

  • 決済期限がある


  • でしたが、今の1.1台であれば自動売買でも「ゆったりとした売り上がり」というくらいで、あまり細かく指値設定で入る必要がなく、また決済期限も今のものだと2023年8月までと十分な期間があるので、その辺りがデメリットにならなくなっているのがあげられます。



    スプレッドについては、確かに今も若干広いのは事実なのですが、ただIG証券の豪ドル/NZドルの売りスワップは最近かなり良くなってきていて、その点で「ある程度長期で利幅広めにとるつもりなら、全然あり」と言える水準だと思っています。



    【豪ドル/NZドルスワップ推移2022/6/11調査時点】
    AUDNZD swap0613-min



    このようにスワップ金額もかなり高くなってきたので、そういう点からもIG証券での豪ドル/NZドルのノックアウトオプションという選択肢がかなり有効になってきています。



    以上が今豪ドル/NZドルの裁量トレードでIG証券のノックアウトオプションが有効だと考えた理由です。なおこのノックアウトオプションが使えるIG証券では、今期間限定・先着300名限定で最大6万円キャッシュバックを貰えるキャンペーンもやっているので、興味あれば是非今のうちに開設するのがおすすめです



    この先着限定キャンペーン、最大6万円のうち

  • IG証券に口座開設+Twitterフォロー+キャンペーン申込

  • 口座申込後30日以内に初回取引で5,000円(FX,CFD共通)

  • さらに他社取引報告書提出で10,000円(CFDの場合)


  • というように、かなり簡単な条件でも15,000円までは貰えます



    IG証券は、口座開設をすれば、FXもCFDもどちらも取引できて、上のキャンペーンについては「どちらで申し込むか」の違いだけなので、もし他社でCFD口座を持っているなら、キャンペーンはCFDで申し込んで、CFD取引もやってみた方がさらに1万円上乗せされるので個人的にはおすすめです。



    口座開設は


    IG証券
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。



    IG証券のノックアウトオプションで豪ドル/NZドルをトレードするやり方





    最後にノックアウトオプションで豪ドル/NZドルをトレードするやり方を解説します。アプリ版の方が簡単なので、それで見ていきましょう。



    まず銘柄検索でaudnzdと選ぶと、以下のように出てきます。



    AUDNZD ko yarikata-min



    KOと書いてあるのがノックアウトオプションで、上昇すると思うならブルを、下落すると思うならベアを選びます。今回はベアを選んで次に行ってみましょう。



    AUDNZD ko0-min



    ここで現在レートで発注を選ぶと、次のような画面が出ます。



    AUDNZD ko4-min



    ここのノックアウト価格が損切されるレートで、ここを自分で選びます。この時だと、11100(1.11に相当)から12190(1.219)まで選ぶことができました。



    AUDNZD ko1-min



    AUDNZD ko2-min



    豪ドル/NZドル、数値が細かいのでたまに紛らわしくなりますが、ここ数年は1.0~1.15のレンジで推移している(今の1.11は結構高値圏)ので、1.219というのはそこを超えた水準と言えます。




    12190を選ぶと以下のような画面が出ます。



    audnzd ko3-min



    このように、これだけ高値を設定しても10万円以内でトレードできるというのがノックアウトオプションの凄い所です。




    ここで注文確定を入れればポジションを持てますし、逆指値や指値幅を入れたければ入れることもできます!



    以上がノックアウトオプションで豪ドル/NZドルをトレードする方法でした。



    このノックアウトオプションが使えるIG証券、今期間限定・先着300名限定で最大6万円キャッシュバックを貰えるキャンペーンもやっており、非常にお得なので、もしまだ口座を持っていない方は是非この機会にどうぞ!



    この先着限定キャンペーン、最大6万円のうち

  • IG証券に口座開設+Twitterフォロー+キャンペーン申込

  • 口座申込後30日以内に初回取引で5,000円(FX,CFD共通)

  • さらに他社取引報告書提出で10,000円(CFDの場合)


  • というように、かなり簡単な条件でも15,000円までは貰えます



    IG証券は、口座開設をすれば、FXもCFDもどちらも取引できて、上のキャンペーンについては「どちらで申し込むか」の違いだけなので、もし他社でCFD口座を持っているなら、キャンペーンはCFDで申し込んで、CFD取引もやってみた方がさらに1万円上乗せされるので個人的にはおすすめです。



    正直破格のキャンペーンなので、まだ持ってない方は是非この機会にどうぞ!



    口座開設は


    IG証券
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。

    関連記事