スワップ年利50%で為替差益も狙える通貨、ユーロズロチの見通しと戦略を解説

【超お得】当サイト限定の特別口座開設キャンペーンまとめ

1,000万円を公開運用中!Yukiの公開ポジションの設定と実績一覧

FX以上に高い資金効率+追証絶対なしの新商品、ノックアウト・オプションとは?先着300名限定で破格のキャンペーンも!

【利回り40%近く】ループイフダン豪ドル/NZドル VS コアレンジャー比較

最強の口座開設キャンペーンはこれだ!IG証券で1.5万円が簡単にもらえます

【初心者向け】FX投資戦略マニュアル+5,000円プレゼント!セントラル短資FXとタイアップ!

【10万円から可能】トラリピ豪ドル/NZドルのおすすめ設定と運用実績をブログで公開

トラリピ世界戦略とは何か?メリット・デメリット(リスク)を解説

2022年07月31日 15:29

トラリピ世界戦略とは何か? メリット・デメリットを解説-min



今回は最近話題の「トラリピ世界戦略」について解説したいと思います。そもそもトラリピ世界戦略とは何か?ということから、メリット・デメリットや私が今後この戦略をやる予定があるかどうかも書いていきたいと思います。



私は今豪ドル/NZドルとユーロ/ポンドについては実際にトラリピで運用し、またグルトレでも使ってており、それなりに利益も出せているので、是非最後までご覧頂ければと思います。



【豪ドル/NZドル】

【年利20%】トラリピ設定と実績(豪ドル/NZドル)をブログで公開

トラリピ豪ドル/NZドルのおすすめ設定と実績の概要トラリピに豪ドル/NZドルが追加されるけど、どういう設定がおすすめ?2020/9/26からついに「トラリピ史上最強通貨、豪ドル/NZドル」が追加されました。この豪ドル/NZドルという通貨ペアは、私が一番気に入っている通貨で、現在ループイフダンでハイリスク運用(実績年利50%)ループイフダンでローリスク運用(年利10%程度)裁量トレード(2020年100万円の利益)(相場環境次第で)...





【ユーロ/ポンド】

トラリピ ユーロ/ポンドの設定と運用実績をブログで公開(毎週更新)

トラリピにユーロ/ポンド(EUR/GBP)が追加されたけど、この通貨ペアはおすすめ?また、設定はどうすればいい?5/8から「最強通貨ペアシリーズ」第2弾として、トラリピにユーロ/ポンドが追加されました。トラリピの最強通貨ペアシリーズだと、第一弾の豪ドル/NZドルは非常に好評で、実際に私自身も年利30%弱のペースで運用できていますが、今回はその最強通貨ペアシリーズの第2弾としてユーロ/ポンドが追加されることになりました...





【グルトレ】

【年利40%】グルグルトレイン(グルトレ)のやり方と私の設定・実績を解説

今回は、グルグルトレイン(グルトレ)という手法について解説します。グルトレとは、自動売買に裁量要素も加えることで、「上がっても下がっても利益が出る」「含み損問題も、裁量ポジションで解決する」というような、かなり画期的な手法で、実際に運用しても放置可能なのに年利30%~50%近くいくこともあるようなものです。また、実例もあった方が分かりやすいと思うので、私が公開運用している2019/8/6から2019/9/3までの豪ドル...





なお、トラリピには当サイトから口座開設すると、豪ドル/NZドルとユーロ/ポンドについてがっつり解説した「最強通貨ペアシリーズ攻略本」が貰えるので、まだ口座を持っていない方は是非どうぞ!



この豪ドル/NZドルや、ユーロ/ポンドという通貨ペアはそこまでメジャーな通貨ペアではなく、あまり解説している人も多くありませんが、私の場合豪ドル/NZドルは自動売買だけじゃなく裁量トレードまでやっており、そこで得た知識もフルに詰め込んだレポートです。



正直、かなりの自信作なので、是非手に入れて、感想を頂けると大変嬉しいですw



口座開設は

マネースクエア
button2.png

からできます。



そもそもトラリピ世界戦略とは何か?





トラリピ世界戦略は、

  • 豪ドル/NZドル

  • ユーロ/ポンド

  • 米ドル/カナダドル


  • という、レンジになりやすい隣国同士の通貨ペアを3つ組み合わせてトラリピで運用するという戦略です。



    トラリピは、「上がれば売り、下がれば買い」で入ることで相場の上下動を利益にしていくものなのですが、そのためには基本的にはレンジ相場になりやすい通貨が好ましく、その点でこの3つの通貨ペアは、隣国同士で関係性が深く、過去のチャートを見ても一定のレンジ傾向があるため、トラリピで運用しやすい通貨ペアと言えます。



    トラリピ世界戦略のメリット





    公式サイトであげられているメリットは色々ありますが、個人的に重要だと思うのは、やはり

  • 地理的に分散された組み合わせとなる

  • 3つの通貨ペアに相関性がない(全く無関係に動く)


  • という2点だと思います。



    この3つの通貨は、オセアニア、ヨーロッパ、北米と、世界3大陸に渡るものとなっており、どこかの地域でリスクが出てもそのリスクを分散し、平準化できます。



    toraseka1-min.png



    余談ですが、世界の大陸は6つあり、残りは「アフリカ」「南米」「南極」となります。



    もう1つの通貨ペア同士に相関性がないというのは、マネースクエア社が検証したところ、相関性がほぼなく、それぞれ独自に動くことが分かっています。



    toraseka2-min.png



    同じような値動きをしたら分散の意味がなく、また「逆の値動きをする」のであればいわゆるヘッジの考え方になるのですが、この3通貨についてはほとんど相関性がなく、分散としては望ましいと考えられます。



    実際に私もこの3つのうち豪ドル/NZドルとユーロ/ポンドは今もやっていますが、値動きに相関性は全く感じておらず、「まあそうだろうな」という感覚はあります。



    トラリピ世界戦略のデメリット(リスク)





    このトラリピ世界戦略のデメリット(リスク)としては、

  • トラリピ公式の設定だと必要資金が300万円とかなり多額

  • カバーしているレートのレンジが長期で見ると狭く、リスクがある


  • という点があります。



    まずこのトラリピ世界戦略では、1通貨ペア資金100万円が想定されており、3つで合計300万円と、かなりの額になります。



    これについてはトラップ本数を減らすことで資金量を少なくしながらもやることができるのですが、少なくとも「1クリックで注文設定」のところでやってしまうとかなり多額の資金が必要なので、その点は注意が必要です。



    またもう1つはカバーしているレートの問題で、それぞれ

  • 豪ドル/NZドル:1.01~1.13(ロスカット0.98203か1.1512)

  • ユーロ/ポンド:0.75~0.95(ロスカット0.69621か0.99196)

  • 米ドル/カナダドル:1.2~1.4(ロスカット1.11263か1.47296)


  • となっているのですが、これらのレンジは、長期チャートで見ると、特に米ドル/カナダドルはレンジとして狭く感じました。



    【豪ドル/NZドル月足】
    AUDNZD chart0731-min



    【ユーロ/ポンド月足】
    EURGBP chart0731-min (1)



    【米ドル/カナダドル月足】
    USDCAD chart0731-min



    これについては、私の豪ドル/NZドル設定も上値1.15とかで設定しているのですが、これは「今の状況を考えると、この直近7年くらいのレンジで何とかなるだろう」という予想の元にやっており、このように自分で考えてレンジ設定をするのであれば最悪失敗しても自己責任なので良いのですが、特に何も考えずにコピーすると、予想外の値動きをした時に大きな損を被るリスクがあります。



    このような点から、トラリピ世界戦略については、そのままコピーするというよりは、自分でそれぞれの通貨ペアの動きを考えて、それで自分なりにアレンジした設定を使うのが良いと思います。



    私はトラリピ世界戦略をやる予定があるか?





    最後に私の今後の予定について書くと、私は米ドル/カナダドルについてはまだ研究がそこまでできていないのですが、これについてもある程度分かってきたら今後追加する可能性も十分あり、そうなると実質的にトラリピ世界戦略となると思います。



    ただ、上でも書いたように、トラリピ公式の設定をそのまま使うつもりはなく、私独自の設定で運用することになるとは思うので、その時はまたブログ等で書かせて頂ければと思います!



    なお、私の今時点のトラリピでの戦略と、その実績は👇でまとめているので、興味あるものがあれば是非ご覧ください!



    【豪ドル/NZドル】

    【年利20%】トラリピ設定と実績(豪ドル/NZドル)をブログで公開

    トラリピ豪ドル/NZドルのおすすめ設定と実績の概要トラリピに豪ドル/NZドルが追加されるけど、どういう設定がおすすめ?2020/9/26からついに「トラリピ史上最強通貨、豪ドル/NZドル」が追加されました。この豪ドル/NZドルという通貨ペアは、私が一番気に入っている通貨で、現在ループイフダンでハイリスク運用(実績年利50%)ループイフダンでローリスク運用(年利10%程度)裁量トレード(2020年100万円の利益)(相場環境次第で)...





    【ユーロ/ポンド】

    トラリピ ユーロ/ポンドの設定と運用実績をブログで公開(毎週更新)

    トラリピにユーロ/ポンド(EUR/GBP)が追加されたけど、この通貨ペアはおすすめ?また、設定はどうすればいい?5/8から「最強通貨ペアシリーズ」第2弾として、トラリピにユーロ/ポンドが追加されました。トラリピの最強通貨ペアシリーズだと、第一弾の豪ドル/NZドルは非常に好評で、実際に私自身も年利30%弱のペースで運用できていますが、今回はその最強通貨ペアシリーズの第2弾としてユーロ/ポンドが追加されることになりました...





    【グルトレ】

    【年利40%】グルグルトレイン(グルトレ)のやり方と私の設定・実績を解説

    今回は、グルグルトレイン(グルトレ)という手法について解説します。グルトレとは、自動売買に裁量要素も加えることで、「上がっても下がっても利益が出る」「含み損問題も、裁量ポジションで解決する」というような、かなり画期的な手法で、実際に運用しても放置可能なのに年利30%~50%近くいくこともあるようなものです。また、実例もあった方が分かりやすいと思うので、私が公開運用している2019/8/6から2019/9/3までの豪ドル...





    またトラリピには当サイトから口座開設すると、豪ドル/NZドルとユーロ/ポンドについてがっつり解説した「最強通貨ペアシリーズ攻略本」が貰えるので、まだ口座を持っていない方は是非どうぞ!



    この豪ドル/NZドルや、ユーロ/ポンドという通貨ペアはそこまでメジャーな通貨ペアではなく、あまり解説している人も多くありませんが、私の場合豪ドル/NZドルは自動売買だけじゃなく裁量トレードまでやっており、そこで得た知識もフルに詰め込んだレポートです。



    正直、かなりの自信作なので、是非手に入れて、感想を頂けると大変嬉しいですw



    口座開設は

    マネースクエア
    button2.png

    からできます。
    関連記事