トルコリラ、暴落上等で100万円公開運用!スワップ年利益率70%を目指す設定と実績

【超お得】当サイト限定の特別口座開設キャンペーンまとめ

【限定特典付き】選ぶだけで簡単に年利益率30%の自動売買!?トライオートFXの設定と実績

1,000万円を公開運用中!Yukiの公開ポジションの設定と実績一覧

今安値圏で、スワップ年利15%も狙えるドル/フランの見通しと戦略を解説

FX以上に高い資金効率+追証絶対なしの新商品、ノックアウト・オプションとは?先着600名限定で破格のキャンペーンも!

最強の自動売買現る!?300円から自動売買ができてスペックも最強、松井証券の公開運用設定

【利回り40%近く】ループイフダン豪ドル/NZドル VS コアレンジャー比較

RBAの見通し予想と豪ドル/NZドルへの影響を考察 2024年3月版

2024年03月18日 15:29

※:本記事にはプロモーションを含みます。

RBA見通しと 豪ドルNZドルへの影響 (4)



今回はタイトルの通り、2024/3/19開催のRBAについて、その事前見通しと豪ドル/NZドルへの影響の予想を書いていきたいと思います。



結論から言うと、3/19のRBAについては、据え置きはほぼ確実、声明文もほぼ前月コピペだろうという感じで、大勢に影響は少なそうで、何なら無風通過も全然ありうると予想しています。



豪ドル/NZドルについては、個人的な予想としては、引き続き1.07-1.1のレンジ継続という感じで、基本は上がったら売り目線を引き続き継続しています。



ちなみに、先月のRBA時点で持っていた2023年9月に持ったノックアウトオプションのベア(下落予想)は、2/9に1.063で利確し、14.7万円の利益となりました。











9月のポジションについては長期保有する予定ではなく、「シナリオが崩れて上昇したらごめんなさい」するポジションなので、資金効率が良く、ダメだった時に確実に損切もできて、スワップ目的で考えても利益率が良いノックアウトオプションから入ることにしましたが、気が付けば半年近く持ち、スワップ+確定利益で大きく利益を出せました!



参考 豪ドル/NZドルのノックアウトオプション戦略の解説




ノックアウトオプションを使ったスワップ戦略




RBAについて話を戻すと、まずRBAの予想について、一番簡単に書かれているみんかぶサイトだと、明日の予想は4.35%のまま据え置きとなっておりました。



RBA minkabu2403-min

出典:みんかぶサイト RBAページ



ただじゃあどのくらいの確度で据え置きと織り込まれているのかを英語情報も含めて調べると、


  • ロイターによるエコノミスト調査だと、3月のRBAは40人中全員一致で据え置きと予想

  • 今後については、利下げの開始時点の予想としては、エコノミスト32人中2人が6月、8人が8月、4人が9月、13人が11月、残り5人は年内据置と予想

  • 世論調査の中央値だと金利は2024年末時点で3.85%(今から0.5%利下げ)

  • 豪4大銀行だと、CBAとウェストパックが9月、ANZとNABは11月の利下げと予想


  • という感じでした(出典:ロイター 2024/3/15(英語)



    なので、今月の据え置きはほぼ確実視されつつ、今後の見通しがどうなるか声明文に注目が集まる感じになりそうですが、利下げに動くとしてもまだまだ先の話なので、今月の声明文はノーヒントで、基本は前月コピペだろうと予想しています。



    RBAの声明文は、前回までもインフレを警戒しながら「今後利上げするかどうかはデータ次第」を強調するもので、もしこの追加利上げの可能性の文言を消して来たら「予想よりハト派的」と捉えられて豪ドル安→豪ドル/NZドル下落だろうとは思うものの、別に今この段階で消す必要性も全くないことから、やっぱりまあコピペだろうなと思っています。



    こんな感じでちょっとした声明文のニュアンスで上下することはあっても、大勢に影響はなく、引き続き1.07-1.1をメインとしたレンジが継続すると予想しています。



    ではその上でどのくらい値動きしそうかと言うと、2023年以降のデータを取ると、豪ドル/NZドルのATRは70pipsなのですが、RBAがあった日は基本的にTRが高く、特にサプライズ利上げのあった5月・6月は133pips、124pips動くという感じで、基本的には値動きは期待できるものの、ただ2023年前半のRBAはずっと「利上げするか据え置きするかどっち!?」みたいな感じで、逆に据え置きの確度が高まった後半以降のRBAではそこまで大きく動いていないので、今回もそこまでかな・・・・とは思っています。



    2023年以降ATR70.4
    2月RBA116
    3月RBA142
    4月RBA100
    5月RBA133
    6月RBA124
    7月RBA84
    8月RBA93
    9月RBA66
    10月RBA70
    11月RBA90
    12月RBA88
    2月RBA49




    この「今月くらい事前予想が一致してる状況で本当に動くのかなあ」というのは、実はRBNZの方を見てもそうなりそうな感じがあり、ほぼ事前予想が一致していた7月、8月、10月のRBNZについては値動きが極めて小さかったというのもあり、その点からも「あんまり値動き期待できないなあ」というのが今時点の予想です(11月はまさかのタカ派転換サプライズがあって大きく動きました)



    2023年以降ATR70.4
    2月RBNZ129
    4月RBNZ166
    5月RBNZ171
    7月RBNZ85
    8月RBNZ64
    10月RBNZ80
    11月RBNZ127
    2月RBNZ96




    8月とかお盆シーズンの「ザ・夏枯れ」の日とはいえ、RBNZでATRほども動かないのか・・・・という感じだったのも踏まえると、今月のRBAもあまり大きな期待はしづらいなと思っています。



    そのため、明日については、据え置きはほぼ確実、声明文の解釈次第で多少動くかもだけど、大勢に影響はなさそうという感じで、「過度な期待はせず、値動きすればラッキー」くらいで見ていようと思っていますw



    ちなみに、2022年以降豪ドル/NZドルのレートと相関性が高かった豪2年債利回りとNZ2年債利回りについては、2023年の夏頃までは「差が広がったのに豪ドル/NZドルが下がらない」と言っており、逆に秋以降は「差が縮まってるのに豪ドル/NZドルが上がらない」という感じで、2年債利回りと豪ドル/NZドルの連動性が段々薄れてきている感じがあります。



    【2年債利回りの差と豪ドル/NZドルのチャート】
    AUDNZD and kinri0318-min

    出典:investing.comサイトのヒストリカルデータより管理人作成



    ただ結果的には「大体この利回り差だとこのくらいの位置にいてもおかしくない」というくらいのレート感なので、基本的には明日のRBAは無風通過で、1.07-1.1くらいのレンジ継続と予想します。



    以上が3/19のRBAの事前予想とそれに対しての豪ドル/NZドルの見通しでした。



    なお、豪ドル/NZドルをトレードする場合には、今のスペックだと、

  • 細かく取引できることを重視するなら松井証券、スプレッドを重視するならセントラル短資FXかみんなのFX・LIGHT FX

  • 豪ドル/NZドルの裁量に慣れていない方や、スワップ利益率を重視する方は、IG証券のノックアウトオプションもおすすめ

  • 自動売買は松井証券がファーストチョイス


  • という感じになっています。



    【豪ドル/NZドル条件比較】
    AUDNZD hikaku0316-min



    松井証券については、最近自動売買を導入したばかりで、それに合わせて豪ドル/NZドルのスペックも非常に良くしてきたところで、また当サイトからの口座開設限定で松井証券の自動売買設定の作り方を解説したオリジナルレポートも貰えるので、まだ持っていない方はぜひどうぞ!



    松井証券FX



    【松井証券の解説記事】




    【松井証券での私の公開運用の設定と実績】




    裁量トレードでは、セントラル短資FX、みんなのFX、LIGHT FXがスプレッド0.9pipsと他と比べて頭一つ抜けており、その中でスワップは逆転に逆転を繰り返していますが、最近はセントラル短資FXが買い、みんなのFX・LIGHT FXが売りの条件が良いという感じです。



    この3口座については、逆転したり逆転し返したりで、長期予想は最早難しくなっており、今だと裁量はセントラル短資FX・みんなのFX・LIGHT FXの中で、取引しようとしている時に好条件の方を使うのが良いと思っています(今は買いのセントラル短資FX、売りのみんなのFX・LIGHT FX)



    なお、この3社については、

  • セントラル短資FX:5,000円のキャッシュバック+当サイト限定チャート分析レポート

  • みんなのFX、LIGHT FX:当サイトオリジナルのFX投資戦略マニュアル(豪ドル/NZドルの裁量戦略と、ユーロ/ズロチの裁量戦略を解説)


  • というように、当サイトからの口座開設で限定レポートや追加キャッシュバックも貰えるので、興味がある方はぜひこちらから口座開設してください!



    【裁量でおすすめ】
    セントラルミラートレーダー


    みんなのFX


    トレイダーズ証券【LIGHT FX】



    最後のIG証券については、スプレッドやスワップはトップではないものの、ノックアウトオプションという非常に面白い取引方法で豪ドル/NZドルもトレードできて、具体的には

  • FXで取引する場合に比べて、必要資金がかなり少なくできる

  • はじめに指定したレートで必ず損切されるので、ロスカットできずズルズルポジションを持ち続けるということがありえない

  • はじめに出てくるオプション料で、大体の最大損失額の目安が分かる(オプション料が大体の最大損失額。「大体の」という理由は後述します)

  • トレード画面も、FXをやっている人なら違和感なく使える見た目となっている

  • 最近はスプレッドも2.5pips程度のことが多く、スワップもそれなりに高めの水準で、スペックも決して悪くない

  • その結果、スワップ利益率で見るとFXでやるよりも良く、現実的に年利益率20%も目指せる


  • という感じで、資金効率良く、また「最大損失額がいくらか」を常に意識しながらトレードすることができます。



    【詳細記事】








    またIG証券では、今期間限定・先着600名限定で最大5万円キャッシュバックを貰えるキャンペーンもやっているので、まだ口座を持っておらず、興味がある方はぜひこの機会にどうぞ。







    以上がRBAの見通しと、豪ドル/NZドルへの影響予想、そして豪ドル/NZドルのおすすめFX会社でした。



    最後のおすすめ口座については、当サイトから口座開設するとセントラル短資FXについては非常にお得ですし、他の会社についてももしまだ持ってなければここから開設して頂けると、今後もこういう記事をアップするモチベーションになるので、良かったら是非お願いします!



    口座開設は

    セントラル短資FX
    button2.png


    みんなのFX
    button2.png


    LIGHT FX
    button2.png


    松井証券FX
    application_orange_b_320_100.png


    IG証券
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。

    関連記事