チェココルナ円やハンガリーフォリント円のスプレッドを大幅に節約する「裏技」を解説

【超お得】当サイト限定の特別口座開設キャンペーンまとめ

【限定特典付き】選ぶだけで簡単に年利益率30%の自動売買!?トライオートFXの設定と実績

1,000万円を公開運用中!Yukiの公開ポジションの設定と実績一覧

今安値圏で、スワップ年利15%も狙えるドル/フランの見通しと戦略を解説

FX以上に高い資金効率+追証絶対なしの新商品、ノックアウト・オプションとは?先着600名限定で破格のキャンペーンも!

最強の自動売買現る!?300円から自動売買ができてスペックも最強、松井証券の公開運用設定

【利回り40%近く】ループイフダン豪ドル/NZドル VS コアレンジャー比較

ハンガリーフォリントのスワップ・スプレッドでFX会社比較!サクソバンクやIG証券、auカブコム証券含めて比較

2023年12月24日 09:47

※:本記事にはプロモーションを含みます。

徹底比較-min



今回は以前より非常に要望も多かった、サクソバンクも含めてのハンガリーフォリント円のスワップ・スプレッド・取引単位の比較を行いたいと思います。



この質問、Twitterや質問箱ではこれまでも回答していたのですが、実は以前答えた時点から、新しい会社がハンガリーフォリント円を追加したり、またある会社の条件が変わっていたり(しかもリリースとかも特になく)と、情勢に結構変化があったので、そろそろ書くかという感じで記事を書くことにしました。



結論から言うと、以下のような感じです。

  • 通常条件のスプレッド、スワップで見ると、やはりIG証券の裏技が一番条件が良さそうだが、これは「ハンガリーフォリント円を直接取引するわけではない」「取引単位がUSD/HUFのレートに依存し、0.3円まで耐える前提だと50万円くらいの資金が必要」という弱点もある

  • IG証券の裏技を除けば、通常条件のスプレッド・スワップポイントだとサクソバンク証券が一番良さそうで、しかも最低取引単位がいつの間にか10万通貨に改善されていた(以前見た時は100万通貨でしたが、特にリリースもなく取引条件見ると10万通貨になってました)

  • 単純なスワップについては、LIGHT FXのLIGHTペアスワップが圧倒的にトップで、またここは他と違って1万通貨取引可能(レバレッジ1倍でも4,000円台から投資可能)という強みもある

  • みんなのFXはLIGHT FXと条件が同じだが、ただキャンペーンの有無の差で今だとLIGHT FXの方が有利

  • 最近追加されたauカブコム証券は、スプレッド・スワップ・取引単位全てでトレイダーズ2社より条件が悪いが、代用有価証券が可能で、クレジット積立の還元率が最大3%という点で他にない強みもある



  • という感じです。文章で見ると読みづらいので、上の話を表でざっくりまとめると以下のような感じです。



    HUF hikaku1224-min



    こんな感じで、元々の想定だと「三つ巴比較」だったのが、LIGHT FXがLIGHTペアを追加したり、auカブコム証券に追加されたりと、最後は「五つ巴比較」までなって大変でしたが(笑)、それぞれ別の観点から強みがあり、

  • 単純にスペックが一番良いIG証券(弱点は取引単位と取引の特殊さ)

  • バランス型のサクソバンク証券(弱点は画面の分かりにくさ。取引の仕方は記事で解説)

  • スワップと取引単位のLIGHT FXのLIGHTペア(弱点はスプレッドと通常のスワップ)

  • 代用有価証券のauカブコム証券(弱点はスペック全般が他社より弱いこと)


  • という感じです(みんなのFXは今だとキャンペーンの有無でLIGHT FXより劣ってしまい、ヒロセ通商は特に他と比べた強みがない)



    このように、それぞれ強みがあるので、自分に合ったところで取引してもらえればと思います!



    なお、この中でも通常条件のスペック的に一番良いIG証券については、期間限定・先着600名限定で最大5万円キャッシュバックを貰えるキャンペーンをやっているので、まだ口座を持ってない人にとっては大チャンスです。



    この先着限定キャンペーン、最大5万円のうち

  • IG証券に口座開設+Twitterフォロー+キャンペーン申込

  • 口座申込後30日以内に初回取引で5,000円(FX,CFD共通)


  • というように、かなり簡単な条件でも5,000円までは貰えるので、是非この機会にお早めにどうぞ!



    口座開設は


    IG証券
    application_orange_b_320_100.png


    サクソバンク証券
    application_orange_b_320_100.png


    LIGHT FX
    button2.png


    auカブコムFX
    application_orange_b_320_100.png



    からできます。



    以下の順番で書いていきます。


  • ハンガリーフォリント円のFX会社のスプレッド・スワップ・取引単位をサクソバンク証券も含めて比較

  • ハンガリーフォリント円をサクソバンク証券で取引する方法を画像付きで解説

  • ハンガリーフォリントの裏技のあるIG証券を含めて比較

  • まとめ ハンガリーフォリント円の条件の良い会社は結局どこか?




  • ハンガリーフォリント円のFX会社のスプレッド・スワップ・取引単位をサクソバンク証券も含めて比較





    まずハンガリーフォリント円だけで、今取扱いのある会社を比較したいと思います。今取扱いがあるのは「みんなのFX」「LIGHT FX」「サクソバンク証券」「auカブコム証券」「ヒロセ通商」なので、この5社でスプレッド・スワップポイント・取引単位・その他条件を比較すると以下の通りです。


    HUF hikaku1224 detail-min

    ※:スワップポイントについては、auカブコム証券の取扱いが始まった10/30以降の約1か月の平均値を、LIGHTペアについては実装後のスワップを上の表で載せています。auカブコムは、取引画面のスワップ一覧から確認、その他は普通にHP掲載値を平均



    このうち、サクソバンク証券だけは条件が時間によって全然異なり(というか毎秒変わるくらいのイメージ)、私が見ていた中では0.06銭~0.15銭までありました(その一番多い時、少ない時は撮れてませんが、私がスクショできた時のレートを参考に貼ります)



    saxo huf4-min



    saxo spread1129-min



    ただ、とはいえ他の会社が0.6銭近辺で安定していることを考えると、ほとんどのタイミングでサクソバンク証券のスプレッドが一番上回っているとは言えそうで、スプレッドについてはサクソバンク証券に分がありそうです。



    またスワップポイントについては、LIGHT FXのLIGHTペアが一番条件が良いのですが、それを除くとサクソバンク証券が一番平均値が高いという結果になっています。



    LIGHT FXのLIGHTペアについては300lot(ハンガリーフォリントで言うと3,000万通貨、円換算で大体1,200万円分)までしか持てないという弱点があり、また12/18から実装されたばかりなのでまだスタートダッシュボーナスの可能性もありますが、とはいえ現時点では他社の倍近い水準で圧倒的にトップとなっています。



    また取引単位については、みんなのFX・LIGHT FXのトレイダーズ証券2口座が1万通貨に対して、他が10万通貨となっており、その点でトレイダーズ2社が上回ります。



    サクソバンク証券については、私が以前確認した時は間違いなく100万通貨だったのが、いつの間にか10万通貨になっており、ステルス改善が行われていました。



    saxo huf3-min



    最後の代用有価証券については、これはauカブコム証券についてのみある強みで、株式や投資信託をauカブコム証券口座で持っている場合、その保有残高の70%までなら現金0でもFXができるものとなっています。



    auカブコム証券は、auPAYゴールドカードを使えば、クレジット積立で1.5%、NISA口座もあれば最初の12か月は3%もポイントバック(13か月目以降は2%バック)というとんでもない還元率もあり(他社だと大体は1.0%まで)、その点で代用有価証券を積極的に使いたい人には、auカブコム証券もかなりおすすめです。



    このように、

  • 通常スペックで比較すると、サクソバンク証券が一番良さそう

  • ただしLIGHT FXのLIGHTペアのスワップは圧倒的なことと、取引単位が細かくできることは強み

  • スペック的な強みは大きくないものの、auカブコム証券は代用有価証券に対応しており、クレジット積立の還元率も非常に良いのが強み


  • という感じになりそうです。



    なので、自分がやりたい取引に合わせて口座を使い分けてもらえればと思います!



    口座開設は


    サクソバンク証券
    application_orange_b_320_100.png


    LIGHT FX
    button2.png


    auカブコムFX
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。



    ハンガリーフォリント円をサクソバンク証券で取引する方法を画像付きで解説





    サクソバンク証券は上で書いたようにスペックが非常に良いのですが、ただいかんせん「画面が見づらい」「取引の仕方が分からない」という声も多いので、その点も解説したいと思います。



    まず、この会社の場合、絶対に使いたいのがSaxoTraderPROという取引ツールで、これがあれば複数の通貨ペアや、なんなら株価指数とFXの比較とかまでできる神ツールなので、ぜひそれをダウンロードして、その上でログインしてください。



    【参考 ハンガリーフォリント円とユーロ円の比較チャート】
    EUR and HUF-min



    【ハンガリーフォリント円とNYダウの比較チャート】
    HUF and dow-min



    まず入金については、右上の方にある人型のマークをクリックすると、入金画面が出てきます。



    saxo nyukin1-min



    saxo nyukin2-min



    この入金を押すと、あとは普通のクイック入金画面になるので、そこから先は通常通りネットから入金をしてください。



    次に入金が終わった後の取引については、チャートの虫メガネマークをクリックして、自分の取引したい通貨(今回だとHUFJPY)と入力すると、そのチャートが出てくるので、そのチャートを右クリックすると、「新しい取引」というのがあるので、それをクリックします。



    saxo huf1-min



    saxo huf2-min



    あとは以下のように取引画面が出てくるので、注文タイプ、取引単位をクリックの上、買いか売りかをクリックしてもらえればOKです!



    saxo huf4-min



    こんな感じで若干画面が特殊ではありますが、ただ上でも書いたようにSaxoTraderPROは相場分析をする上でもかなりの神ツールで、使いこなせると非常に便利(というか私がブログに載せてるチャートは大体Saxoのチャートだったりするレベル)なので、まだ持ってない方はぜひこの機会にどうぞ!



    口座開設は


    サクソバンク証券
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。



    ちなみに余談ですが、上の「通貨ペアなどの比較」は、虫眼鏡のすぐ横にある+マークをクリックして、そこで追加したい通貨ペアや取引銘柄を入れるとできます



    ハンガリーフォリントの裏技のあるIG証券を含めて比較





    ここまでがハンガリーフォリント円での比較なのですが、私がこれまで書いていた「IG証券を使った裏技」との比較でどうかを次に書きたいと思います。



    この裏技は、USD/JPYの買いと、USD/HUFの売りを同数持つことで、

  • USDの買いと売りが全く同数となり、USDの影響が完全に消える

  • 残るのはJPYの売りとHUFの買いで、結局HUF/JPYの買いと同じ効果になる


  • というもので、詳しくは👇の記事で書いています。






    この方法を使えば、スプレッドはトレイダーズ証券に比べて大幅に削減可能(同じ通貨単位だと2万円→840円とか意味不明なレベルで減る)、スワップも若干増えるが、ただし取引単位が大きくなり、0.3円まで耐える前提だと50万円くらい必要だったり、成行以外が実質できないというのが弱点みたいな裏技でした。



    この裏技だと、USD/HUFの今のレート分のHUF/JPYを持つことになり、今のUSD/HUFのレートが343なので、今だと1単位343万フォリントとなりますが、この裏技だと、USD/JPYの買いと、USD/HUFの売りで、それぞれ条件が以下の通りなので、保有コストと1日あたりのスワップは以下の通りとなります。



    IG urawaza-min



    参考 IG証券スプレッド
    IG USD-min


    IG USDHUF-min



    この1万通貨というのはUSDの1万通貨なので、ハンガリーフォリント円で見ると、1万×343(USD/HUFレート)で343万通貨分の買いとなります。そこで、他の会社の343万通貨あたりのスプレッドとコストを求めて比較すると、以下の通りとなります。



    HUF hikaku IG1224-min



    このように、LIGHTペアのスワップを除けば、やはりIG証券の裏技が一番条件が良いことになり、特にスプレッドについては、サクソバンク証券と比べても半分以下と、かなり大きな違いとなります。



    ただし、この裏技には

  • フォリント/円を直接持つわけではないので、何枚持っているかがドル/フォリントのレート次第になるのと、指値が実質的にできない

  • 必要資金が大きくなる(今だと343万通貨単位で、0.3円まで耐える前提だと大体50万円必要)


  • という短所もあり、その点から単純なスペックだとIG証券、ただし、上のような短所を重視するならサクソバンク証券という感じかなと思います。



    以上がIG証券も含めた比較なのですが、スペック的に一番良いIG証券については、期間限定・先着600名限定で最大5万円キャッシュバックを貰えるキャンペーンをやっているので、まだ口座を持ってない人にとっては大チャンスです。



    この先着限定キャンペーン、最大5万円のうち

  • IG証券に口座開設+Twitterフォロー+キャンペーン申込

  • 口座申込後30日以内に初回取引で5,000円(FX,CFD共通)


  • というように、かなり簡単な条件でも5,000円までは貰えるので、是非この機会にお早めにどうぞ!



    口座開設は


    IG証券
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。



    まとめ ハンガリーフォリント円の条件の良い会社は結局どこか?





    以上がハンガリーフォリントの比較でした。最後にもう一度まとめた表をお見せします。



    HUF hikaku1224-min



    このようにそれぞれ別の観点から強みがあり、

  • 単純にスペックが一番良いIG証券(弱点は取引単位と取引の特殊さ)

  • バランス型のサクソバンク証券(弱点は画面の分かりにくさ)

  • LIGHTペアでのスワップと取引単位のLIGHT FX(弱点はスプレッドと通常スワップ)

  • 代用有価証券のauカブコム証券(弱点はスペック全般が他社より弱いこと)


  • という感じなので、ぜひ自分に合ったところで取引してもらえればと思います!



    なお、この中でも通常条件のスペック的に一番良いIG証券については、期間限定・先着600名限定で最大5万円キャッシュバックを貰えるキャンペーンをやっているので、まだ口座を持ってない人にとっては大チャンスです。



    この先着限定キャンペーン、最大5万円のうち

  • IG証券に口座開設+Twitterフォロー+キャンペーン申込

  • 口座申込後30日以内に初回取引で5,000円(FX,CFD共通)


  • というように、かなり簡単な条件でも5,000円までは貰えるので、是非この機会にお早めにどうぞ!



    口座開設は


    IG証券
    application_orange_b_320_100.png


    サクソバンク証券
    application_orange_b_320_100.png


    LIGHT FX
    button2.png


    auカブコムFX
    application_orange_b_320_100.png



    からできます。
    関連記事