チェココルナ円やハンガリーフォリント円のスプレッドを大幅に節約する「裏技」を解説

【超お得】当サイト限定の特別口座開設キャンペーンまとめ

【限定特典付き】選ぶだけで簡単に年利益率30%の自動売買!?トライオートFXの設定と実績

1,000万円を公開運用中!Yukiの公開ポジションの設定と実績一覧

今安値圏で、スワップ年利15%も狙えるドル/フランの見通しと戦略を解説

FX以上に高い資金効率+追証絶対なしの新商品、ノックアウト・オプションとは?先着600名限定で破格のキャンペーンも!

最強の自動売買現る!?300円から自動売買ができてスペックも最強、松井証券の公開運用設定

【利回り40%近く】ループイフダン豪ドル/NZドル VS コアレンジャー比較

トライオートのリニューアル、追加された通貨のスペックと実際に使ってみた感想

2023年12月26日 13:39

※:本記事にはプロモーションを含みます。

triauto renewal samune -min



トライオートがリニューアルされたけど、具体的に何が変わった!?



今回はトライオートのリニューアルについて、ある程度情報が出てきたので、リニューアルのポイントと、「特にここがおすすめ」というところや、「逆にここは正直微妙」という部分も、実際に使ってみた上で解説したいと思います。



結論から言うと、以下のような感じです。

  • 追加された3通貨ペアのスペックはどれも非常に良く、特にユーロズロチは自動売買で初の取扱いな上に、スペックも裁量の会社と比べても遜色ないレベルで、しかも自動売買手数料無料というやばすぎるスペック

  • ドル/カナダドルのスペックは、自動売買の中ではトップクラスで、こちらも自動売買手数料無料

  • メキシコペソ円については、スプレッドはトップではないものの、スワップポイントは調査時点でトップであり、スワップ投資派にとってはおすすめ

  • テクニカルビルダーは、現時点では使うのはかなり難しそうで、個人的には使う予定は今の段階ではない

  • 追加機能の見た目面としては、運用カレンダーは見やすくなり、また戦略を選ぶ際のセレクトでリスクや特徴がぱっと出てくるのは分かりやすいが、運用スタイルの長期が6ヶ月という期間であることや、リスク評価が過去1年間の相場変動しか対象にしていない点から、個人的には「あくまで参考の一つ」くらいで見るべきと考えている

  • スワップ振替機能は、税金のことを考えると地味ながら割と嬉しい改定




  • こんな感じで、個人的には一番うれしいのは自動売買ができて、裁量とスペック的にも遜色ないユーロズロチの追加で、次点がドル/カナダドルの追加、3番目がスワップ振替機能かなという感じで思っています。私みたいな「花より団子」の人間からすると、どうしても「スペックの良い通貨の追加」が一番嬉しいですねw



    このユーロ/ズロチとドル/カナダドルについては、今後私も設定を色々とバックテストした上で、いけそうなら公開運用にも追加しようと思っているので、ぜひご注目ください!



    なお、トライオートについては、当サイトからの口座開設限定で、私が書き下ろしたトライオートの完全攻略ガイド+3,000円の追加キャッシュバックまで貰えるので、まだ口座を持ってない方はぜひこちらから口座開設してください!



    トライオートの自動売買機能は、よく「自分で設定を作るのが難しい」と言われますが、実はあることをすれば簡単に設定できて、そしてバックテスト機能まで無料で使える等、使いこなせれば非常に便利なものです。



    そうしたトライオートでの自動売買の作り方から、バックテスト機能の使い方や注意点、他の人の設定を選ぶときのポイントまで、まさにトライオートの全てを徹底解説した自信作なので、興味がある方はぜひ貰って下さい!



    口座開設は


    インヴァスト証券
    button2.png


    からできます。



    以下の順番で書いていきます。


  • トライオートの追加された通貨ペア、ユーロズロチのスペック

  • トライオートの追加された通貨ペア、ドル/カナダドルのスペック

  • トライオートの追加された通貨ペア、メキシコペソ円のスペック

  • トライオートのテクニカルビルダー機能について

  • トライオートFXの運用カレンダー、セレクト画面の改定について

  • トライオートの追加機能 スワップ振替について




  • トライオートの追加された通貨ペア、ユーロズロチのスペック





    個人的に今回の改定で一番「おお!」っとなったのがこのユーロ/ズロチの追加でした。



    この通貨ペア、

  • ユーロとズロチは同じヨーロッパの通貨であり、値動きが相関しやすい

  • ユーロとズロチだと、ズロチの方が金利が高い

  • そのため、ユーロを売ってズロチを買うことで、為替リスクを抑えつつスワップを狙える


  • という「ズロチユーロサヤ取り」から人気が出たのですが、その後相場の動きがレンジになりやすく、また「急上昇した後に急落しやすい」という特徴から、為替差益も狙ったトレードでも人気になっていった通貨ペアです。



    【ユーロ/ズロチ 月足チャート】
    EURPLN chart1226-min

    画像出典:TradingView



    この通貨ペア、とはいえかなりのマイナー通貨で、裁量トレードでもできる会社が限られていたのですが、ついに自動売買でも取り扱われるようになったのが今回の改定です。



    実は私もこれまでも自動売買でやったらいいだろうなあと思いながら手動で半自動売買とかもやっていたのですが、今回ついに自動売買に実装されたという点で、まずこれが一番嬉しい改定でした。



    そして、実際に実装されたスペックを見ると、裁量の会社と遜色ないレベルのスペックで、売りスワップポイントについてはトップという、かなり凄まじいスペックとなっていました。



    EURPLN hikaku1226-min

    ※:スプレッドは12/20の22:30頃の確認時点のもの、スワップポイントは12/18の実装日で比較



    このように、トップレベルの条件で自動売買ができて、しかもユーロズロチについては自動売買取引の手数料無料ということで、自動売買としてはやばすぎる条件が出てきました。



    個人的にもこの通貨ペアは2022年までの主力通貨ペア(というか2022年はこの通貨だけ勝って他は負けまくってた感じでした)だったので、今回の実装を機に、色々とバックテストもしながら、公開運用に再追加をかなり真剣に検討しています!



    なお、トライオートについては、当サイトからの口座開設限定で、私が書き下ろしたトライオートの完全攻略ガイド+3,000円の追加キャッシュバックまで貰えるので、まだ口座を持ってない方はぜひこちらから口座開設してください!



    トライオートの自動売買機能は、よく「自分で設定を作るのが難しい」と言われますが、実はあることをすれば簡単に設定できて、そしてバックテスト機能まで無料で使える等、使いこなせれば非常に便利なものです。



    そうしたトライオートでの自動売買の作り方から、バックテスト機能の使い方や注意点、他の人の設定を選ぶときのポイントまで、まさにトライオートの全てを徹底解説した自信作なので、興味がある方はぜひ貰って下さい!



    口座開設は


    インヴァスト証券
    button2.png


    からできます。



    トライオートの追加された通貨ペア、ドル/カナダドルのスペック





    このドル/カナダドルも自動売買でかなり人気の通貨ペアで、こちらも「隣国のアメリカとカナダの通貨ペア」ということで、豪ドル/NZドルのような感じのレンジ通貨となっています。



    【ドル/カナダドル 月足チャート】
    USDCAD chart1226-min

    画像出典:TradingView



    この通貨ペアについては、過去の値動きを見ると0.9-1.6とそれなりに広い値動きですが、2015年以降は1.2-1.4のレンジでかなり安定的に推移しており、上の1.4については一瞬突き破ることはあっても割とすぐ戻ってきているということから、この辺りのレンジをターゲットとした自動売買で人気の通貨ペアです。



    ドル/カナダドルのスペックを他の会社と比較すると、自動売買としてはトップレベルで、ただ裁量の会社よりは少し弱いという感じで、「自動売買をする場合の最有力候補」という感じでした。



    USDCAD hikaku1226-min

    ※:スプレッドは12/20の22:30頃の確認時点のもの、スワップポイントは12/18の実装日で比較



    また、ドル/カナダドルについても自動売買手数料は無料で、さらにはドル/カナダドルの自動売買取引1.5万通貨(新規)でキャッシュバック500円、さらに豪ドル/NZドルとユーロ/ポンドを合わせた対象3通貨ペアの自動売買での新規注文数によって、最大30,000円のキャッシュバックも貰えるキャンペーンもあります。



    私もドル/カナダドルについてもちょっと設定を考えてみて、上手く作れそうなら公開運用にも追加予定なので、興味ある方はぜひどうぞ!



    【トライオートでドル/カナダドルをトレード】
    トライオートFX



    トライオートの追加された通貨ペア、メキシコペソ円のスペック





    高金利通貨トレーダーの中で非常に人気の高いメキシコペソ円についても今回の改定で追加され、その条件はスワップが非常に良いというのが特徴でした。



    MXNJPY hikaku1226-min

    ※:スプレッドは12/20の22:30頃の確認時点のもの、スワップポイントは12/18の実装日で比較



    そのため、メキシコペソ円の長期保有を前提に、スワップポイントを重視したい人にとっては非常におすすめと言えそうです。



    トライオートのテクニカルビルダー機能について





    トライオートに今回の改定で追加されたテクニカルビルダーは、以下のような感じでした。



    teck buil1-min



    teck buil2-min

    画像出典:トライオート取引画面



    通貨ペアと買い・売りのどちらか、そして足種を決めた上で、インジケーターを2つまで選んで、その中でシグナルが出た時に買っていくというものでした。



    新規ポジションについては、レンジを決めて、その中で何本入れるか、数量をどうするかで、決済については利幅・損切幅を設定し、再エントリーにはフォローかカウンターで、つまり「決済してからどのくらい値動きしたか」で再設定されます。



    なお、インジケーターの種類と、買いシグナルは以下のような感じでした。



    teck buil3-min

    画像出典:トライオート取引画面



    この機能については、正直に言うと個人的にはかなり使いづらいなという感覚で、というのもインジケーターのシグナルが各一つずつしかない上に、「水平線」「トレンドライン」といったテクニカルで一番基本となる要素が使えない点がやはり厳しいなという感覚です。



    また決済や再エントリーもリピート系の「名残」が微妙に残っており、結局リピート系なのか、テクニカルでトレードするのかがどっちつかずになっている感もあり、それで言うと普通にリピート系で良いかなという感覚です。



    その点から、個人的にはこの機能は当面使う予定はないかなと考えており、今後の進化に期待・・・・・という感想です。



    トライオートFXの運用カレンダー、セレクト画面の改定について





    今回のトライオートリニューアルで、運用カレンダー機能が追加されました。



    triauto calender-min

    画像出典:トライオート取引画面



    私の場合、自分の認定ビルダー戦略を0.3万通貨で運用しているので、私と同じ戦略を運用している方だと、数量によって利益は違うと思いますが、大体こんな感じのカレンダーになってるかなと思います。



    またその「セレクト機能」の画面も進化しており、以下のようにリスク評価やそれぞれの戦略の特徴が一覧で出るようになりました。



    triauto renew gamen-min

    画像出典:トライオート取引画面



    ちなみにリスクについては星が多いほど「低リスク」ということで、星が多い方が有利です。



    この画面については、便利だし見やすいとは思う反面、例えば「運用スタイル」の長期というのは6ヶ月以上とそんなに長くない期間だったり、また効率やリスク評価についても過去1年の相場での評価なので、「本当に長期で放置したい人」から見るとかなり短期間での評価となっており、その点で注意が必要です。



    トライオートの追加機能 スワップ振替について





    個人的に地味に嬉しいと思ったのがこのスワップ振替機能でした。



    これまでのトライオートだと、スワップは毎日自動で振替られて、スワップ益は実現損益に加えられ、確定申告上もそのようになっていました。



    それが今回のリニューアルで、スワップについては自分で振替のタイミングを選べるようになり、つまり利益が出ている時はスワップ利益の繰延(ないしマイナススワップの振替)といった選択もできるようになりました。



    なので、例えば「今年のFX所得はもう少し減らしたい」とか、逆に「損失繰越期限の関係で今年利益を多めに出したい」とか、そういった場合にスワップ振替で調整ができるようになり、この点は地味ながらも当事者から見るとかなりありがたい改正となりました。



    以上がトライオートのリニューアルの内容でした。最後にもう一度まとめると、

  • 追加された3通貨ペアのスペックはどれも非常に良く、特にユーロズロチは自動売買で初の取扱いな上に、スペックも裁量の会社と比べても遜色ないレベルで、しかも自動売買手数料無料というやばすぎるスペック

  • ドル/カナダドルのスペックは、自動売買の中ではトップクラスで、こちらも自動売買手数料無料

  • メキシコペソ円については、スプレッドはトップではないものの、スワップポイントは調査時点でトップであり、スワップ投資派にとってはおすすめ

  • テクニカルビルダーは、現時点では使うのはかなり難しそうで、個人的には使う予定は今の段階ではない

  • 追加機能の見た目面としては、運用カレンダーは見やすくなり、また戦略を選ぶ際のセレクトでリスクや特徴がぱっと出てくるのは分かりやすいが、運用スタイルの長期が6ヶ月という期間であることや、リスク評価が過去1年間の相場変動しか対象にしていない点から、個人的には「あくまで参考の一つ」くらいで見るべきと考えている

  • スワップ振替機能は、税金のことを考えると地味ながら割と嬉しい改定



  • という感じで、個人的には一番うれしいのは自動売買ができて、裁量とスペック的にも遜色ないユーロズロチの追加で、次点がドル/カナダドルの追加、3番目がスワップ振替機能かなという感じです。



    このユーロ/ズロチとドル/カナダドルについては、今後私も設定を色々とバックテストした上で、いけそうなら公開運用にも追加しようと思っているので、ぜひご注目ください!



    なお、トライオートについては、当サイトからの口座開設限定で、私が書き下ろしたトライオートの完全攻略ガイド+3,000円の追加キャッシュバックまで貰えるので、まだ口座を持ってない方はぜひこちらから口座開設してください!



    トライオートの自動売買機能は、よく「自分で設定を作るのが難しい」と言われますが、実はあることをすれば簡単に設定できて、そしてバックテスト機能まで無料で使える等、使いこなせれば非常に便利なものです。



    そうしたトライオートでの自動売買の作り方から、バックテスト機能の使い方や注意点、他の人の設定を選ぶときのポイントまで、まさにトライオートの全てを徹底解説した自信作なので、興味がある方はぜひ貰って下さい!



    口座開設は


    インヴァスト証券
    button2.png


    からできます。
    関連記事