チェココルナ円やハンガリーフォリント円のスプレッドを大幅に節約する「裏技」を解説

【超お得】当サイト限定の特別口座開設キャンペーンまとめ

【限定特典付き】選ぶだけで簡単に年利益率30%の自動売買!?トライオートFXの設定と実績

1,000万円を公開運用中!Yukiの公開ポジションの設定と実績一覧

今安値圏で、スワップ年利15%も狙えるドル/フランの見通しと戦略を解説

FX以上に高い資金効率+追証絶対なしの新商品、ノックアウト・オプションとは?先着600名限定で破格のキャンペーンも!

最強の自動売買現る!?300円から自動売買ができてスペックも最強、松井証券の公開運用設定

【利回り40%近く】ループイフダン豪ドル/NZドル VS コアレンジャー比較

ノックアウトオプションが逆張りやスワップ投資で非常に有効な可能性を解説

2024年01月19日 21:47

※:本記事にはプロモーションを含みます。

KOO samu



今回は、以前質問頂いた、「何故去年の年末のユーロ円の売りを、ノックアウトオプションのベア(下落方向)でやったのか?」というのにお答えしつつ、今のような相場環境でのノックアウトオプションの可能性を改めて解説したいと思います。



私のTwitterを見てくださる方はご存知かもしれませんが、私は去年の後半にはユーロ円のベアのノックアウトオプションを持っていました(今は利確済み)



【ポジションを持ってる時のTweet】




【半分減らした時のTweet】




【最後に利確した時のTweet】




これについて、先日「何故ノックアウトオプションでやったのか?」という質問を頂き、また最近はこの前のドル/フランの下落の時も割と多くの人が損切していたのを見た時は、「そのくらい浅く損切を入れるなら、ノックアウトオプションを使った方が良いかもしれない」と思ったので、その辺りも含めて今回は記事を書いていきたいと思います。



この記事の要旨は以下のような感じです。


  • ノックアウトオプションは、はじめに損切レート(ノックアウト価格)を指定することで、そこで必ず損切され、その分FXより必要証拠金も少なく済み、またその損切の際のおおよその損失金額も一目で分かるもの

  • 資金効率については、ユーロ円が今のレート(161.68円)から165円損切想定だと、FXの半分以下の資金で同じ量のポジションが持てる※

  • ユーロ円の売りをノックアウトオプションのベアでやったのは、想定ロスカットを165円と浅めにしていたので、資金効率が良い&日銀やらかしで円安進行リスクを考えると、何が何でも絶対にそこで必ず損切りされるノックアウトオプションの方が都合が良かったから

  • 今の相場環境だと、デイトレードをやる場合や、あるいはスイングでもスワップも貰えるポジションを逆張りで持つ場合は、ノックアウトオプションを使った方が有効な可能性はあり、例えばユーロ/ドルやドル/フランでも損切を浅めにして利益を狙う場合は、非常に有効




  • ※以下の通り、ユーロ円が今のレート(161.68円)から165円損切想定だと、ノックアウトオプションなら42,450円に対し、FXだと106,322円となっており、半分以下の資金で運用可能です。



    【ノックアウトオプション】
    eurjpy ko0123_2-min



    【FX】
    EURJPY sikin0123-min



    EURJPY fx sikin-min

    ※:取引画面に出てるのは維持証拠金で、想定損失が含まれていないため、それを加えて比較してます。確認時点は1/23 17:30時点。レートの時点は以下全て同様



    後でも書くように、ノックアウト価格を今のレートから近づけるとその分ノックアウト(損切)されるリスクは上がりますが、ただ必要資金が半分以下で済むということは、同じ利益を取れた場合利益率が2倍以上になるということで、またスワップについても同様に資金が半分なら利益率は2倍になるので、そのメリットは非常に大きく、私も豪ドル/NZドルが高い時は、半分スワップ目的でノックアウトオプションを活用していました。



    参考記事




    このスワップ投資については、豪ドル/NZドル以外でも、ユーロ/ドルやドル/フランを浅めのノックアウトレートでやる場合は、スワップ利益率がかなり凄まじくなります。



    また、デイトレード等の短期での取引では、ノックアウトオプションの資金効率の良さと、レートがいきなり動いても確実に指定したレートで損切がなされるという点が特にありがたく、最近の相場環境でデイトレード等の短期トレードをやる場合には非常に有用です。



    このように、ノックアウトオプションは、短期トレードからスワップ目的のスイングトレードまで、今の相場環境だと広く使えるので、ぜひ色々と試してみてください!



    なおこのノックアウトオプションが使えるIG証券では、期間限定・先着600名限定で最大5万円キャッシュバックを貰えるキャンペーンをやっており、この期間が2024/1/11から更新されたばかりなので、まだ口座を持ってない人にとっては大チャンスです。



    この先着限定キャンペーン、

  • IG証券に口座開設+Twitterフォロー+キャンペーン申込

  • 一括で10万円以上を入金する

  • 口座申込後30日以内に初回取引で5,000円(FX,CFD共通)


  • というように、かなり簡単な条件でも5,000円までは貰えるので、是非この機会にお早めにどうぞ!



    口座開設は

    IG証券
    application_orange_b_320_100.png

    からできます。



    以下の順番で書いていきます。


  • そもそもノックアウトオプションとはどういうもの?

  • 私がユーロ円の売りをノックアウトオプションの形でやった理由

  • ノックアウトオプションは損切浅めの逆張り投資だと、スワップ利益率がやばい

  • まとめ ノックアウトオプションの活用事例と投資案




  • そもそもノックアウトオプションとはどういうもの?





    ノックアウトオプションというのは、IG証券が提供している金融商品で、FXやCFDと似たような感覚でトレードできて、必要資金が少なく、損切も確実になされるものです。



    ノックアウトオプションでトレードする場合ははじめにノックアウト価格(損切されるレート)を指定する必要があり、そのレートでは必ず損切されます。



    ちなみに、IG証券だとノックアウトオプションのスワップポイントはFXと全く同じで、ノックアウトオプションのポジションでもスワップを貰うことができて、これが後で書く「スワップ投資でも非常に有力」というのの大きな要因だったりもします。



    必要資金は現在のレートとそのノックアウト価格の差によって変わってきて、例えばユーロ円で、大体160.8円くらいの時に、161円ノックアウトであれば2,330円という超少額での取引も可能です。



    EURJPY KO0123_1-min



    161円はさすがにデイトレードくらいでしか使えないですが、逆に言えば、デイトレード等の短期トレードをする時は、2,330円で1万ユーロのポジションを持てるということで、FXだと64,322円必要ということを考えると、なんと約1/30の資金で同じトレードができる、言い換えると資金効率が30倍ということになります。



    【FXの場合】
    EURJPY fx sikin-min



    オプション料を低くするためにノックアウト価格を今のレートに近づけると、その分ノックアウトされる(損切される)確率は上がりますが、このように短期トレードでリスクを取りながら、狭い利幅を狙う場合には、こうした資金効率の良さがメリットとなります。



    またノックアウトオプションの場合、上でも書いたように「損切が確実になされる」という点も大きく、最近の相場では指標発表や要人発言、為替介入観測等で1-2円一気に動き、そういう時だと161円の逆指値があっさりぶち抜かれて想定以上の損失となることもありますが、ノックアウトオプションだと、こういう時もレートがぶっ飛ぶことはなく、確実に161円で損切がなされます。



    こうした点から、今のような相場環境で短期トレードをやる場合は、ノックアウトオプションを使うのが非常におすすめです。



    また短期トレードではなく、数か月単位のスイングトレードで考えても、例えばユーロ円については、前回高値より上の165円で損切をする場合も、ノックアウトオプションなら必要資金が42,450円に対し、FXだと106,322円と、半分以下の資金でトレードできます。



    【ノックアウトオプション】
    eurjpy ko0123_2-min



    【FX】
    EURJPY sikin0123-min



    EURJPY fx sikin-min

    ※:取引画面に出てるのは維持証拠金で、想定損失が含まれていないため、それを加えて比較してます



    半分の資金で同じポジションが持てるということは、利益が出る場合、利益率が2倍になるということなので、このメリットは非常に大きなものといえます。



    また、クロス円以外だと、特に初心者の方だと「どこまで行ったらいくらの損失になるか」がぱっと分からないと思いますが、ノックアウトオプションを使うと、オプション料がおおよその最大損失額の目安となるので、その点でぱっと見で分かるというのもメリットであります。



    【ユーロドルのノックアウトオプション例】
    EURUSD KO1-min



    「おおよその」というのは、オプション料は「取引時点の外貨レート」によって決まるため、取引後の外貨レート(ユーロ/ドルでいうと、後ろのドル)の変動によっては損失額がこのオプション料を超えることもありますが、「今時点の外貨レートを前提にすると、このくらいになる」ということで、最大損失額の目安にはなります。



    このように、資金効率の良さ、確実に指定したレートで損切がなされること、また特に初心者の方がクロス円以外をトレードする場合には、最大損失額の目安が分かるという点が、ノックアウトオプションの大きなメリットといえます。



    私がユーロ円の売りをノックアウトオプションの形でやった理由





    次に私が昨年末に何故ユーロ円をノックアウトオプションでやっていたかというと、大きくは

  • 資金効率の良さ

  • 何があっても損切されるという命綱効果


  • があります。



    まず上でも書いたように、ノックアウトオプションはノックアウトレートが近ければ近いほど資金効率が良くなりますが、当時の私は「そこまで上げ続ける要因はないが、165円の節目を抜けるようであれば、本当に170円の最高値を目指す可能性もある」「日銀の修正観測はずっとあったものの、本当にやるかは分からず、本格的な円安が来るリスクがある」と考えていたので、想定損切レートを165円で考えていました(厳密には少し抜いても良いように165.5とかにしたものもあります)



    そしてこのくらいのノックアウトレートであれば、上でも書いたようにFXの1/3くらいの資金で運用できるので、その点が大きな魅力となりました。



    またもう一つ見逃せないのが、ノックアウトオプションだと「はじめに指定したレートで何が何でも損切される」という点で、165円を抜けた時に、確実にポジションを切れるような状態にしておきたかったというのもあります。



    これについては「FXで逆指値入れたら良いのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、FXの逆指値は外そうと思えば注文取消しが一瞬でできてしまい、そして163、164円とジリジリ上がって、165円行くか行かないか・・・・・みたいな攻防を繰り広げている時は、「いやさすがに行きすぎし戻すだろう」と思って逆指値を外すということがありえます。



    この辺りは「何が何でもここで切る」くらいの強い気持ちを持っている時ならさすがに大丈夫なのですが、そこまでの気持ちがない時に逆指値外しをすることはあり(そしてそれが上手くいくことも割とあるから逆にたちが悪い)、そういう自分が「悪さ」をするのを防ぐ意味でも、はじめに指定したらもう変えられないノックアウトオプションでやっておくのが良いかと思ったポイントです。



    この辺りは性格というか、「自分の損切遂行能力がどこまで強いか」という部分で、そして私は自分の損切遂行能力をあまり信じていないので、システム的に確実に損切がなされるノックアウトオプションでやろうと考えました(笑



    こんな感じで、資金効率の良さを求める方や、「自分が本当にちゃんと損切できるか自信がない」という方にはノックアウトオプションは非常におすすめなので、興味ある方はぜひこの機会にどうぞ!



    なおこのノックアウトオプションが使えるIG証券では、期間限定・先着600名限定で最大5万円キャッシュバックを貰えるキャンペーンをやっており、この期間が2024/1/11から更新されたばかりなので、まだ口座を持ってない人にとっては大チャンスです。



    この先着限定キャンペーン、

  • IG証券に口座開設+Twitterフォロー+キャンペーン申込

  • 一括で10万円以上を入金する

  • 口座申込後30日以内に初回取引で5,000円(FX,CFD共通)


  • というように、かなり簡単な条件でも5,000円までは貰えるので、是非この機会にお早めにどうぞ!



    口座開設は

    IG証券
    application_orange_b_320_100.png

    からできます。



    ノックアウトオプションは損切浅めの逆張り投資だと、スワップ利益率がやばい





    ノックアウトオプションのスイングトレードとして、他のアイディアとして、例えばユーロ/ドルやドル/フランについて、ある程度損切を浅めに入れて、スワップ利益を目指す場合に面白そうな案を書いてみようと思います。



    ユーロドルについては、今1.09くらいで、前回高値でも超えなかった1.13をノックアウトでやると、58,649円となりました。



    EURUSD koo-min



    同じ条件でFXだと必要資金は122,782円なので、やはり半分以下の資金で運用できることになります。



    EURUSD sikin0123-min



    EURUSD fx-min



    そして、ユーロドルについて見逃せないのがスワップも貰えるというところで、2024年に入ってからの平均1日スワップは約45円ですが、これは年換算で16,275円であり、スワップ年利益率としては26%となります。これを1.13ロスカットで狙えるので、かなり凄まじいですね。



    もちろん、スワップは今後の金融政策によって変わってくるのや、またそもそもノックアウトオプションの保有期限は8月までなので、この利益率はただの絵にかいた餅に過ぎないのですが、ただノックアウトオプションで必要資金が減ると、スワップ利益率がその分上がるということが分かってもらえるかと思います。



    また、同じような発想で、ドル/フランについても、今の0.86729から、ノックアウトを前回安値のさらに下である0.82にしても、必要資金は80,823円となり、こちらもFXの約60%となります。



    【ノックアウトオプションの場合】
    USDCHF koo-min



    【FXの場合】
    USDCHF sikin0123-min



    USDCHF fx-min



    ドル/フランについては、買いでスワップが貰えて、2024年の平均が1日134円、年換算48,928円なので、スワップ年利益率58.6%とかいうとんでもない数字になります。



    上でも書いたように、スワップは今後変動するので、この年利益率はあくまで仮の数字に過ぎませんが、ただアメリカは少なくとも今月は金利据え置きがほぼ確実で、余程変なことでもない限り利下げは早くても3/20なので、今から2か月くらいはこの水準は狙えそうで、その場合2か月で8,043円、2か月利益率換算で約10%となります。



    これはこれで十分美味しいですが、アメリカも3月に利下げするのは確実ではなく、また仮にアメリカが利下げしても、スイスも利下げをする可能性もあるので、この水準が3月以降も続く可能性も全然ありえて、さらにいうと仮に利下げをするにしても、スワップが多少減るにしても0やマイナスになるわけでもないので、このポジションはスワップポジションとしても非常に美味しい可能性があります。



    私自身のドル/フラン設定は0.69想定ロスカットと、かなり深めにとっており、ここまで深くする場合はノックアウトオプションのメリットは薄れますが、こんな感じで、ある程度浅めに損切を入れてトレードしていく場合には、ノックアウトオプションは非常に有用といえます。



    まとめ ノックアウトオプションの活用事例と投資案





    以上が私がユーロ円売りをノックアウトオプションでやった理由と、それ以外でのノックアウトオプションの有用さでした。もう一度まとめると、


  • ノックアウトオプションは、はじめに損切レート(ノックアウト価格)を指定することで、そこで必ず損切され、その分FXより必要証拠金も少なく済み、またその損切の際のおおよその損失金額も一目で分かるもの

  • 資金効率については、ユーロ円が今のレーから165円損切想定だと、FXの約半分の資金で同じ量のポジションが持てる

  • ユーロ円の売りをノックアウトオプションのベアでやったのは、想定ロスカットを165円と浅めにしていたので、資金効率が良い&日銀やらかしで円安進行リスクを考えると、何が何でも絶対にそこで必ず損切りされるノックアウトオプションの方が都合が良かったから

  • 今の相場環境だと、デイトレードをやる場合や、あるいはスイングでもスワップも貰えるポジションを逆張りで持つ場合は、ノックアウトオプションを使った方が有効な可能性はあり、例えばユーロ/ドルやドル/フランでも損切を浅めにして利益を狙う場合は、非常に有効



  • という感じです。



    特にデイトレードでは命綱を付けた上で非常に高い資金効率で運用できることや、またスイングトレードでも、ユーロ/ドルやドル/フラン等のスワップも貰えるポジションだと、スワップポジションとしても非常に美味しい等、色々と使い道も多いので、興味のある方はぜひ色々と試してみてください!



    なおこのノックアウトオプションが使えるIG証券では、期間限定・先着600名限定で最大5万円キャッシュバックを貰えるキャンペーンをやっており、この期間が2024/1/11から更新されたばかりなので、まだ口座を持ってない人にとっては大チャンスです。



    この先着限定キャンペーン、

  • IG証券に口座開設+Twitterフォロー+キャンペーン申込

  • 一括で10万円以上を入金する

  • 口座申込後30日以内に初回取引で5,000円(FX,CFD共通)


  • というように、かなり簡単な条件でも5,000円までは貰えるので、是非この機会にお早めにどうぞ!



    口座開設は

    IG証券
    application_orange_b_320_100.png

    からできます。

    関連記事