FX業者のせいで30万円以上損してませ
んか?FX歴11年の管理人が教える本当
におすすめのFX会社

【資産運用おすすめ】10万円から投資可能!Yukiの実績公開ポジション一覧

FX以上に高い資金効率+追証絶対なしの新商品、ノックアウト・オプションとは?先着150名限定で破格のキャンペーンも!

メキシコペソ投資は、スワップか自動売買どちらがいいのか?実際に運用して比較

【利回り21%】ズロチ・ユーロサヤ取り+自動売買の新設定を公開!

【利回り40%近く】ループイフダン豪ドル/NZドル VS コアレンジャー比較

【初心者向け】FX投資戦略マニュアル+5,000円プレゼント!セントラル短資FXとタイアップ!

【実績利回り27%】ズロチユーロサヤ取りのやり方と、私の実績【エントリー・利確のタイミングも解説】

無料でFX関係の為替ニュースをリアルタイムに集める方法

2018年04月05日 17:41

新聞読む人



今回は、為替に関係するニュースを無料でもれなく集める方法を説明します。






為替相場は、様々な国での大きなイベント・事件・金融政策・経済指標や、コモディティ価格、投資家動向、要人発言等、色々なタイプの情報によって動き、さらにその時の市場が何に注目しているかということによっても、相場の動きは大きく変わってきます





2016年には、年初にいきなり中国株価の影響で為替相場が大きく動き、その後も日銀の緩和方針、アメリカの利上げ方針、イギリスのEU離脱、トルコのクーデター、アメリカの大統領選挙等、様々な相場を大きく動かすニュースがありました。






こうしたニュースは為替相場に大きな影響を与え、実際2016年のドル円の動きを見ても、大きく変動しているところには、何か大きなニュースが影響しているのが分かります。






USD news






チャートだけではいくら動いたかというのが分かりにくいので、値動きについて少し追記すると、例えば、Brexitの時には、106円から99円と、1日で7円近くも動き、大統領選挙の際には105円から101円と1日に4円下落した後、その後1か月後に118円と、1か月で13円も上昇しております。





また、同じようなイベントが起こっても相場の反応は様々で、例えば日銀の緩和方針というのは、2016年の前半には為替相場にかなり大きな影響を与えましたが、後半にはほとんど影響を与えることがなくなりました。





このように、FXで必要となる情報は非常に広い範囲にあり、しかもその時何が注目されているかということも知らないといけないというように、カバーしなければいけない範囲があまりに広すぎるため、「結局何を見たらいいか分からない」「そもそも今何が起こっているのか分からない」ということになりやすいのが、FXの難しいところとしてよくあげられます。





しかし、これは逆に言うと、きちんと情報を把握していれば、それが他の投資家との差別化ポイントとなり、収益を上げるチャンスともなるということです。






それでは、こうした情報をどうやって集めればよいのでしょうか。





その方法を説明する前に、用意するべき3つのものを説明します。





まず以下の3つを用意してください。(もちろん口座開設や口座維持は全て無料でできます)



1 外為オンラインの口座


2 セントラル短資FXの口座


3 GMOクリック証券【FXネオ】の口座





口座を持ってチャートやニュースだけしばらく見て、取引はやりたくなった時に使う、というのでも全然大丈夫なので、お気軽にどうぞ(管理人は、使っていないところを含めると、20社以上FX口座を持っておりますw)





何故この3つなのかを説明します。まず、為替に関するニュース配信は、、「ロイター」「ダウ・ジョーンズ」、「FX WAVE」「GI24」「Market Win24」の5つが主な配信元になります。為替ニュースで比較を行っているサイトでも、この5つのうちどれがあってどれがないというように比較されているものです。




このうち「ロイター」と「ダウ・ジョーンズ」は金融全般に関する総合的な情報を、「FX WAVE」「GI24」「Market Win24」は為替に特化した情報を提供してくれるものです。





そして、外為オンラインでは、「FX WAVE」「Market Win24」、「ロイター」の3つが、セントラル短資FXではGI24が、GMOクリック証券【FXネオ】ではMarket Win24とダウ・ジョーンズと、3つあわせると5つのニュースがもれなく配信されるということです。





「5つも全部いるの?」と思われるかもしれませんが、確かに同じニュースが流れることはよくあるんですが、それでも「来るタイミング」というのは当たり前ですが違い、そして、このような情報というのはまさに1秒単位で古くなっていくものですから、5つ全部持って置いて、その中で一番早く来た時に情報を得ることができるようになるというのは非常に大きな強みとなります。





また、数あるFX会社の中からこの3つを選んだのは、それぞれ理由があります。





まず外為オンラインですが、ここでは様々なアナリストレポートや、セミナーなどが非常に充実しているというのがあります。




過去のニュースの何が重要だったか、どうして為替相場は動いたか、今後どうなるか、などを考えるにはやはり専門家の意見も参考にした方がいいですが、こうした専門家からの情報発信が圧倒的に多いのがこの外為オンラインであるというのがその理由です。




次にセントラル短資FXですが、みらいチャートの精度と使い方をレビュー | 新機能の売買シグナル追加で詳しく書いているのですが、過去のデータの中から、現在の値動きに近いものを選び出して、今後の為替推移がどうなるかを自動で予想するツールを提供してくれます。





さらに、このみらいチャートでは、移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表等、様々なテクニカル指標で、「この通貨ペアはこの時間足では買いなのか売りなのか」というのが、一覧形式で見ることもできます





ニュースでファンダメンタルズ面を抑えるだけでなく、テクニカルの面からも判断できるということです。





また、当サイト限定・9月中の期間限定で、当サイトからセントラル短資FXに口座開設を行うと、当サイトオリジナルのFX投資戦略マニュアル+5,000円のキャッシュバックをもらえるキャンペーンも行っておりますので、口座開設は当サイトから行うのがおすすめです。





このFX投資戦略マニュアルでは、「何故貯金だけだと危険なのか」ということについて、「日本が破綻するというのは、実際のところどこまで本当なのか?」ということも含めて分かりやすく解説し、その解決策として、初心者でもやりやすい、長期で堅実に投資する方法を紹介したものです(詳しくは【限定レポート】セントラル短資FXと当サイト限定レポートタイアップで書いております)





FXをまだやったことないという人や、初心者で、「FXで安全に長期投資ってどうやればいいんだろう?」という人、さらには「投機」ではなく「長期投資」をしたい人には、是非読んでほしい内容です。





最後にGMOクリック証券【FXネオ】の口座です。





ここでは、なんと、米国の国債やダウ平均、金相場等と為替の影響を見比べたり、それだけでなく日本の要人発言を含めたニュースの発表時を為替のチャートに反映させられるためどのようなニュースが為替市場に影響を与えたのかということも事後的に確認ができます。





市場がどのような指標や発言に注目しているのかというのを知るのがファンダメンタルズ分析の一番の基礎ですが、それをビジュアル的にわかりやすく見せてくれるのがこの会社のチャートなんです。






このように、まず為替のニュースを網羅的かつ迅速に集め、さらに事後的にも影響を見ることができるようになることで、大きく稼ぐチャンスがあるということです。そして、これらの口座を開設するのは当然無料どころか、むしろキャッシュバックキャンペーンまであるくらいなので、もしもっていない人がいれば、是非この機会に開設してみてください。




こうした口座を開くには、






「FX WAVE」「Market Win24」、「ロイター」の3つと様々なアナリストレポートがある
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込




「GI24」に加え、過去のデータから自動的に為替予想・テクニカル指標での売買の推奨をしてくれるツールを提供してくれる
セントラル短資FX
FXダイレクトプラス





「ダウ・ジョーンズ」と「Market Win24」に加え、過去のニュースをチャートに反映できる
GMOクリック証券【FXネオ】
GMOクリック証券




からできます。







トップに戻る

関連記事